ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XT660Z運用開始

XT660Zの運用を開始した管理人。
■ 「ねこわさび」
イメージ 1
 
例によって管理人の運用する機材には、残念なことに妙な個体名が命名されてしまう。
本来なら特に意味もなければ、使う場面も殆ど無いこの個体名、本ブログ等では数少ない話題の一つとして意味を持つ事となってしまった。
 
・・・たいして重要な意味ではないが。
 
■ 「ねこわさびん」
管理人の勝手な命名規則では、「ねこ+わさび」は、「軽二輪クラス」「通勤運用」「不整地走行」を意味する名称。
XT660Zテネレは、自動二輪車扱いで「軽二輪クラス」ではないので、本来なら別の名称を命名するべきなのだが、命名の法則性など管理人以外には何の意味も無いので、そのままにしてある。
縁起がいい名前を新しく考えるのはメンドクサイしな。
 
ちなみに、管理人は食品の「わさび」が好きなので、「ねこわさび」は、気合を入れて導入したバイクに付けようと長らく温存しておいた名前である。
 
それから、「ねこわさび」という一般名詞を使うにあたり、インターネットで検索をかけても、目当てのページを探せないことが予想された。
(以前「ねこかん」(←「ねこのすかんりにん」を省略したつもり)というブログ名を使ったため、猫の缶詰や、その他謎の集団と同じ名称となり検索で自分のブログが見つけられないという事態になった反省から。)
 
今回は、検索の容易性を考えて、補助的に「ねこわさびん」という文字列を(こっそり)入れておいた。
試しにヤフーとグーグルで検索をかけておいたが、現時点で「ねこわさびん」という文字列は見つけられなかった。
(ついでに「ねこわさび」も検索をかけてみたが、こちらの方は、予想通り「謎のサイト」が多数ヒットした。)
 
状況からして、そのうち「ねこわさびん」の方が正式名称になりそうな気がする。
 
それから、呼出符号は「ねこわさ」である。
 
正直、どーでもよい事だがな。
 
■ とりあえず、乗ってみた感想 ヤマハXT660Z テネレ
・ 跨いで直ぐに分かる。 シート高が高い。
管理人がシートに跨った状態で、片足を完全に地面に着けると、もう片足が足の指の付根くらいまでしか接地しない。両足を接地しようとすると、両方のかかとが浮いてしまう。
 
最近、両足べったり接地するようなシート高のバイクにしか乗ってこなかったので、両足が完全に接地しない状態でバイクに乗るのは久しぶりである。
なので、渋滞路を走るのは非常に面倒である。
だいたい、信号待ちでギヤをニュートラルに入れて、左足を地面に着けて待機していた場合、発進のためギヤを一速に入れなおすには、一旦右足を地面に降ろして、左足を上げてギヤを一速に入れねばならない。
 
これがXTZ125等であれば、右足を地面に着かずとも、左足を一瞬持ち上げて、ギヤを一速に入れ、再度左足を着いて発進。
もしくは、発進のタイミングにあわせて、左足を上げてギヤを一速に入れ、そのまま発進してしまう。
単に足つき性の良さだけでなく、軽さからくる(万一バランスを崩した場合でも簡単に立て直せる)安心感のおかげではあるが、普段こんな楽なバイクに乗っていると、急にシート高が高いバイクに乗ると、非常に面倒に感じる。
 
・ とりあえず、振動はある。
普段、XTZ125のような振動が少ないバイクに乗っていると、排気量660cc4サイクル単気筒エンジンの振動は大きく感じる。
排気量とパワーを考えれば「元気なエンジン」だということだろう。
あと、振動も単気筒ならではの「振動」である。
このあたりは、「振動」というよりも、「鼓動」と言った方が良いXT1200Zスーパーテネレ等とは質が異なるように思われる。
 
・ (エンジン付近に)熱気はある
(XTZ125は、通勤運用でも足元が熱く感じることはマズ無い。)
もし、XT660Zで同様の走行をすれば、夏場にはかなり熱くなることと思う。。
 
・ 外観のデザインは楽しげ。
XT1200Z「スーパーテネレ」は、地味な外観に対して、中味はエンジンが新設計だったり、樹脂製のメーターステー、ABS・トラクションコントロール等の新機構が惜しみなく投入されているのに対し、
XT660Z「テネレ」は、攻撃的な外観デザインに対して、中味は結構保守的である。
どこかで見覚えのあるエンジン外観や、メーターステーも金属製パイプ、ABSやトラクションコントロールは装備されない。(2011モデルはABS付きモデルが設定された模様である。)
 
・ 懐かしい
以前、「初代ねこまんま」としてXTZ660「テネレ」に乗っていた管理人。
今回のXT660Zテネレ「ねこわさび」に乗ってみて、「凄く懐かしく感じた。」
乗り味はもちろん、エンジンの形状から、ダウンチューブ下にあるエンジンオイル配管ホースの造りまで、何もかもみな懐かしい。
 
とりあえず、気付いたところを上げてみた。
 

 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事