ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

トップケースの運用能力を獲得セヨ。

北海道ツーリングに出かける前に、なんとしても保有するGIVI箱(トップケース)の運用能力をXT660Zテネレ「ねこわさび」に与えたい管理人。
 
前回取り付けた「SW-モテック クイックロック EVO サイドケースホルダー」と同時に発注しておいた、
SW-モテックのキャリア、「アリュラック」 (もしくは「アルラック」と表記)
が届いているので、急いで取り付け作業を行う。
 
作業前の確認
イメージ 1
到着したアリュラック(本体)
 
イメージ 2
梱包を解いた状態。
下方の「ものさし」はサイズ比較用に別途用意したもの。
車体側にしっかりしたキャリアが元々用意されているので、非常にシンプルな構成。
 
「説明書1」
イメージ 12
SW-モテックのいつもの説明図。 注意事項や締め付けトルクの解説と、画像付き部品リスト。
 
「説明書2」
イメージ 13
部品の配置、組み立て図。
非常にシンプルな構成。
 
いつもの重量計測
イメージ 14
約750グラムといったところ。
 


「アリュラック」だけを取り付ける場合には、気にする必要が無いので、次の「横線」まで飛ばしていただきたい。
GIVI用アタッチメントについて
イメージ 15
管理人は、トップケースに「GIVI箱」を使用する予定なので、GIVI箱が取り付けできるよう、「GIVI用アダプタープレート(アタッチメント)」「アリュラック」に取り付ける必要がある。
 
「アリュラック」を車体に固定してしまうと、「GIVI用アダプタープレート(アタッチメント)」を取り付けできるようにする「金具」を取り付けるためには、再度「アリュラック」を車体から取り外さねばならない。
本来なら、アリュラックだけを取り付けて説明できれば良いのだが、管理人は北海道ツーリング前で時間に余裕がないので、「アリュラック」を車体に取り付ける前に、「GIVI用アダプタープレート(アタッチメント)」用の金具を「アリュラック」に取り付けておく。
 
イメージ 16
「アリュラック」本体の裏面側に、クイックロック用の受け金具を3個取り付け。
 
イメージ 17
こんな感じ。
 
 


車体への取り付け作業
イメージ 18
後席用グリップを固定する後ろ側のボルトのキャップを外し、ボルト(×2)を抜く。
ちなみに詳細は、以前の作業内容を参照のこと。
 
イメージ 3
同じくキャリア後端のスクリュ(×2)を外す。
やっぱり詳細は、以前の作業内容を参照のこと。
 
イメージ 4
「アリュラック」を固定するスクリュの取り付け位置、4箇所の様子。
 
イメージ 5
↑の「説明書2」のように、カラー(スペーサー)を4個置いて、
 
イメージ 6
同じく、「説明書2」のスクリュ4本で固定する。
 


完成
イメージ 7
という訳で、取り付けできてしまった。
 
イメージ 8
翌朝、明るくなってから確認。
 
イメージ 9
こんな感じ。
 
 
イメージ 10
ちなみに、取り付け前の様子。
(サイドケースホルダー・アリュラックとも未装着。)
 
イメージ 11
作業20110721-20110722
画像20110721-20110723
 
 

 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
  
今回の「アリュラック」
管理人は「キャリアを自作するよりも安くて高品質、かつ高機能(便利)」と判断。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事