ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

2011年夏に、ヤマハ XT660Zテネレ「ねこわさび」で行った北海道ツーリングの記録について、
今回は7日目のその5編。
 
羅臼から走りだして、なんとかフェリー乗り場がある苫小牧近辺までやってきた管理人。
 
意外なことに、「フェリーの乗船時間」(22時頃)までには、多少余裕を残しての到着となった。
 
 
前回、フェリーに乗り込むところまでを#15として仮アップ(一部、なぜか意味不明の謎の文章になっていた?)しておいたのだが、その後に内容を書き込んでいったら、「字数5,000文字以内」という制限に引っ掛かってしまった。
止む無く一部を切り離しておいたのだが、その際切り離したものが、今回の#16になっている。

■ 2011年8月4日(木曜日)

富川・苫小牧あたり
国道237号線を走ると、富川あたりで、太平洋側に出るのだが、
イメージ 2
海岸線近くまで出ると、海の湿った空気が流入・地面と海面の温度差?のためか、濃霧が発生している。
雨では無いのだが、走行するとバイクも管理人も濡れてしまう。
前日の釧路あたりと似た状況である。
 
前日の釧路では、「まだ道内で一泊できる余裕がある状況」だったので、羅臼まで退避できたのだが、今日は苫小牧まで行かねばならない。
止む無く、雨カッパを着込んで走る管理人。
上の画像は日高自動車道の日高富川ICの高架下で撮影。
このあたりになってくると、カメラを出すのもメンドクサくなってくる。
(カメラは2つを併用していて、1つはペンタックスのオプティオW80・防水対衝撃仕様なので、雨の中でも使えないことはない。その場合、画質は気にしない。)
 
今回は日高自動車道を通らずに苫小牧東港まで移動。
 
そして、思ったより早く厚真町(苫小牧東港入口)に到着した管理人。
「ぎりぎりフェリーの乗船時間(22時頃)に間に合うか?」と予測していたのだが、拍子抜けである。
どうも管理人の日頃の行いの良さが現われてしまったたようだ。
 
まだ時間に余裕があるので、船内での食料等を買出しするために、苫小牧市街へと移動する。
 
日高自動車道で厚真ICから、沼ノ端ICまで走り、苫小牧市街近くにある大型ショッピングセンターにやってきた。
イメージ 3
久しぶりに人(観光客ではなくて、普段の生活をしている人たち)がたくさん居る場所に来た気がする。
 
イメージ 4
バイクを駐輪場所に停めて、ジャスコでお買物。
時間に余裕があったら、地元のスーパーにも行きたいのだが、今回はそこまで余裕が無かったので、地元スーパーはまたの機会に行くことにしよう。
 
そして、ジャスコで船内食料等は買出しできたのだが、
買占めしようと思っていた、「羊羹パン」、「サンスネーク」の類がひとつもない。
 
これは一大事である。
 
 
北海道のお土産で、六花亭のマルセイバターサンド花畑牧場の生キャラメルやチーズ等のメジャーな品々は既に発送してあるのだが、北海道のお土産として「ようかんぱん」を希望する知り合いも居るので、最終日に「ヨウカンパン」を買って、そのままバイクに積んで帰るという計画になっていた。
 
しかし、ジャスコ苫小牧店のパンコーナーに行って見ると、
「羊羹パンが一つもない・・・」
食パン売り場だけでなく、店内でパンを焼いて売っているコーナーにも「羊羹パン」がない。
そういえば、去年もジャスコでは「サンスネーク」一袋だけしか売っていなかった・・・。
 
止む無く、近所のコンビニ、セイコーマートだけでなく、セブンイレブン、ローソン等も含めて片っ端から入って店員に聞いて見るのだが、どこの店も、
「ようかんぱん?  無いですねー。」
の回答ばかり。
 
これは困った。
 
 
・・・結局、時間を気にしながら、6軒ほどコンビニを回ったのだが、全く「羊羹ぱん」は見つからなかった。
 
前年は、当日ジャスコで1袋、近くのコンビニをはしごして、なんとか必要量の「羊羹パン」を調達できたのだが・・・
今年は「収穫0」となってしまった・・・。
 
 
 
しかたがない。 職場では、
 
「震災の影響で、羊羹パンは 入手できませんでした。」  ということにしておこう。
 
 
 
フェリー乗り場にて
先ほど、乗船時間まで余裕があると思っていたのだが、日高自動車道を(通常より急いで)走って苫小牧東港の新日本海フェリーのフェリーターミナルまで戻ると、
すでにバイクの乗船が始まっていた。
 
危うく、フェリーに乗り遅れるところだった。
(言うまでもなく、ヨウカンパンの欠品が原因である。 これでもしフェリーに乗り遅れていたら、「ヨウカンパン欠勤」として職場に新たな伝説を作っていたのかもしれない。)
 
すかさず、乗船券を確認する係員の前に並ぶバイクの列の最後尾に並び、乗船券を見せて、そのままバイクの最後尾で乗船する。
(なお、その後にも1台バイクが追加で入ってきた。参考まで、本当に「ぎりぎり間に合った状態」だったら、四輪車の積載が終わってからでもバイクを載せることは可能である。良い子は真似しない方が良いが。
 
敦賀で往復乗船の手続を完了していて、復路の乗船券を既に持っていたので、受付窓口を通らずにそのまま乗船可能である。
イメージ 5
そして、フェリーターミナルではバイクから一歩も降りることなく、乗船完了してしまった。
 
荷物を降ろして、船内で必要な食料等は船室に持ち込む。
 
ちなみに管理人はヘルメットは船内に持ち込む主義である。
荷物が多くなるのを嫌って、車両甲板にヘルメットを置いていく人も多いと思う。
自分が被るヘルメットなので、どちらでも好きな方を選べばよかろう。
 
イメージ 6
バイクの甲板への拘束完了。
 
フェリー船上での「お作法」
乗船したら、すかさず売店でビールを購入して、後部デッキで祝杯を上げておく。
北海道へのお別れで、のんびりしたいところなのだが、当然ながら「深夜の酒類販売は無い」ので、出航後しばらくすると、売店は閉まってしまうし、船内の自販機も深夜は酒類を販売していない。
 
とりあえず、祝杯をあげてから、風呂に入って一息。
 
風呂も売店と同じく、出航後しばらくすると、入れなくなる。
 
あまり長時間のんびりしていると、風呂に入れずに寝なければならなくなる。
 
管理人くらいワイルドでタフになってくると、「それもまた良し。」なのだが、せっかく夜間に売店を開けて、風呂を準備してくれた新日本海フェリーの皆さんの為にも、どちらも利用させていただくことにしよう。
 
ひとまず、北海道にお別れをして、ゆっくり寝ておこう。
 

2011年8月4日(木曜日) 7日目走行ルートのまとめ
イメージ 1
主な経由地
羅臼 知床横断道路 ウトロ 斜里 清里・さっつる 野上峠 摩周湖 摩周アイス コタン温泉 和琴半島 津別峠 美幌峠 美幌航空公園 活汲峠 北見 回転寿司トリトン おんねゆ温泉 石北峠 大雪ダム 三国峠 糠平湖 幌鹿峠 然別湖 白樺峠 扇ヶ原PA 鹿追 石勝樹海ロード 日勝峠 穂別国道 樹海ロード日高 日高国道 にぶたに湖 沙流川 富川 苫小牧 厚真
本日の走行距離 631キロメートル。
 
 
 
・・・ 残念ながら、あと1回くらい続いてしまう。
 
 
 
 

関連記事

 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
管理人の場合、変なテレビ番組で紹介されると、購入意欲が(思いっきり)そがれるのだが、
安くて、軽くて、多人数に配ることができて、なおかつ北海道らしい、「ようかんぱん」を紹介しようと、一生懸命探したのだが、どうしても見つからなかった。
よって止む無く「ヨイトマケ」である。
「ようかんぱん」も残念ながら同番組で紹介されてしまったがな。)
 
さぁ、変なブログで紹介したので、思いっきり購入意欲が下がったであろう!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

他の端末では画像が見られなかったので、再度画像をアップしなおした。
多分見られるようになっているはず。

2011/9/9(金) 午前 2:59 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

北海道ツーリングレポが面白く、過去記事まで遡って読ませていただきましたが
「震災の影響でお土産が買えなかったことにしよう」
2011年の夏にこの言いようはないと思います
4年も前の記事にすいませんが素直な感想です 削除

2015/3/7(土) 午前 3:17 [ 23才 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事