ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ ひさしぶりにXTZ125「ねこちやづけ」のエアフィルタエレメントを洗浄したあと
しばらく前に、エアフィルタの洗浄 でエアフィルタエレメントの洗浄を行った「ねこちやづけ」
前回の記載では洗浄のみしか解説していなかったので、一部に誤解を招いたようなので、その後の解説について。
 
■ 花粉 「ニドトコナイデ!!」
XTZ125のエアフィルタエレメントは、早い話がスポンジである。
 
エアクリーナーは、吸入空気中の埃やその他異物を取り除くために、吸入空気をスポンジ内を通すことによって、空気中に含まれた異物をスポンジに取り込み、ろ過した清浄な空気のみをエンジンに取り込もうという装置である。
 
単純に考えると、スポンジだけでもエアクリーナーの機能は果たしそうなものだが、XTZ125等のスポンジを利用したエアフィルタを用いているバイクのマニュアルを見ると、スポンジにエンジンオイル等のオイルを染み込ませるように指示されている場合がある。
フィルターに油分を含ませることによって、埃等の異物を油に吸着させ、異物の捕集効率を上げようという算段である。
 
 
という訳で、XTZ125「ねこちやづけ」のエアフィルタエレメントにもオイルを含ませている。
 
イメージ 1
洗浄前の様子。
 
エレメント(スポンジ)を取り外して洗浄し、水分を除去した後、
イメージ 2
ビニール袋にエレメントを入れて、フィルター用のオイルを少し含ませる。
マニュアルを見る限り、ギアオイルや普通のエンジンオイルを指示している場合が多いようだが、管理人の場合は以前に買ったスポンジエレメント用のオイルを愛用している。
 
スポンジ式のエアフィルタも数が少なくなってきた気もするし、そんなに頻繁に洗浄するわけでもないので、このフィルタオイルはなかなか減らない。
使い切るまでには、この先数十年はかかりそうな勢いである。
 
イメージ 3
ビニール袋にエレメントとオイルを入れて、オイルがエレメント全体に行き渡るように揉む。
 
イメージ 4
スポンジに含まれるオイルが多すぎると、エンジンの回転が重くなる気がする。
管理人の場合は、スポンジ全体にオイルが(僅かに)含まれていれば良いと思っている。
 
スポンジにオイルを含ませた後は、元通りエアクリーナーボックスに取り付ける。
 
 
これで、XTZ125「ねこちやづけ」のエアクリーナーの空気浄化能力も倍増である。
 
なお、エアクリーナーが花粉を除去する能力も増加したはず。
この時期大量に舞う花粉にも万全の体制を整えた。
 
 
 
なお、花粉といえば、
イメージ 5
「ニドトコナイデ!!」
 
を思い出す管理人なのだが、バイクのエアクリーナーにこんなのが居たら、怖いと思う管理人。
(楽しそうだが。)
 
 
 
この先、バイクのエアクリーナも進化していくことだろう。
そのうち、イオン化活用とか、遠心分離式のエアフィルターも出てくるのだろうか?
 
最後まで吸引力の落ちないエアクリーナーとか・・・
 


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事