ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

管理人がXT660Z tenere テネレ「ねこわさび」を整備した際の記録。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ウインドスクリーン(純正)の取り外し

XT660Z tenere には、標準でそれなりに防風効果があるウインドスクリーンが装備されている。
管理人の好みとしては、おおかたの予想通り、もう少し防風効果が高いウインドスクリーンが欲しい。
しかし、林道走行時等、不整地走行時には、前方がスクリーン越しでなく、直接見通しできた方が嬉しい。
(なにしろ、管理人のような素人は、不整地走行時に前輪付近が直接見えないと不安なのだ。)
 
という訳で、標準のウインドスクリーンは、防風効果と、不整地走行時の安心感とを両立する、よく考えられた形状・サイズだということになるのだろう。
 
よって、
・ 長距離ツーリング時には、快適性を考えて「MRAやGIVI等の大型ウインドスクリーン」に換装し、
・ 普段の街乗りや、林道走行時には、「標準のウインドスクリーン」を使用する。
という、「良いとこ取り」の運用法が考えられるが、管理人には「いつもの諸般の事情」があるので、実現するのはいつになるのか、まったくもって「予定は未定」状態である。
 
「ツラーテック」の脱着式「ウインドスクリーンスポイラー」を、必要に応じて「脱着する」という運用法であれば、「長距離ツーリング中の林道走行」でも、快適性と安心感の両立ができる気もするが・・・)
 
 
■ ウインドスクリーンの取り外し作業
ウインドスクリーンについて、いろいろ計画は考えたが、実現はまだ先である。
とりあえずウインドスクリーンの取り外し作業を行う。
 
イメージ 1
標準状態の様子。
黒色のプラスチック製スクリュ×6本でウインドスクリーンを固定している。
 
イメージ 2
プラスチック製スクリュを緩めて、
 
イメージ 6
とりあえず、スクリュを全て緩めてみた。
 
イメージ 7
スクリュを全て抜き取れば、ウインドスクリーンが外れる。
 
ウインドスクリーンの取り外し作業自体は、非常に簡単。
作業時間にして数分である。
 
■ 外したウインドスクリーンについて
せっかくウインドスクリーンを外したので、清掃・コーティングをしておいた。
「XT660Z tenere」のほか、透明スクリーンが「ウインドスクリーン」としてだけではなく、フロントのカウル部分も覆っているデザインのバイクがある。
これらのバイクを購入・運用する以前は、この透明部分の裏側「埃が溜まったりしないのだろうか?」と思ったものだが、実際に運用してみると、「やっぱり埃が溜まったりする・・・。」事が判明した。
イメージ 3
とりあえず、取り外しは簡単なので、清掃しておこう。
最近は、VFR1200とか、カウルに透明な部分がある車種が増えてきた気がする。
流行だろうか?
 
イメージ 4
ウインドスクリーンを横から見る。
問題になる歪みは無い模様。
管理人の座高を考慮すれば、スクリーン越しに前方を見る機会はほとんど無いと思われるが。
 
イメージ 5
参考まで、ウインドスクリーン前方中央にある、ヤマハの「音叉マーク」の裏側にある材質表示他、
YAMAHA 11D >PC<
 
 
 

 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
  
 
とりあえず、情報収集が必要なスクリーン

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事