ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

前回までのあらすじ
 
新車で導入以来、5年間が経過し、走行距離も7万キロメートルをとっくに越えた管理人のXTZ125「ねこちやづけ」
そろそろ車体の更新時期かと思いきや、まだまだ酷使される「ねこちやづけ」
新たに社外品のフォークオイルシール アリート:ariete フォークシール 003T」 を調達し、
フォークオイルシールの交換#01 で、せっせと作業を開始した。
 
■ 左側フォークのインナーチューブを取り外したい。
パーツリストの該当ページより持ってきた画像で説明。
イメージ 7
 
とりあえず、オイル漏れが確認された左側フォークのオイルシール(画像の8、27)を交換したい管理人。
これを交換するために、インナーチューブ(画像の4、23)を抜く必要がある。(管理人の行う方法では)
 
インナーチューブを抜くためには、内部のピストン(画像の6、25)を外したい、
イメージ 1
ピストンをアウターチューブ(画像の3)に固定しているボルトを抜いて、ピストンを外す。
このピストンは、画像のボルトを緩めようとしても、ピストンがアウターチューブ内部で空回りしてしまい、ボルトが緩められないので、内部のピストンを固定しておく工具が必要になる。
 
内部のピストンを固定しておく専用工具も販売されているようだが、素人が行う作業なので、年中フォークを分解するわけでもなく、専用工具を調達するのは止めておこう。
代わりに適当な道具を探してきた。
 
イメージ 2
シャッターを手動で操作する際の棒である。
(シャッターを下ろす際に、シャッターの下部に引っ掛けて引っ張るただの棒。)
この取っ手部分がゴム製で、適当な摩擦が期待できる。
 
イメージ 3
インナーチューブの先からフォーク内部に突っ込んで、内部のピストンを押さえる。
 
イメージ 4
で、外部からボルトを緩めると、内部のピストンが空回りすることなく、ボルトを外すことができた。
 
イメージ 5
という訳で、フォーク内部のピストンも無事抜けて・・・
 
インナーチューブを引っこ抜こうとしたのだが・・・イメージ 6
「・・・全く抜けん」
右手でインナーチューブを握り、左手でアウターチューブを握る。
インナー・アウターの両チューブを勢いをつけて引っ張る。
 
・・・ 全く変化なし。
オイルシールが動いた形跡もない。
 
当初の計画であれば、作業開始から1200秒後には、インナーチューブとアウターチューブの分離に成功し、新たなフォークオイルシールに専用潤滑剤を塗って観察している頃なのだが、全くもって予定外に手強い古いフォークオイルシール
 
この時点では
「オイルシール内部の金属部分が錆びて、(赤錆ができた分、体積が増加して)オイルシールが太って抜けなくなったのだろう。」
くらいにしか考えていなかった。
 
管理人の手首やフォークに「重り」になる適当な部品を取り付けて、シールを引き抜く際の慣性を増やす事は可能だが、あまりに勢いを付けすぎて、スライド部分のメタル等を破壊するのも避けたいし・・・
 
(だいたい、今回の交換用として、オイルシールとフォークオイルしか準備していない管理人。 ダストシールすら再利用するつもりなので、メタルなど最初から交換するつもりもない。)
 
何とか別の手段(内圧を上昇させてオイルシールを抜く、オイルシールにドリルビスを打ち込んで抜き取る等)を考えるが、イマイチ上手くいかないので断念。
 
 
 
 
小休止して、今回の問題について考える。
 
・・・これまでの作業手順・方法に「管理人が気付いていない間違い」があるかも知れない。
(メタル等の交換部品も準備せずに作業を開始している、 マニュアルも読まずに作業を行っている、 作業中に雨に降られたりするとマズイ内容にも関わらず露天で作業している・・・等の間違いは既に認識済み。)
 
 
ひとまず、問題が無い右側フォークのオイルシール交換作業でも先に行って、手順と構造を確認しておくことにしよう。
 
 
 
止むを得ず続いてしまう。


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
 
 
調べてみたら、意外と安かった。
管理人のように行き当たりバッタリの作業が嫌いな貴方に・・・

閉じる コメント(2)

がんばってますねー
自分にはマネ出来ないです。
うちの2号機YBR125も7月からYSPで販売されるようになったので
部品の心配も更になくなりそうです。

2011/6/24(金) 午後 10:18 黒銀 翼 返信する

顔アイコン

黒銀翼さんこんばんは。
YSPががんばると、プレストとヤマハ本体の関係はどうなるのでしょうか?
売れるものはヤマハ本体。ちょっと?はプレスト。かなり?はYSPが独自に輸入?
でしょうか。
とりあえず、YBRがより安心して乗れるようになることは歓迎です。
できればXTZの新型が出るようになるともっと嬉しいですが。

2011/6/27(月) 午前 0:37 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事