ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

しばらく前(3月中)の話である。
 
■ 前回までのあらすじ
導入以来、5年が経過するのを目前に、ディーゼルエンジン用オイルを入れられてクラッチが滑ったり、フロントフォークのフォークオイルシールが抜けてフォークオイルがダダ漏れになったりと、何かと問題が発生しているXTZ125「ねこちやづけ」
 
ここまで来たら「ねこまんま級」バイクとして、とことん実験台として働いてもらおうと思う管理人である。
 
■ 実験続行
前回、クラッチが滑りだしてしまったXTZ125「ねこちやづけ」
ディーゼルエンジン用オイルや、その他四輪車用エンジンオイルを使用したため、それらエンジンオイルに含まれていた成分が、バイクの湿式多板クラッチに悪影響を及ぼしたのだろう。
こういった原因でクラッチ滑りが発生した場合、エンジンオイルを交換しただけではクラッチの滑りが解消しない場合がある。
(実際に今回のクラッチ滑りの後でエンジンオイルを今まで使ってきたエンジンオイルに交換してみたが、クラッチ滑りは解消しなかった。)
 
このままでは数日間とは言え、通勤運用に支障が出る。
そこでクラッチ滑り解消に向けて実験を行ってみた。
 
■ 作業開始
とりあえず、クラッチまわりを分解。
 
イメージ 2
クラッチプレート。
以前よりも摩擦跡が光っている。
たぶん以前よりも摩擦力が減っているのではなかろうか?
念のため紙やすりで表面を軽く削っておいた。
 
イメージ 4
フリクションプレート。
こちらも紙やすりで表面を軽く削ってみた。
 
クラッチプレート・フリクションプレートともに紙やすりの削りカスを取り除くため、
イメージ 1
台所用洗剤を薄めた水溶液で洗ってみた。
 
イメージ 5
紙やすりの砕片がエンジン内に入るのは避けたいので、歯ブラシを使ってしっかり洗い流しておく。
 
イメージ 6
ちなみに、各プレートの厚さは許容範囲内である。
 
そして、以前のエンジンオイルの影響を除くため、
イメージ 3
ブレーキ用の脱脂洗浄剤を噴射。
摩擦材に染み込んだ以前のオイル成分も取り除けるに違いない。
ちなみに、管理人は普段、もっと安いパーツクリーナーを使っているのだが、こういった重要な局面ではこんな高級?なブレーキクリーナーを使用している。
速乾性と遅乾性といった違いもある。
違いの意味はあまり考えていないが。
 
イメージ 7
脱脂後のフリクションプレート。
 
洗浄前と比べれば、光(テカリ)具合が違う。
 
 
■ 結果
本来、クラッチ滑りが発生したのなら、クラッチプレート・フリクションプレートを全て交換するのが正しい対処法だと思われる。
だいたい、部品を分解・洗浄している手間・暇を考えたら、素直に新品部品に交換してしまった方が、早くて楽で簡単である。
しかも、せっかく部品を分解・洗浄しても、修理が失敗してクラッチが滑ったままになっては、再度新品交換の手間・暇、更に新品の部品が追加で必要になってしまう。
・・・という訳で、プロが行う修理では全部新品部品に交換することは間違いではないと思う。
 
しかし、管理人の場合は自分で作業するので、工賃は無料である。
今回のような不確実な修理を行って、万一最初からやり直す事になり、新品部品に交換する事になった場合でも、工賃はかからない。
素人整備万歳!
 
余計な事を考えながら、早速試運転に出かけてみたが・・・
 
・・・クラッチの滑りは発生していない。
いろいろ意地悪な操作(急加速や高いギアでの全開等)を行ってみたが、特にクラッチの滑りを感じることはない。
 
 
・・・若干予定と違う結果になったが、
 
まあ良いか。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

閉じる コメント(3)

顔アイコン

またまた書庫を間違えた。
慌てて投稿したのが間違いの原因である。

2011/4/7(木) 午前 0:22 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

クラッチはまた奥が深い気がしますね。表面の薄皮剥きと脱脂で、復活できるのは面白いです。それほど沁み込むってことはないんでしょうね。この時代の非常に正しい整備だと思う。たぶん店では絶対に交換って話になっちゃうんだろうなー。

2011/5/11(水) 午後 0:23 [ tettu ] 返信する

顔アイコン

バイクの湿式クラッチは、容量に余裕があって多少滑りやすいオイルを入れても平気な機種があったり、容量に余裕が無くて変なオイルを入れるとすぐに滑る機種があったり、いろいろな状況があって一概に言えないので、難しいところです。
人によっては、このオイルを入れたら絶対滑るとか、このオイルを入れても滑らないと主張する場合もあります。
機種や消耗度合いが違えば状況も違ってくるので、そのあたりを把握できるようにしてから判断しなければならないでしょうね。
それから、クラッチが滑ってエネルギーをロスするようなら、気持ちよくクラッチを交換した方が良いでしょうね。それから、プロの仕事の場合は(工賃もかかるので)あと少ししか持たないようなら、早めに交換してあげるのがエコで親切なのかと思います。

2011/5/12(木) 午前 0:30 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事