ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

1998年の秋ホンダCRM250AR「ねこまつしぐら」で行った北海道ツーリングの記録について、
今回はその1。 「ねこのすⅠ」から東北の日本海側を通って青森から函館行きのフェリーに乗船するまでの話である。
 
なお、今回の記事は、「北海道(の手前)までの移動」で終わってしまい、記事的に殆ど内容が無い。
(・・・本ブログでは、いつものことだが。)
 
よって、最後まで本記事を読んでしまってから、この点について気付いてしまうと、ショックを受けるかもしれないので、前もって覚悟してもらうために、わざわざ 「内容の無さ」 をアピールしておいた。

1998年10月30日
若干の休暇が取れたので、こっそり北海道まで出かけてみることにした管理人。
ホンダ CRM250AR 「ねこまつしぐら」に、適当な荷物を載せて出発準備である。
なお、タイトルが「北海道ツーリング1998bというくらいなので、事前に「〜1998a」で使用した装備を「ほとんど」そのまま流用して、荷物をまとめる手間を可能な限り省略している。
イメージ 4
出発前の様子。@ねこのすⅠ付近。 1998年10月30日未明。 
眠そうな管理人。
 
イメージ 5
同じく、出発前の車体の状態。
50リッター級のトップケースは装備したが、サイドケースを装備していないので、代替としてサイドバッグを取り付けてある。
 
そして、時間もないので、とっとと北海度を目指して出発する。
長距離フェリーも使わずに、わざわざ東北の下道を走る愚か者。
 
イメージ 1
高台から日本海を望む。
 
イメージ 2
そして、途中にある道の駅では、しっかり休憩を取る。
画像は、自販機で買った缶コーヒーと、事前に買っておいた菓子パンで簡単な食事を済ませているところ。
 
そして、いつもの道の駅までやってきた。
イメージ 3
たぶん 道の駅「温海」あつみ・しゃりん。
何故か以前から気になる道の駅。
管理人はココで何度かテント泊している。
 
そして、なんとか無事に青森のフェリー乗り場まで到達した。
日付は変わって10月31日になってしまっている。
 
イメージ 6
ひとまず、フェリー内の車両甲板に拘束してから船室に移動して仮眠しておこう。
 
 
 
 
残念ながら続いてしまう。 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/crm250ar_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
管理人がツーリング時にトップボックスとして使用している本品。
(当時は中に使えないトレーとかが付いていて、もっと高価だった気がする。 管理人はこのトレーをすぐに取り外して使っていない。 トレーが不要な分、少しでも安価にしてくれた方が良かった。)
最初から安価なトレーなしのE50が選べる人たちは幸せだ。 (ちょっと悔しい管理人)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。
想像ですが、北海道に10月末から行くとすると、かなり風が冷たく本州では1〜2月のつもりで走るんでしょうね。
気合い入ってますね。

2011/7/8(金) 午後 9:20 ちっち 返信する

顔アイコン

こんばんは。
管理人にとって、「北海道の11月」というと、酷寒のイメージです。
今回は、冬場のツーリングには「防寒が重要」だということで、気合を入れて走ってみました。

2011/7/9(土) 午前 1:48 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事