ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

2011年3月末現在、新車で導入後5年間を経過するXTZ125「ねこちやづけ」
色々これまで行った経験がない実験的整備や、ケミカル類の実験台として日々酷使されている。
 
今回は、初のキャブレータ内部の確認を行ってみた。
実施時期は3月末の話である。
 
■ 作業開始
イメージ 1
画像でキャブレータ前後のゴム部分にあるバンドを留めているネジ2本を緩めて、キャブを取り外す。
 
イメージ 2
吸入側を見る。
下半分はきれいなアルミ地だが、他の部分は茶色く汚れている。
下半分がきれいなのは、しばらく前に吸入側にエンジンコンディショナーを吹き込んだためだと思われる。
今回は、全体的にキャブクリーナを噴射して、しばらく放置しておく。
 
イメージ 4
フロート室を見てみた。
5年間7万3千キロメートル以上走って、初めて開放した割にはキレイなフロート室(だと思う)。
 
イメージ 5
フロート室下側にも、特に汚れは見当たらない。(画像は洗浄前)
 
イメージ 6
フロート室上側。(同じく洗浄前)
特に問題は無し。
 
イメージ 7
と、思ったら、フロート室の横の部分に多少の汚れ溜まりがあった。
フロート室内のガソリンを抜く際に、キャブレータを横倒しにしているので、ここに汚れが偏ったものと推定される。
 
■ その他確認した部分
イメージ 8
メインジェット。
 
イメージ 9
その他、吸入側(エアクリーナー側)の様子を確認。
 
イメージ 10
メインジェットやその他取り外せる部分を見てみる。
 
イメージ 3
キャブレータのジェット類やその他外せるだけ外していちおう清掃。
 
■ 整備後・結果
その後、分解した逆の手順でキャブレータを復旧し、とりあえず走行可能である。
 
試運転に出かけたが、直前に乗った感覚と比べて、
 
 
・・・あまり違いがわからない。
 
というか、ほとんど変わった事はない。
 
 
 
もっとジェット類やその他が汚れていたなら、整備したことで劇的に状況が改善されたかもしれないのだが・・・
 
 
 
・・・「ねこまんま」5年目の実験が続いてしまう。


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 

KURE 10142 クリーナーキャブ
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事