ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

これまで、北海道ツーリングなど、いくつかのツーリングについて記事にしてきた管理人。
今でこそタフでワイルドだと信じられている管理人なのだが、こんなにワイルドでタフな管理人が突然発生した訳ではもちろんない。
 
ツーリングに出かけても、全ての問題を跳ね返し、何の問題もなく無事帰還していると思われているようなのだが、実際にはちょっと異なる。
 
白鳥が水面下で足をばたつかせているように、管理人も画面の裏側で苦労している時代もあったのだ。
そこで、タフでもワイルドでもなかった時代の管理人の姿を示して、これからバイクに乗ろうという良い子の皆様に自信を持っていただきたいと、過去の画像を引っ張り出してきて、恥を忍んで公開させていただこう。
 
別にネタが無くなった訳では決してない。
 
1993年北海道にて(キリタップ付近。 ムツゴロウの動物王国近く)
イメージ 1
とある道端で狐が出現。
 
イメージ 2
これはバイク( ZX11 初代「びつぐまうす」 )と狐が一緒に記念撮影ができるかと思ったのだが、
 
イメージ 3
どうも動物性の革製品に興味があるようだ。
 
しばらくしたら、
イメージ 4
狐がグローブを咥えて藪の中に走って行った。
動揺のあまり、画像がぶれてしまった。
 
この後、管理人が藪の中に分け入って、開けた場所で菓子の空袋や箱が積み上げられた狐のゴミ捨て場を発見した。
グローブはその頂上に置かれていた。
幸い、グローブは回収できたのだが、エキノコックスとか寄生虫の心配もあって、しばらくは不安だった。 
 
 
同じく1993年、網走湖畔キャンプ場付近。
イメージ 5
知床の船を修理している工場で作ってもらった仮設のシフトペダル。
 
さらに1993年北海道。
イメージ 6
朝食にするつもりの食パンを狐に強奪される。
 
 
 
という訳で、現実には「完全無欠のライダー」などいない。
 
・・・はず。
 
 
 
今回はこれで勘弁しとこうかの。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

トムラウシの 林道で、急カーブ曲がったら
鹿の集会に突っ込みましたーーー

あせったー・・・ 鹿刺 旨い てね。。。

2010/12/13(月) 午後 8:37 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

顔アイコン

かなり前の北海道ツーリングで、
平原の真ん中でバイクがウンともスンとも言わなくなった事がありました。
偶然通りかかった、NSR250Rの若者が色々助けてくれたおかげで、
少しというかだいぶ離れた町のバイク屋で修理する事が出来、
ツーリングを続行する事ができました。
北海道はバイク乗り寛大だなあ、とその時は感じましたが、
狐は違うみたいですね。

2010/12/13(月) 午後 8:46 オライダー 返信する

顔アイコン

タクチャン 8歳、8kg。さんこんばんは。
鹿は強敵ですね。
管理人も鹿は大嫌いです。
以前、知床で食べた鹿肉は筋だらけで美味しくなかったので、あまり鹿を食べようという気になりませんが、野生の熊や、鹿肉が好きなライダーにはがんばって鹿を食べていただきたいです。

2010/12/14(火) 午後 10:14 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

オライダーさんこんばんは。
この狐はグローブを持って逃げましたが、藪の中を探しに行ったら、菓子の袋や箱のゴミが積み重ねてありました。
持って行かれたグローブは、ゴミ山の頂上に置いてありました。
今思うと、狐のゴミ山を撮影しておけば良かったと思います。
それから北海道の人々は本当に寛大ですね。
車の運転は荒くて、上品とは言い難いですが・・・

2010/12/14(火) 午後 10:20 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事