ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

突然だが、ヤフーが用意しているアフィリエイトというシステムで、宣伝がしたくなった管理人。
今回はネジザウルスの宣伝である。
 
エアスクープ取り外し
前回、XTZ125「ねこちやづけ」のエアスクープ(ガソリンタンクに付いているシュラウド、以下「シュラウド」)を換装することになった管理人。
新しいシュラウドが到着したので、古いシュラウドを取り外して比較する・・・

・・・つもりだったのだが、それまで装備していたシュラウドがタンクから外せない。
 
 
タンクと左右のシュラウドは、それぞれスクリュ2本と、プラスチックのピン1個で固定されている。
プラスチックのピンは、ニーグリップで強めの力がかかっただけでも外れてしまうのだが、スクリュがなかなか外れない。
イメージ 1
XTZ125のタンクとシュラウドを固定するスクリュ
こんな奥まった位置に、回し難いスクリュでプラスチック部品を固定するとは、なんと気が利かない。
某外国メーカーのように、トルクススクリュを多用しろとは言わないが、キャップボルトか、せめて通常のボルトを使用してもらいたい。
 
鍋ネジ嫌い
だいたいヤマハは大事なところに、なぜか鍋ネジを使っていたりする。
鍋ネジが緩まずに舐めてしまったり、2ストの排気バルブの開放を制限する部分の鍋ネジが緩み、バルブとピストンがキスしたりと、管理人にとってヤマハの鍋ネジは「災いの元凶」でしかない。

以前、車体を整備する為にタンクを外した際にも、シュラウドを外したかったのだが、このスクリュが外せず、シュラウドを取り付けたままタンクを外していた。
最近まで、できるだけシュラウドを外さないで済むように作業していたのだが、シュラウドを換装するのに古いシュラウドを外さないわけには行かない。
そこで、数日前からこのスクリュにスプレー式の潤滑剤を吹き付けて、少しでもスクリュが外しやすくなるようしておいた。
そして、作業の当日、
・サイズの合ったドライバーで回してみる。 もちろん、押し7:回し3の力配分。 しかし、スクリュは全く動かない。
・プライヤーでスクリュの頭を掴んで、回してみる。 タンクとシュラウドの隙間にプライヤーを入れでスクリュの頭を回そうとするが、プライヤーでスクリュの頭を掴めても、プライヤーを回す空間的余地が無い。
・止むを得ずインパクトドライバーを使う。
タンクに付けられたステーに、樹脂部品であるシュラウドを留めているスクリュを回すのにインパクトドライバーは使いたくないが、他に適当な工具を持っていないので、仕方が無い。
最初は金属製のハンマーでインパクトドライバーを叩かず、プラスチックハンマーで軽く叩いて様子を見る。
残念ながら全く緩まない。
何度も試してみるが、全く緩みそうな気配がない。
正直、これで駄目ならグラインダーでスクリュの頭を削り、残ったネジ部分をドリルで除去するくらいしか思いつかなかった。
もしこの方法を行うとすると、かなり大掛かりな作業である。
 
イメージ 4

何とかしてインパクトドライバーでスクリュを外そうと努力してみる。
・最後の手段。通常の金属製ハンマーでインパクトドライバーを叩いてみる。
その結果
見事にタンクのステー部分が曲がり、シュラウドのステー部分が取れました。
イメージ 7
スクリュを取り外した後に撮影。 塗膜が剥がれ落ちてしまった。
 
(画像準備中)
シュラウド裏のステーが取れた。

これは困った。
・・・・覚悟はしていたが。
 
やっぱりヤマハの鍋ネジは嫌いだ。
とりあえず急いでシュラウドを外して、タンクの錆止め等の復旧作業をしなければならない。
時間が経過すれば、大切なタンクの鉄板に錆が発生してしまうだろう。
悩んだ結果、これまでの工具による作業では傷口を悪化させるだけだと判断。
新たな工具を調達することにした。
イメージ 2
そして今回調達した工具。ネジザウルスである。
 
イメージ 5
通常のプライヤーがネジの頭を摘んで回そうとした場合、プライヤーの口の先にはプライヤーの開閉機構の軸と平行に溝が切られているため、プライヤーの縦位置でネジの頭を掴んだ場合、ネジの頭との間にはグリップ力がなく、ネジを回す力はほとんど無い。
しかも、回す力がプライヤーの開閉軸をこじる形に作用するため、「こんな風に工具に力をかけてはいけない」と教えられるように、工具にとって良い事ではない。
それがネジザウルスは溝の切り方が一般のプライヤーと異なり、縦位置でネジを掴めるように作られている。
イメージ 6
これなら問題のスクリュを外せるかもしれない。
到着したら、さっそく使ってみる。
縦位置でスクリュの頭を掴んで、
回してみた。
イメージ 3
あっけなく外れた。
管理人の今までの苦労は?
 
さすがにこのために作られた工具。
感心している場合ではなく、全てのスクリュを外し、シュラウドを取り外す。
ステー付近の浮き上がった塗膜は剥がしてしまう。その後十分に脱脂しておく。
ネジが切られた部分にある錆は、錆チェンジャーで防錆皮膜に変質させておく。その後錆チェンジャーの樹脂は溶剤で除去。
金属地肌が錆びる前に、筆とスプレーを併用して亜鉛塗料を塗っておく。タンクの鉄部分が露出する事があっても、錆の進行を抑制することができるだろう。
イメージ 9
 
 
ひとまず、亜鉛塗装が終わったら次の作業に移る。 最終的には亜鉛塗装の上に適当な色を塗って目立たなくするつもりである。
シュラウドのステー部分は、
いつものように半田ごてで仮固定してから、
破断した部分を溶かしながら溶接していく。肉厚が薄いのであまり長時間加熱すると補強リブが溶けて無くなってしまう。手早く溶接。

スクリュが外れないだけで、大切なタンクに傷を入れただけでなく、非常に大きな手間がかかってしまった。
こんなことなら、ネジザウルスを最初から買っておけば良かった。
 
イメージ 8
健全な他のステー
 
 
 
本件は宣伝のための演出  ・・・
 
・・・だったら良かった。
 
 
 
とりあえず 
もう少し続く・・・・
 
 
しょぼんぬ。

 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事