ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

XTZ125「ねこちやづけ」の外装について、いろについていろいろ考えてみた。でいろいろ考えた管理人。
イメージ 1
その後は、
でメーターバイザー(以下「ライトカウル」)の換装を行ったところである。
 
これによって、ライトカウルのみ、青/白の配色になり、その他の部分は(ブラジルっぽい)標準カラーのまま運用されていた。
イメージ 2
ただいま林道でもがき中
 
ライトカウルの変更後、ライトカウルの艶のある青色と、カッティングシートの白色のコントラストが非常に目に映え、バイク自体が変わったかのような印象を受ける。
(やはりブラジル等の国々で好まれる配色と、管理人が好む配色は「かなり違う」と認識するところである。)
 
管理人の周囲では、XTZ125「ねこちやづけ」に対して、今まで「珍しい原付2種」という事で、一部の層だけが関心を示していたのだが、正面方向から見た配色だけはヤマハのモトクロッサーやWR系の攻撃的な雰囲気となり、今まで見向きもしなかった層も関心を寄せるようになってきた。
 
エアスクープ(以下「シュラウド」)を換装しようとしてみた
最近、XTZ125「ねこちやづけ」の(ライトカウル以外の)樹脂部品の色褪せが(少し)気になりだした管理人。
単に樹脂の色褪せだけなら、表面を削ってから磨けば解決なのだが、標準で大きなデカールが貼られているXTZ125の「シュラウド」は、樹脂の表面だけを削って磨くのは困難であるし、新車時以上に見栄えが良くなるといった訳でもない。
 
また、XTZ125「ねこちやづけ」はしばらく前に走行距離66,666キロメートルを越え、これまでの活躍に感謝して、何か手入れをしたいところでもある。
 
ついでに、XTZ125の外装部品は意外と安い。
 
前回のライトカウルの交換に味をしめた管理人、せっかく「色について色々考えた」ことでもあるし、ここは「シュラウド」も美しい新品部品を調達して、カッティングシートでも貼ってから交換しようという事になった。
 
シュラウドの発注・受領
シュラウドを交換する事が決まれば、早速部品の確保に走る。
・以前のwikiから手に入れたパーツリストで、部品番号を調べ、
・ヤマハ発動機(http://www.yamaha-motor.co.jp/)の部品検索で、在庫の有無を確認する。
・部品検索の結果を印刷し、いつも世話になっているYSPに出向いて部品を注文する。
ちなみに、管理人の場合は、金曜日の夜に発注して、翌々日・日曜日の夕には部品が到着した。
 
早速受け取りに走る。
イメージ 3
在庫さえあれば早い。
 
イメージ 4
現在装備の色褪せたシュラウドよりも美しい。
 
イメージ 5
その裏面。
 
ちなみに、部品番号と部品名は、
5RM-F137W-00 スクープ,エア 1
5RM-F137X-00 スクープ,エア 2
で、管理人が購入した際の価格は、それぞれ3,000円程である。
 
 
外装部品を買ってしまった以上は、使わないともったいない。
たぶん車体に取り付けるまで続いてしまう。
 
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事