ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ ツラーテック GDハンドプロテクター(黒) の取り付け

■ Touratech hand protectors GD Yamaha XT660 Tenere black
 
前回まで、北海道行きに向けて、「エンジンガード(ラージ)」 「その2」「ヘッドライトプロテクター(クリア)」ツラーテックの商品を XT660Zテネレ 「ねこわさび」 に取り付けてきた管理人。
 
今回もツラーテックの商品取り付けである。
 
日本国内全体で、一体何台の「XT660Zテネレ」が生息しているのか知らないが、テネレの改装作業を行った内容をブログに上げたところで、需要があるとは思えない。
 
が、それでもわざわざブログに上げてしまう管理人。
 
念のため確認しておくと、他に上げる内容が無い訳ではない。
 
 
■ ハンドプロテクターを装着セヨ!
XT660Zテネレには、標準ではハンドルを握るライダーの手を保護するものは装備されていない。
 
管理人は、これまで乗ってきたトレール系バイクには、小枝程度の手への直撃を避ける事ができる、簡易的なプロテクタ(所謂「ナックルガード」)を取り付けるようにしている。
 
ちなみに、「金属フレームが入った、ハンドガード類」は、これまでは使用していない。
 
なお、管理人のハンドプロテクターに対する要求は、
・ 小石や小枝程度の手への直撃を防ぎたい。
・ 寒冷期に、手が冷えて寒くなるのを防ぐため、手に直接当たる風を防ぎたい。また、ハンドルカバーを装着した際に、レバー類が風でおされて運転し難くなるのを防ぎたい。
というものである。
  


■ 注意事項
管理人が取り付け作業を行った際には、ツラーテックジャパンのサイトにある「取扱説明書(日本語)」を閲覧できなかったが、なぜか本日確認した際には閲覧できた。
という訳で、管理人が作業した際には、取扱説明書の日本語版を見ることなく作業を行っている。
例によって、この内容を作業時の参考にしないように。
■ 部品の確認
 到着したハンドプロテクター(黒)
組み立て前に、部品の確認を行う。
イメージ 40
梱包の様子。
 
イメージ 39
梱包時は、重量約630グラム。
 
イメージ 41
付属の部品。
車種専用のステーに、各車共通のプロテクターを取り付ける。
 
イメージ 42
ハンドルプロテクタ本体。
 
イメージ 43
管理人が作業した際には、ドイツ語版しか説明書を見ることができなかった。
 
イメージ 3
本体を除き、今回の作業で必要な部品は、全て袋の中に入っている。 
 
イメージ 2
各パーツの状況
 
ちなみに、
イメージ 4
ハンドル中央側、ステー(樹脂製)の重量、2個で約140グラム。
 
イメージ 5
ハンドル端部に取り付ける、ウェイトとキャップボルト他。
2個で重量約150グラム。
 
 
イメージ 6
本体(左右の2個あわせて)は、重量約330グラム。
 
イメージ 7
という訳で、取り付け金具類を仮り組みした様子。
 

■ XT660Z テネレ の確認
「ハンドルの端部」にもガードの固定箇所があるタイプのハンドプロテクターを取り付ける際に、管理人が問題にするのが、「実質的な車幅=ハンドル幅」が増加すること。
イメージ 8
そこで、XT660Zのハンドルバー端部に標準で付いている、ウェイトの確認。
グリップ端部から、約55ミリメートルの位置にウェイトの端部がある。
 
イメージ 9
そして、左ハンドル(標準状態)を上から見る。
 
イメージ 10
同じく、右ハンドル(標準状態)を上から見る。 
 
イメージ 11
そして、ハンドルを左側にロックするまで切った際の、右側レバーと車体との隙間の確認。 
 
イメージ 12
画像では、約30ミリメートル。
 
イメージ 14
同様にハンドルを右側いっぱいに切った際の、レバーと車体との隙間。
 
イメージ 15
 
 

■ 作業開始
取り付け前の準備。
イメージ 16
バランサーウェイトを取り外す。
 
イメージ 17
(使用工具8mmヘックス)
 
イメージ 18
ウェイトを外して、 
 
イメージ 19
ハンドルバー端部に、ウェイト取り付け用のネジが切られている。 
 
イメージ 20
ツラーテックのウェイトを取り付けて、
 
イメージ 21
スロットルの動きを確認、 
 
イメージ 22
当然ながら、引っ掛かるような事はない。
 
イメージ 23
仮でハンドプロテクター本体をあわせてみる。
 
イメージ 24
ハンドル内側に取り付けるステーを仮留め。
 
イメージ 25
ハンドル内側とハンドル端部の両方で仮固定し、
 
イメージ 26
ハンドルを左右に切って、車体と干渉することが無いか、慎重に確認を行い、
 
イメージ 27
固定する。
 
イメージ 28
普通に組んでしまうと、ハンドプロテクター本体と、スクリーンとの隙間は極小、もしくは軽く接触する。
 
イメージ 29
 そこで、ハンドル端部、ハンドル内側の取り付け部分を微調整して、車体と干渉しない位置を探していく。
 
イメージ 30
通常であれば、マスターシリンダーやクラッチレバーのホルダ、ハンドル本体の調整は行う必要がないと思うが、状況によっては、これらも調整すれば、たいていの場合取り付けに支障はないと思う。
 
イメージ 31
ブレーキのマスターシリンダー側の様子。
 
イメージ 32
調整後のスクリーンと、ヘッドライト裏側のカバーとの隙間。
 
イメージ 33
赤矢印で示している位置のタイラップが「もともとあった位置」に、内側のステーを取り付けている。
赤矢印で示しているのは、移動後の位置。
 
イメージ 34
右側ハンドルバーを上から見る。
 
イメージ 35
左側ハンドルバーを上から見る。
 
イメージ 36
ハンドプロテクターの端部を見る。
 

■ 「ハンドル幅」と、「重量」の変化を確認してみる
ハンドル幅が気になる管理人は、
イメージ 37
計測してみた。
グリップ端部から約30ミリメートル。
 
イメージ 38
そして、標準のウェイト二つの重量は、約920グラム。
 
イメージ 1
そして、ハンドプロテクターを取り付けたXT660Z テネレ 「ねこわさび」 
 
イメージ 13
車体全体ではこんな感じ。
 
 
まだまだ突貫工事は続いてしまう。
 


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 


イメージ 34

「YAMAHA」 の 「テネレ」 → ハンドプロテクター

 
今回の北海道には間に合わないと思うが、とりあえず発注である。
 

閉じる コメント(2)

グリップエンドウエイトが軽く成ると、振動が増えるのでご注意下さいませ。
私はスーパーウエイトの装着、ノンショックハンドルに交換、ハンドルパイプ内に装着するウエイトで対応しました。全部を馴染ませるのに、時間がかりましたね
結果は、ウエイト増設が最も有効と思います。
やっぱり、ノーマルのバランスは良く考えています。
あくまで私感ですが、、

2011/7/27(水) 午前 3:15 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

顔アイコン

単気筒の振動も問題ですが、管理人は「デッドウェイト」というものが嫌いなのでございます。
どうせ「重り」が必要なら、車載工具とか、タイヤレバーとか「どうしても必要な重いもの」を収納するとか、何か必要な物を有効に活用したいと思っています。
とりあえず、左右のガード内にタイヤレバーを仕込む事を考えています。
(しばらく先ですが)

2011/7/28(木) 午後 7:24 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事