ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

高級そうなビトロタイプの「音叉マーク」をシュラウドに貼って、ひとまず見られるようになった(つもりの)XTZ125「ねこちやづけ」。
今回は、製作中から気になっていた部分を、若干だが修正してみた。
イメージ 1
前回までの状態。
タンクに貼られた白いカッティングシート上の「青い三角形部分」の角度がイマイチ他の線と合っていない。
今から考えれば、下の黒線と下辺の向きを合わせる等の考慮が必要であった。
これは後ほど変更するとして、
 
 
実は「XTZ」と書きたかった。
前回の元絵となった
イメージ 2
「案1」の他に、
イメージ 4
実は「案2」も考えていた。
下のほうにXTの文字があるのは、白色の「Z型」部分を含めて、車体側面全体で「XTZ」の文字を表現しようと考えていたためである。
 
白色の部分が「Z」だと主張するには、1案よりも2案の方が良かろう。
正直ほとんど変わらないので誰も気付かないだろうが。

 
青は青でも色々ある。
東急ハンズで販売されていた屋外用カッティングシートのうち、青色のものは数種類あったのだが、管理人は店での注文番号15番のカッティングシートを選んでいた。
実際にタンク上に貼ってみたところ、ほぼ近似色といってよいと思うが、若干車体色よりも「薄い・ねぼけた」青色であった。
そこで、もう少し「濃い・くっきりした」青色を求めて、再度ハンズに青色カッティングシートを買出しに出かけてみた。
そこで14番のカッティングシートを購入してきた。
イメージ 5
タンク色・14番・15番の順で並べている。
14番は15番よりも、若干濃い青である。
 
作業開始
右側側面の青色三角形の角度を「Z型」ができるように変更するとともに、青色を15番から14番に変更する。
イメージ 6
変更前の状態。
 
それから、タンクに元から貼られているデカールのために、タンク表面に凹凸がある。
イメージ 7
デカールの厚み分だけ凹凸ができているので、「デカールが無い部分に、カッティングシートを貼っておけば、ちょうど凹凸が埋まるのではないか?」と考えた。
 
イメージ 8
青色三角形カッティングシートを剥がし、
 
イメージ 9
デカールの無い部分の青色カッティングシートを切り出して残しておいた。
 
イメージ 10
そして、青色三角形の角度を変えて貼りつけた。
(青色が15番から14番に変わった)
 
イメージ 11
デカールの端にあった凸凹は少なくなったような気もするが、あまり変わらないというのが正直なところ。
 
 
とりあえず、白色の部分が「Z型」に見えなくもないが、あまり変わらないといえば変わらず、あまり面白くなかった。

しばらく、この状態で運用し、左右を見比べながら、どちらが良いが確認するつもりである。

 
イメージ 3
右側面「案2」
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事