ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

管理人は、「6月の居ても立っても」や、管理人は新しいヘルメットが欲しい #01 でご案内のとおり、「新しいヘルメットが欲しい」状態にある。
 
前回の#01では、トレールバイク系に乗車する際の「バイザー&シールド付き」ヘルメットとして、アライのツアークロスを選定したのだが、今回は普段の街乗り用として活用するべく、トレール以外の状況で活用する為のヘルメットについて考えてみた。
 
■ 普段使いのヘルメットには何が要求されるのか?
・ ヘルメットとして、頭部の防護性能は当然高い方が良い。
 もちろん、防護性能だけを求めるなら大きく重くなる方が有利なのだろうが、実際には軽さや小ささ等の要求もあるので、バランスを何処で取るかが重要になってくる。
・ 快適な方が良い。 
 やはり、実際に身に付けて使用するものだけに、使って快適な方が良い。 内装を洗えるのも快適に使用するには必要なことだと思う。 管理人の場合、内装を取り外す事にはこだわらない。(ヘルメットごと洗えるならそれで良い。)
・ 収納しやすい方が良い
 ヘルメットを実際に運用する場合は、保管場所等が限られている場合がある。 具体的には、所謂「メットインスクーター」のシート下トランク等にヘルメットを収納しなければならない場合等である。
 このような場合、日除け効果が高いからといって、バイザー付きのトレール系ツーリング用ヘルメットを使うのは難しい。
・ 使い勝手が良いほうが良い。
 本来、街乗り用だからといって安全に対する要求性能が下がる訳ではない。 しかし、超高速で長距離を一気に走るためのヘルメットと、全く同じ性能を要求する訳でもない。
 管理人は本来フルフェイス型を好んで使用するのだが、街乗り用に限定して必要があれば、チンガードが無いタイプのヘルメットでも選択の余地があると思っている。
・ その他
 快適性や使い勝手にも関わると思うのだが、陽射しに向かって走る場合に日除けがあった方が有利である。
特に、「冬季の出勤時」には、まだ低い高度の太陽に向かって走らねばならない管理人にとって、日除け性能は非常に重要である。
また、夜間走行もあるので、単純にスモークシールドを使うわけにも行かない。
 あと、シールドの曇り止め性能も重要である。
 
 ・・・それから、もちろん価格は高いよりは安い方が良い。
 
■ これらの結果から
・ 収納性について
現時点で「シート下メットインスペースを持つスクーター」を運用していない管理人。
かと言って今後も運用しないとは限らない。
シート下メットインスペースではないが、トップケースを使う場合もあるので、ヘルメットを箱に収容する機会がない訳でもない。
という訳で、固定式のバイザーを持つタイプは今回は除外。
 
・ 防護性能について
正直、ヘルメットの防護性能について、一般消費者である管理人には、厳格な防護性能のデータが入手できるわけではない。
最近の自動車については、衝突時の安全性等が実際に試験されてその結果が公開されている。(道の駅等でリーフレットが配布されている。)
ヘルメットについても、そのようなシステムが構築されると嬉しいのだが、現時点ではそのような状況にはない。
という訳で、管理人が自らヘルメットを見て・触って・被って・こっそり力を入れてみて、感じてみる他、各ヘルメットの対応規格等を確認してみるしかない。
管理人が実際に感じた結果としては、やはりある程度価格に関係があると言わざるを得ない・・というありきたりの結果になった。
デジタルカメラの場合など、無理に小型化しなければ、安いけど画像はきれいといったように、重視する箇所を絞れば安くても良いものは多数ある(管理人愛用のキャノンパワーショットSX130ISなど)のだが、ヘルメットの場合は、その使用状況から、大きさや重さには一定の制限がかかるため、価格と性能には一定の傾向が強く出てしまうのかもしれない。
 
・ その他要求機能について
今回、朝日に向かって走る際の、日除け機能については是非欲しい。
チンガード部分のオープン機能については、特に求めない。
管理人の場合、気合いを入れて走る場合など、メガネを使用して乗車することも稀にある。という訳で、メガネの使用を考慮した造りとなっていること。
 
■ 候補選定
SHOEI マルチテック
正直、管理人がしつこく使っている「シンクロテック」の後継として考えれば、一番間違いがない存在。
チンガード部分のロック機構など、フルフェイス型並みの防護能力を求めている。
価格が高いのと、管理人の先行試作型が被っているので見慣れているのが難点か。
 
OGK バレル
これまで、OGK製品を使った経験が無い管理人なのだが、このバレルで初めてOGKに興味を持った。
なんと言っても、収納できるサンバイザーが特徴のバレル。
必要時にはバイザーを透明シールドに重ね、夜間等はバイザーを跳ね上げれば良い。
収納する場合はバイザーをシールドに重ねれば余分なスペースも取らない。
強いて言うと、バイザーを跳ね上げた場合の風切り音が心配だが、街乗り程度の速度であれば問題がないはず。
これまで、二重シールドというと、航空機用ヘルメットのように外部に「取って付けた」シールドを装備しているか、ヘルメットの内装内側にスライド式のスモークシールドを装備しているかといったイメージだったのだが、通常のピボット式のバイザーと同軸に、小型化したスモークシールドを装備した発想が秀逸だと思う。
チンガード部分のオープンについては、今回「特に必要はない」のだが、このサンバイザー付きシールドについては試してみたいと思わせる。
他のヘルメットにも、このシステムを後付けできれば良いのに。
(個人的に改造に挑戦してみるか)
曇り止め性能については?の部分もあるが、そのうち防曇シールドも用意されるのではなかろうか。
あと、価格の安さも「一度試してみようか?」と思わせる要素である。
 
SHOEI クエスト
普段使い用に適した(?)と思われるヘルメット。
正直、管理人のような使用法には「もったいない」のかもしれない。
以前のような丸いヘルメットをイメージすると、後頭部が伸びた形ではあるが、本来はこのような形の方が空力的には有利なのだろう。
将来的には二輪車用のヘルメットの多くがこのような形になっていくのではなかろうか。
真面目な製品だと思うが、何か飛び道具があれば、より積極的に選ばれると思う。
 
その他・内装内に可動式のバイザーを装備したヘルメット
格安ヘルメットコーナー等で、可動式のバイザーを装備したヘルメットをしばしば見かけるのだが、実際に手にとってみると、力を入れた際の変形度合い等、選定するにはもう少し改良が必要のような印象を受ける。
収納式バイザーのアイデア自体は良いものなので、もう少し素の性能を向上させれば十分に選ぶ理由はあると思う。
 

という訳で、今回も選定してみた。

今回は、試行の意味もあってOGKカブトの バレル (VALER) を選んでみた。
なんと言っても、二重バイザーである。
そして収納時にも邪魔にならない。
 
アイデアの勝利。
白色は宇宙服のヘルメットを彷彿とさせて、ちょっと面白い気がする管理人。
可動バイザーを跳ね上げた状態は、ひょっとしてトレール系にも似合うのではなかろうか?
 

「ねこかんす」 トップページ      http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ        http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
「ねこのす」二輪車のページ      http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/bike_top.html
 
 
 
今回は価格と「在庫あり購入可能」で選定した。
この中で色やサイズが選定可能である。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

今晩は。
バレル使っています。シールドは画期的に便利ですよ。風切り音もOKレベル。あごひももワンタッチだし。メガネ付けたままでも脱着しやすい。欠点はチンガード開けると重量バランスが悪い。幅があり原付のメットインスペースには入らなかった。ベンチレーション機能がいまいちですか。
けど安い割にとても良く出来ていると思う。チンガード開けるとウルトラ警備隊みたいだし気に入ってます。

2011/7/16(土) 午後 9:04 [ 白クマ ] 返信する

顔アイコン

白クマさんこんばんは。
白クマさんがバレルを使っているのは、実は知ってました。
実際に使われている方の情報は非常に参考になります。
やっぱりバレル面白いです。
メットインスペースに入らないのは気になりますが、一度試してみたいヘルメットです。

2011/7/16(土) 午後 10:13 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事