ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

しばらく前に国内のホンダのサイトでも発表されているので、ちょっと古い話になってしまったがホンダのCBR250Rについて
イメージ 1
 
イメージ 2
 
以前に販売されていた同名のCBR250R(通称「ハリケーン」)が、カムギアトレーンの並列四気筒で1万7千回転あたりからレッドゾーンという、かなり強烈な機種だったので、今回の単気筒のCBR250Rには、名前上ちょっと違和感を感じるところである。
ちなみに、管理人はCBR250R「ハリケーン」が好きで、一時期所有したことがある。(一瞬だけだが)
「ハリケーン」の後継機種にあたる「CBR250RR」には、かなりの距離を乗って、レッドゾーンの開始が1万8千回転というエンジンを苦も無く街乗りで使えるというホンダの技術に驚いたものだ。
(ガルアームや凝った形状の低重心フレーム等、今では望むべくもない贅沢な装備てんこもりだった。)
 
このCBR250RRでは、八の字走行等の練習を楽しく行って、非常に気に入っていた。
長距離ツーリング中はエンジンの常用域が超高回転のため、エンジン音がちょっと耳ざわりだったが・・・。
これも長時間「だらだら」乗り続けたりしなければ、欠点にもならないだろう。
管理人が今でも欲しいバイクの一つである。
 
管理人としては、単気筒は好きで小排気量車も大好きである。
この新型CBR250Rを見て、これまで乗ってきたグース350や、SDR200と似た乗り味だったら、嬉しいと思う。
この手のバイクなら、カウルが無くてもなんとかなる。
ただ、新しい規制をクリアするエンジンで、250cc単気筒だと、
・どの程度出力があるのか?
・乗ってみて楽しいのか?
ちょっと気がかりではある。
実際、グース350だと「もう少し出力があった方が楽しいかな?」 と思わないでもなかった。
いっそのこと、排気量を125ccにして、実際の速さよりも「使いきれる楽しさ」を求めた方が良いのかもしれない。
 
そんなカッコ悪くないCBR125Rが出ないかな?
などと妄想していたら、海外では新型CBR125Rが出てしまうようだ。
イメージ 3
2011 CBR125R
 
これまでのタイ製CBR125Rは、いかにも「アジアンバイク」的な細い細いアッパーカウルで、お世辞にもカッコ良いとは言えなかった。(個人の感想です)
今回はCBR250Rともに、VFR1200味の外観だが、なかなか良くまとまっていると思う。
 
 
クラスを超えた存在感を持つヤマハのYZF125Rが少量ながら国内で販売されたが、価格的に一般に広まるまでには至らなかった(と管理人は勝手に判断している)。
 
今回のCBR125Rが正式に国内で販売されるか、それなりの販売網で販売されれば、結構な人気が出ると思うのだが、こんな意見はやっぱり少数派なのだろうか?
 
とりあえず、YZF125Rと違い、新型CBR125Rはタイ製である。
価格的には結構期待できそうな気がする。
実際には蓋を開けてみないと判らないが、
(その前に国内で発売されるかどうかの方が重要だが)
 
 
 
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

パラ4気筒の旧CBR250Rを所有してました
単機筒のCB250RSも乗ってました

昔を懐かしむのではなくて新しい時代のCBシリーズに期待します
でもたぶん買わないと思います・・・・
オヤヂにはこれだ!というインパクトは感じませんでしたね

2010/11/16(火) 午後 7:15 [ 菌肉饅 ] 返信する

顔アイコン

フルカウル=多気筒というイメージが個人的にあるので、シングルのスーパースポーツ風バイクというのは非常に興味がありますね。

2010/11/16(火) 午後 9:14 [ 肉たん塩 ] 返信する

顔アイコン

菌肉饅さんこんばんは。
80年代のCBR250系は今から思えば何かと傑出したバイクでしたね。
今回の単気筒CBR250Rも、CBR−Rという名前のおかげで本質以外のところに話題が移ってしまっている気がします。新しい名前でも付けた方が良かったのかもしれません。
CBR125Rの方は、PCX+α程度の価格なら、かつてのNS-50FやNS-1等の跡を継いで「はじめてのバイク」に最高かも。
XTZ125のように一般路で全開で遊べる楽しいバイクだったなら、おっさんは是非一台欲しいところです。

2010/11/16(火) 午後 10:30 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

肉たん塩さんこんばんは。
「単気筒+フルカウル=変」
と思っていた時が管理人にもありました。
・・・今では「何でも来い」状態ですが。
シングルのスポーツバイクというと、グースやサトゥルノといったスパルタンなイメージがありますが、ホンダが狙ったのはかつてのNS50FやNS-1等の気軽に乗れるバイクなのかもしれません。(おっさん世代にはCB50Sかも。)
ニンジャ250の成功を見ても、最近のユーザーが求めるのは、この手のバイクなのは間違いないでしょう。
もし、グースやSDR系だったら、少数のマニアしか買わないだろうし・・・。
管理人的には「どちらも大好き」なので、とりあえず歓迎です。

2010/11/16(火) 午後 10:42 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

おおー。CBR125Rいいなぁ。国内で売って欲しいッス。
35万位なら…売れないかな?ダメカナ?

2010/11/16(火) 午後 11:56 [ kou 改め akibdom13 ] 返信する

顔アイコン

Kouさんこんばんは。
もし新型CBR125Rが35万円で国内販売されたなら、かなり売れると思います。
ただ、輸入業者を通して売っていた旧CBR125Rの価格を考えると、その値段で出てくるのは厳しい気がします。
ただ、PCXが予想に反して30万円を切ってきた事を考えると、かなり近い価格で出てくるのでは?
と期待します。

2010/11/18(木) 午前 2:30 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事