ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

いまだに4月の話である・・・。
ピストンを床の間に飾っていても嬉しくないので、早速交換する。
 
なお、タイトルとしては「ピストン交換」なのだが、実質的には「ピストン」よりも「ピストンリング」の交換の方が主目的だったりする。
 
■ 旧ピストンの取り外し
これまで2度ほど取り外しているので、既に慣れてしまったピストンの取り外し。
空冷・SOHC・2バルブ・単気筒・・・
非常にシンプルで質実剛健なXTZ125なエンジン。
分解も極めて簡単である。
 
イメージ 1
今回はオイル交換とあわせて実施。
 
イメージ 2
さっそくシリンダヘッドを外してピストン頂部を確認。
オイルが燃焼室に流入していたためか、極短期間の運転にも関わらずピストンには一部厚いカーボンが付着。
以前のようにカチカチに固まったカーボンではなく、軟らかいカーボンだったが。
 
イメージ 3
燃焼室側の様子。
こちらも短期間の使用にも関わらずカーボンが付着。
 
イメージ 4
シリンダを外して、
 
イメージ 5
再度シリンダヘッド燃焼室の様子。
 
イメージ 6
コンディショナーで燃焼室のカーボンを落としてみる。
材質はアルミ製なので洗浄もほどほどにしておく。
 
イメージ 7
ピストンの様子。
 
イメージ 8
シリンダヘッドの様子。
吸気バルブを開いた状態。
バルブのシート部分等のカーボンを除去してみたいが、バルブの取り外しは今後のお楽しみにとっておこう。
 
 
 
 
 
とりあえず続く。
 
 
 
 


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
 
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

非常にシンプルで質実剛健なXTZ125なエンジン。

非常にシンプルで質実剛健なXTZ125のエンジン。

2011/7/7(木) 午前 9:18 [ ちょこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事