ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

2011年夏に、ヤマハ XT660Zテネレ「ねこわさび」で行った北海道ツーリングの記録について、
今回はその1、出発前日から出発当日、フェリーで移動中、北海道に到着した日の話である。
 


■ 2011年7月27日(水)
北海道への出発前日。
イメージ 9
とりあえず、高速道路を使って、テネレ「ねこわさび」で試走してみる。
 
なにしろ、XT660Z「ねこわさび」の導入後、1ケ月も経過しておらず、そのうち前半はほとんど「手付かず」状態で、後半に「エンジンガード」や「キャリア」等の取り付けはなんとか行ったものの、ほとんど実走行ができず、慣らしも終わっていない。
こんな状態での、「初の北海道行き」になってしまった。
 
という訳で、少しでも「初期不良を潰す」意味も込めて、前日夜間に「実際に北海道へ持っていく(予定の)装備」を積載して、高速道路を走ってみた。
 
なお、この時点では、
・ タンクバッグの固定方法が、タンクキャップ基部に金具を取り付けてバンドで固定する方法である。
・ タンデムシートの上の荷物が、手提げかばんである。
という点が、翌日出発の時と異なる。
 


■ 2011年7月28日(木)
前日の試走の結果、主に以下の点を緊急で変更。
・ タンクバッグの固定方法を変更。(タンクキャリア方式に変更・詳細は後日)
・ フェリー内に持ち込み用のタンデムシート上に載せた「手提げかばん」に、実際にカップ焼きそば等の食料を追加したら、入りきらなかったので「そのへんのダンボール箱」に変更。
 
 
もちろん、特に深い意味は無い。
 
 
 
 
準備が出来次第、「ねこのすⅡ」を出発する。
なお、フェリーの予約については、もちろん当日の出発直前に電話にて行っている。
出発後は、直近で給油を済ませ、直ぐに高速に乗って、敦賀I.C.で降り、フェリー乗り場まで直行。
新日本海フェリー、敦賀フェリーターミナルに到着。
 
イメージ 2
なんとか間に合った。
 
イメージ 1
管理人には珍しく、出航1時間以上前にはフェリー乗り場に到着した。
乗船順に並んだバイクの最後尾に「ねこわさび」を停め、受付で乗船手続を行う。
 
イメージ 8
厳密には日付が変わって翌29日、出航約30分前になってバイクの乗船開始。
 
フェリーの車両甲板にバイクを積載した後に、四輪車の積載が始まる。
イメージ 4
車両甲板に載せられたXT660Zテネレ「ねこわさび」。
基本的に車両に乗せた荷物は降ろすようになっている。
画像はタンクバッグと、左右サイドケースを車両前方の網棚に載せてある。
 
イメージ 3
トップケースも下ろした状態。
甲板への拘束も完了した。
ちなみに、管理人の場合
ヘルメットは船内に持っていく。
トップケースは、船内での「保管庫代わり」に使用するため、内部の荷物を入れ替えてから、船内に持ち込む。
 
イメージ 5
二輪車の積載が完了した後、四輪車の積載が始まる。
この時期なので、四輪車もほぼ甲板一杯になる。
 
車両甲板から、船室に移動。
イメージ 6
船内の案内所前、
 
乗船が終わったら、
イメージ 7
とりあえず、船内の売店で缶ビールでも購入して、後部デッキに出てみる。
敦賀から苫小牧に向かう便の場合、出発が深夜になるため、アルコール類を自船内の動販売機で購入することができない。
出航時には船内売店が営業しているので、営業時間中にすかさず購入。
 
後部デッキで出発の祝杯を上げとく。
 
出航後、間もなく消灯時間になってしまうので、浴室にも急いで行っておく。
 
祝杯を上げて、風呂にも入ったら、北海道の夢でも見ながら、大人しく寝る。
 


■ 2011年7月29日(金)
 
フェリー「すいせん」に乗っていれば、何もせずとも北海道に到着する。
「バイク乗り」としての立場からすると、バイクに乗れないので寂しい気もするが、北海道にバイクを持って行くには、現時点では海を越えざるを得ないので、自走して(青森あたりまで)行っても、最終的にはフェリーに乗船せざるを得ない。(列車や飛行機での移動は考慮していない)
とりあえず、乗船した以上は、焦っても仕方ないので、のんびりしながら休息の日である。
 
 
 
朝になって、食事を済ませて、やっぱり風呂でも入っておく。 
イメージ 10
浴室の様子。
前日までの激務が嘘のよう。(うそ)
 
 
敦賀から苫小牧まで、船内で20時間近く居る訳だが、(睡眠時間も含めて) 
イメージ 11
管理人のように、気が長い人ばかりとは限らないので、船内ではそれなりのアトラクションもあったりする。
画像はジャグラーのお姉さん。
他に、ビデオ上映や、ビンゴ大会もあったりする。
 
管理人は、食事・風呂・睡眠のローテーションを数回繰り返して、北海道での活動に備えてひたすら休息である。

■ 新潟 豪雨 前線 雲行き
そして、後部デッキでも昼寝していたりするのだが、
新潟沖付近を通過する際、たまたま目が覚めて、空模様がちょっと気になった管理人。 
イメージ 14
空に前線と思われる雲の線が出来ていた。
念のため撮影しておいた。
 
イメージ 15
ちなみに、この画像を撮影したのは、正午頃。
 
船上では雨は降らなかったようだが、この頃、新潟付近では豪雨でかなりの被害が出ていたそうである。
当時の管理人はその状況を知らず、後日知り合いから教えてもらったのだが。
 
 
その後もやっぱり「ひたすら休息」に努める管理人。
ときどき退屈しのぎに後部デッキに出る。
そして19時頃、まだ陽があるうちに津軽海峡を通過する。
その際、北海道の陸地が視認できた。
イメージ 16
北海道の恵山。
これまで管理人は、もっと遅い季節に北海道行きのフェリーに乗船していたため、北海道付近を通過する頃にはすっかり日没後だった。
そのため、これまで北海道の陸地を目視した記憶がない。
 
今年は珍しく7月中に北海道へ渡ったので、夕陽の恵山を目視することができた。
 

 
そして、苫小牧に到着する頃には、 
イメージ 17
車両甲板が開放され、バイク乗り達がバイクに荷物を積載し始める。 
このCB1300SF乗りとは、いろいろ話をして、後日石狩付近ですれ違っている。
 
そして、接岸作業が完了し、四輪車の下船が終わると、 
イメージ 18
バイク乗り達が野に放たれる。 
 
イメージ 19
バイク乗り達。
 
そして、管理人と「ねこわさび」も下船。
イメージ 20
ひとまず、フェリー「すいせん」とXT660Zテネレ「ねこわさび」。
 
イメージ 21
ポジションランプの点灯状態。
 
イメージ 12
ヘッドライト点灯。
 
イメージ 13
敦賀から運んでもらったフェリー「すいせん」
ご苦労さん。
 
他のバイク乗り達が街に出た頃、
苫小牧東港から、厚真I.C.に移動。
 
とりあえず、早来付近に移動、
翌日からの活動開始に備えて、もう一回休んでおく。
 

関係記事
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 

船内で保管庫代わり・・・
仮にコレを盗まれても、船を降りる時には犯人を見つけられると思う。(デカイからな・・・)
(良い子は貴重品は船内案内所へ預けるように)

閉じる コメント(10)

顔アイコン

奇遇です。同じトップケースで同じtenere。。。。
何でも放り込めます。重たいけど重宝します。

2011/8/10(水) 午後 8:46 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

顔アイコン

タクチャン 8歳、8kg。さんこんばんは。
お奨めしといて言うのもなんですが、今の管理人は「四角いトップケース」が欲しい病にかかってしまって、新しいトップケースを導入したいばっかりです。
使いやすくて、50リットルの大容量は魅力ですが・・・。
また箱が増えてしまう。

2011/8/12(金) 午前 2:59 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

フェリーの旅はいいですね。お風呂なんかも初めて見ました。
バイクのバックはともかく、ケースも外すのも知りませんでした(@_@)

2011/8/12(金) 午後 0:01 ちっち 返信する

アルミケースは軽くて丈夫ですよ!、椅子やテーブルになります。
サイドケースと3点セットは迫力満点です!

2011/8/13(土) 午前 5:39 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

顔アイコン

ちっちさんこんばんは。
甲板に拘束後、バイクの荷物を降ろすのは、おそらくフェリー側の都合で「できるだけ(スタンド折れや拘束フック外れ等の)事故を減らしたい」からだと思います。
車両甲板では、ハンドルロックして、1速に入れて、荷物を降ろすようにと言われますが、ケースは自己責任で外さないのも有りだと思います。(ドゥービルとか、PC800といった物理的にケースが外せない機種もあるので)

2011/8/17(水) 午前 1:40 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

タクチャン 8歳、8kg。さん、ただいま四角いケースが欲しくて仕方ありません。
アルミケースも丈夫で気になります。
ただ、今あるケースを何とかしないと、これ以上箱ばかり増えるもの問題なので・・・。

2011/8/17(水) 午前 1:43 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

何だかバイクが少ないですね。
フェリー内のバイクはその一列だけですか?
昔は縁にびっちりと詰め込まれていたものですが…
あぁ懐かしいなぁ。
ツーレポ楽しませていただいています。

2011/8/20(土) 午後 5:55 [ yano ] 返信する

顔アイコン

yanoさんこんばんは。
フェリー内のバイクの列は、管理人XT660Zの船尾側に並んだバイクしか写っていませんが、反対の船首側にも数台並んでいました。
それでも最盛期、バイクブームの頃とは比べられないほど少なくなっていますね。
出発当日予約でもバイクが乗せられるくらいです。

2011/8/22(月) 午前 2:26 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

初めまして、XT660Zの購入を検討して読ませていただいてます。
記事に登場のCB1300、私の知り合いです。
今月頭、一緒に北海道走ってました。

今はDR650なんで重さでちょっと悩んでます。

2012/8/13(月) 午前 11:45 [ is0*t*555 ] 返信する

顔アイコン

is0*t*555さんこんばんは。
CB1300さん、フェリー内で写真を撮ってもらった気がします。
日本も狭いものですね。
DR650も良いバイクだと聞いています。
デザインだけでもテネレは乗る価値があると思いますが、重さは??です。

2012/8/14(火) 午前 1:48 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事