ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

ヤマハXT660Z「ねこわさび」に「GIVI箱」の運用能力を獲得するために

前回、
でSW−モテック製のパニアケースステー「クイックロック EVO サイドケースホルダー」を調達し、取り付け準備を開始した管理人。
 
この「クイックロック EVO サイドケースホルダー」を車体(ヤマハXT660Z「ねこわさび」)に取り付ける前に、「サイドケースホルダー」のGIVI用のアタッチメントを「サイドケースホルダー」本体に取り付けておいた方が作業効率が良いので、ここでちょっとGIVI用アタッチメントについての話。
 
GIVI用のアタッチメントについて
管理人はGIVIのサイドケース(以下「GIVI箱」)を運用するために、本SW-モテックの「クイックロック EVO サイドケースホルダー」を導入するのだが、この場合、「サイドケースホルダー」にGIVI箱を取り付けるためのアタッチメントを取り付ける必要がある。
(逆に言えば、このアタッチメントを入れ換えれば、他のブランドの箱も取り付け可能になる。)
 
 
ちなみに、本家GIVIでは、XT660Ztenere用のサイドケースホルダー(ラック)が用意されている。
 
ここで、本ブログを御覧の良い子達は、
素直に本家GIVIのXT660Ztenere用のサイドケースホルダーを導入すれば良いのではないか?」と思われるだろう。
 
しかし、本家GIVIのXT660Zテネレ用サイドケースホルダーは、V35というサイドケース専用・しかも左右別のケースしか取り付けすることができない。

これは管理人が現在保有しているGIVI箱、E35E50をサイドケースとして運用できないばかりか、左右やトップのケースを入れ替えして運用することさえもできない。

なぜ、最近のGIVIはこんな方向に進んでしまうのか不明だが、
(多少横幅が縮小したり、空力的には有利なのは理解できるが、それほど劇的に変わるとも思えん。実際、最近の箱は四角く、角張った形が流行である・・・。)
 
管理人にとって、せっかくのGIVIの長所を自ら潰す方向だと管理人は思っている。
 
 
管理人の「箱」と「箱の運用」について
管理人としては、普段(の街乗りで)は小型のトップケースのみを取り付け、ツーリング時には、大きい「箱3つ」に乗せ換えて、運用するという使い方をしている。

具体的には、
現時点で、大型トップケース(E50)と、中型のサイドケース(E35)をツーリングで使い、
小型のトップケース(普段XTZ125に取り付けているヤツ)を街乗りでは使う。
正直、これは非常に便利である。
 
これが、最近のGIVIでは、
モノキーケースは大型ケースのみ
モノロックケースは小型から大型まであるが、サイドケースとしては運用できない。
(一時期あったはずの、モノキーとモノロックの両用として使えるケースは廃盤?になってしまったのか??)
 
という訳で、今回ヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」には、これまで長らく運用してきた
GIVIから他ブランドのケースに乗り換えをしなければならないか?」
と考えたのだが、今回、SW-モテックの「クイックロック EVO サイドケースホルダー」を見つけて、(経費的・納期的な問題もあって)GIVI箱の運用を続けようと思ったところである。

 
GIVI用アタッチメント取り付け作業開始
そろそろ実際の作業開始。
イメージ 1
アタッチメントの部品。
もともとステー本体側に各種ブランドのケースが取り付け出来るように考慮されているので、アタッチメントは非常にシンプルな構成である。
 
イメージ 2
そしてその説明図。
やっぱり、文字は読めなくても、作業できそうである。
(念のため確認はするが)
 
イメージ 3
各部品の画像付きリスト。
画像付きというのは、気が利いている。
これがドイツ人の気配りというやつか。
 
そして取り付け。
イメージ 4
とりあえず「キノコ」を取り付けて、
ここがモノキーケースの下側を支えることになる。
 
イメージ 5
ゴムのプロテクタも取り付け。
 
イメージ 6
GIVI箱のロックを受ける部分も取り付け。
ここがGIVI箱の上部を固定する。
 
イメージ 7
こんな感じ。
 
イメージ 8
ラック本体の裏から、スクリュ2本で留める。
 
これでGIVI用のアタッチメント取り付けは完了である。
 
 
そして次回からは、「クイックロック EVO サイドケースホルダー」のステー取り付け作業を開始する予定である。
 

 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
  
そして今回も、管理人が XT660Zテネレ 「ねこわさび」 で運用中の商品そのもの。
ちなみに、KAPPAも使える。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

若干修正実施。
「クイックロック EVO サイドケースホルダー」を「アリュラック」(リアキャリア)と混同していたので、全般的に語句修正した。

2011/9/14(水) 午後 9:54 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事