ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 外装/パネルA・B(プロテクタ【上段】)の取り外し

管理人がXT660Z tenere テネレ「ねこわさび」を整備した際の記録。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
 
 
■ パネルA・Bの取り外し
外装のパネルAとB(管理人名、「プロテクタ【上段】の右と左」)を取り外す。
イメージ 1
画像の赤枠で囲った部分である。
ちなみに、上の画像で赤枠で囲われているのがパネルA(右側)、反対側がパネルB(左側)である。
 
イメージ 9
パネルの1枚(片側)に、六角のスクリュ2本で留められているので、
 
イメージ 10
六角レンチでスクリュを抜いて外す。(片側:ヘキサゴン4mm×2本)
 
イメージ 11
なお、カラーが挿入されている。
 
通常であれば、スクリュ片側2本を外せば、パネルA・Bの片側が外せる。
イメージ 2
外してみた(パネルB)。
ちなみに、画像ではパネルを分割した状態。
 
イメージ 5
パネル(B)を外した状態。
燃料タンク側にある穴2箇所に、パネルのピン2本を差し込んである。
 
イメージ 6
燃料タンク側の穴の様子。
マニュアルには記載されていなかったが、「ねこわさび」の場合、パネルのピンと、燃料タンクの穴の間には、画像に写っているゴム製のワッシャ(クッション)が挟み込まれていた。(片側2枚ずつ、左右計4枚)
 
 


■ 前方ウインカーの取り外し
イメージ 12
パネルA・Bのウインカーが付いている部分に、キャップボルトがある。(ヘキサゴン4mm)
 
イメージ 13
パネルA・Bの内側に、ナット(10mm)がある。
 
イメージ 14
これらを外すと、ウインカーが外れて、パネルが分割できる。
 
イメージ 15
キャップボルト、カラー、ナット(セルフロック)
 
ウインカーの配線は、
イメージ 3
右側(緑色カプラ)
 
イメージ 4
左側(画像中央の黒色カプラ)
へと繋がっているので、カプラ部分で分離すれば、ウインカーを外さずともパネルは簡単に取り外せる。
 


■ 取り外し完了
イメージ 8
パネルA・Bを外した「ねこわさび」の顔を横から見た図。
 
イメージ 7
これはこれで、奇抜なデザインのバイクとして成り立っている気もする。
 


 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
  


いよいよSW-モテックのハンドガード(XT660Zテネレ用)が出てくるようだ。
画像はまだない。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事