ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

錆の状況

XTZ125「ねこちやづけ」のマフラーは、標準のスチールマフラー(黒塗装)である。
最近はチタンマフラー等も出てきたようだが、「ねこちやづけ」にそんな高級なマフラーが付く事は、よほど高性能のマフラーが開発されたと確認されない限りは、(当分の間は)ありえない。
 
そして、日々酷使される「ねこちやづけ」
スチールマフラーが錆びてくるのも、極めて当然である。
 
これまでの経過
本車のマフラーについては、
導入当初に錆予防のため耐熱スプレーで塗装しておいた。
http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html 「新車のうちに」  )
 
その後、 マフラーの再塗装 その1 で錆を確認し、その2で錆を削り、その3で再塗装を行った。
 
そして、今回はその1年後、ちょっと古いが2011年3月頃の話になる。
 
錆の再発
前回と似たような場所に錆が発生した「ねこちやづけ」
イメージ 1
 
イメージ 2
マフラー下部の水抜き穴から下にかけて錆が激しい。
冬季に「路面凍結防止剤」(「融雪剤」)が積もった路面を走行するので、その成分がタイヤで撥ね上げられて付着する影響のほかに、シリンダー内の洗浄を行った薬品がアルカリ性なので、その影響が出ているものだと思われる。
やはり、このあたり、薬品を使用した後には、しっかり洗浄しておくべきだろう。
 
イメージ 5
その反対側、上面の様子。
 
イメージ 4
最近はDIY店で(本体が)2000円以下程度で売られているようだが、電動グラインダーにワイヤーブラシを付けて錆を削る。
なお、グラインダー等の電動工具を使用する際には、身体防護は確実に実施しておいた方が身のためである。
特に、回転工具を使用する際には、眼球の保護(防塵メガネ等)を忘れないように。
もちろん、管理人も眼球保護だけは確実に実施している。
 
イメージ 6
とりあえず、おおよその錆を削り落として、
 
イメージ 7
鉄の地肌はこんな感じ。
 
イメージ 8
少し引いて撮影。
 
イメージ 9
その反対側
 
イメージ 10
削ったのはこの範囲。
 
その後、軽く薄めたサビチェンジャーを塗って、残った皮膜は水洗いで除去。
その後軽く耐熱スプレー(黒)を塗って終了しておいた。イメージ 3
とりあえず今回は、「軽く様子見」といったところ。
 
次回は何か対策を考える。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
  とりあえず、高級な道具でなくても良いので、実際に作業を行ってみる事が必要な場合もある。
 管理人が行うような「素人作業」では、特に高級品でなくても用が足りてしまう場合が多い。
(特に電動工具系)

閉じる コメント(3)

顔アイコン

管理人さん今晩は。

私も購入当初アドバイスに基づきマフラー黒塗装しました。おかげできれいな状態を保っています。

けれどマフラーは換えるつもりです。

台風で大雨の被害ありませんでしたか?

2011/9/7(水) 午後 8:50 [ 白クマ ] 返信する

顔アイコン

白クマさんこんばんは。
ひょっとすると、しばらく前に出来たチタン系のマフラーですか?
交換したら参考にさせてください。
幸い台風では被害はありませんでした。

2011/9/9(金) 午前 1:39 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

若干修正した。

2011/9/9(金) 午前 1:56 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事