ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
このフロントスタンドは、各車のステム下に開けられた穴に、スタンドの先端を差し込んで使用するため、ステム下の穴に適合する径のアダプターが必要である。
今回は、CBR1100XXに適合するアダプターを用意してみた。

 
■計測
まずはステムに開けられた穴の径を計測する。
イメージ 2
ステムの位置。
 
イメージ 5
ステム下の穴付近には、標準状態ではホーンの配線やブレーキの配管が走っている。
 
イメージ 6
ひとまず、ホーンやブレーキの配管を取り付けるステーを取り外す。
ステム下の穴が確認できるようになる。
 
イメージ 7
外したステーとホーン、ブレーキの配管を留める金具類。
 
イメージ 8
ノギスで穴の径を計測する。
 
イメージ 9
内径は約24ミリメートル。
 
■CBR1100XXに適合するアダプターの調達
普通は、先に使用したい機種に適合するアダプター径を調べてから、フロントスタンドを購入するのだろうが、管理人の場合は諸般の事情により、先にフロントスタンドを購入してから、CBR1100XX用のアダプタを購入することになってしまった。
イメージ 10
新しい工具屋まで、再度出かけてみる。
今回はXTZ125「ねこちやづけ」で長距離侵攻。
 
イメージ 11
今回買ってきた24ミリメートル径のステム穴に適合するアダプター。
 
イメージ 12
確認のためCBR1100XX「ねこにこばん」ステム下の穴にアダプターを差し込んでみた。
丁度良いサイズである。

 
■早速使ってみる
フロントスタンドを使用するにあたり、CBR1100XX「ねこにこばん」の場合、ホーンやブレーキの配管を留めるステーを取り外さないと、ステム下の穴にフロントスタンド先端のアダプタを差し込むことができない。
よって、ホーンやブレーキの配管を外して事前に外しておかなければならない。
(今回は計測のため、既に外してある)
ついでに、フロントフェンダーに傷を入れると面白くないので、大した手間ではないので、フロントフェンダーを外しておく。
イメージ 3
左右各2本のスクリュを外しておくだけである。

 
イメージ 4
フロントスタンドのアダプタ先端部分をステム下の穴に差込み、スタンド下部の端を押し下げると、簡単にCBR1100XX「ねこにこばん」の前輪が浮き上がった。
ちなみに、車体を揺すってみたが、安定しており、倒れそうな気配は全くない。
 
フロントスタンドが使えるようになったのなら、前タイヤの交換でもしなければなるまい。
 
 
たぶん続く。
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
CBR1100XX「ねこにこばん」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/cbr1100xx_0000.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事