ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

先日、主にXTZ125「ねこちやづけ」で運用している、GIVIのモノキーケース(約25リットル級、以下「GIVI箱」)の「GIVI」バッジが脱落してしまった。
 
このGIVI箱も、購入以来10年ほどが経過して、バッジの脱落も、実はこれで2回目である。
前回の脱落は数年前、たまたま脱落に気付いて、瞬間接着剤(ゼリータイプ)で貼り付け直していた。
 
イメージ 1
そして、今回も脱落。
瞬間接着剤と、GIVI箱本体との相性は、あまり良くないようだ。
 
だいたい、走行中に脱落したら、まず間違いなく紛失してしまうバイクの部品。
それが2度も脱落しながら、2度とも回収できるとは。
 
 
 
それから、脱落したのは先日とは言っても、厳密にはしばらく前のはなしである。
管理人としては、「箱」に「GIVI」のロゴが入っていなくても、ケースの機能には支障がない。
という訳で、脱落後はそのまま長らく放置していた。(前回も)
イメージ 2
しかしながら、「GIVI」のマークが無いと、他社の製品と誤解されるのと、
せっかく回収できた「GIVIステッカー」が、管理人の管理が悪いせいで、箱に貼り付ける前に紛失してしまう虞があったので、紛失前に正規の位置に貼り付けしなおすこととした。
(本当は、もう一つ理由ああったのだが、詳細は後日。)
 
そして、前回は瞬間接着剤で適当に貼り付けたのだが、今回は慎重を期して他の方法を実施してみた。
今回使用したのは、手軽に作業できる両面テープ。
しかし、ただの両面テープではない。
屋外での使用が可能な、耐候性の超強力両面テープである。
イメージ 3
他では、車のスポイラー等を車体に取り付ける際に使用したりする製品。
管理人も、これまで、バイクのスイングアームに「可動式リアフェンダー(インナーフェンダー)」を取り付ける際に、ボルトが使えない箇所に補助として使用している。
 
そして、上の画像のように、バッジの裏に適当に超強力両面テープを貼り付けた後、
イメージ 4
「箱」に取り付けた。
 
ちなみに、両面テープを縦方向に貼ったのは、雨水が溜まらないように配慮したつもり(あまり意味はないが)。
 
とりあえず、その後はバッジが剥がれるような事は発生していない。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
送料無料・・・。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事