ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XT660Z TENERE テネレ「ねこわさび」 活躍中

昨年の夏頃に導入して以来、北海道ツーリングへ出かけて無事帰って来るなど、主にツーリングで活躍している欧州 ヤマハXT660Z tenere テネレ「ねこわさび」
これまで特に丁寧に扱われてきた訳でもなく、どちらかといえば雑な扱いを受けていると思うのだが、大きな問題や不調も起こさず、機械としての信頼性はかなり高いと思っている。
 
そんな「ねこわさび」だが、人が造った機械であることには疑いがなく、全く問題がないという訳でもない。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ 甘いかおりに誘われてみた
導入当初から、走行中に「何か甘い匂いがする」症状があった。
もちろん、常に匂いがするという訳ではなく、ごく稀に、かすかに匂いがする程度である。
最初にこの匂いに気付いた際には、「前を走っている車のクーラント(冷却水)が漏れているのではないか?」と疑ったのだが、そのうち「ねこわさび」のクーラントの匂いであることを確信するようになる。
その後、何度か冷却水まわりを目視で点検してみたが、明らかに液が漏れている様子は確認できなかった。
それでも、車体右側にあるクーラントリザーバタンク(冷却水の補助タンク)あたりが怪しいとは判ったのだが、はっきりと漏れている位置は判らなかった。
 
イメージ 2
なお、リザーバタンク内の冷却水の残量については、気付いた際に補充したので、Low位置を下回るような事はなかった。
 
イメージ 5
念のためラジエータから繋がるホースの接続部分に追加でタイラップを巻いて締めておいた。
 
■ 漏洩箇所発見
北海道ツーリング(2011夏)から帰った後、カウル類を外して整備をしていた際に、リザーバタンク下のクランクケースカバー上にクーラントが乾燥した「白い跡」を発見した。
どうも、北海道ツーリング中には長距離を走ったにも関わらず、洗車をしていなかったので、クーラントが乾燥した跡が残って発見できたものと思われる。
イメージ 1
リザーバタンクまわり
 
リザーバタンクを覆うパネルを取り外して確認すると、
イメージ 3
リザーバタンクの下に、クーラントが滴っているのを確認した。

そして良く見ると、
イメージ 4
樹脂製のリザーバタンク側面には、パネルを留めるための「スクリュの受け」が鋳込まれているのだが、その「スクリュの受け」付近からクーラントが漏れているようだ。
 
とりあえず、クーラントが漏れている位置は確認できた。
漏れて出ている量は極微量なので、直ちに走行に支障は出ることはないが、そのうち修理をする必要があるだろう。
 
■ その後
世話になっているバイク屋(XT660Z tenere 「ねこわさび」を購入した店に出向いて相談してみたところ、すぐに「部品を交換して無償修理する」という事になった。
なお、交換する部品が到着するまでの間は、クーラントリザーバタンクに鋳込まれた「スクリュの受け」周辺を接着剤で埋めて、クーラントの漏れを止める対策を実施して、運用はそのまま継続する。
 
管理人としては、部品の交換までは必要がなく、「何らかの漏れ止め手段」を講じてもらえれば十分だと考えていたのだが、折角部品を交換してくれるというのであれば、お言葉に甘えさせていただく事にしよう。
もし、クーラント(冷却水)を交換してもらえるなら、冷却水の交換の手間が1回分省けるしな。
(実際にはクーラントの交換は必要ないだろうが。)
 
■ その他
XT660Z tenere は、日本国内でメーカーが正規に販売している車両ではないので、部品の入手やメンテナンスについて、何かと気にされている方が多いようだが、管理人が運用している限りでは、
国内メーカーの正規販売車両のように、部品を発注したら、
「早ければ翌日か翌々日あたりに部品が販売店にまで到着してしまう」
といった体制ではないが、
「時間や費用はそれなりにかかるが、とりあえず何とかなる」
というのが、現時点での管理人の感想である。
 
たぶん続いてしまう。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
ラジエータ・クーラントリザーバタンクの保護用に
SW-MOTECH: YAMAHA XT660 Z Tenere用 クラッシュバー (08-)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

自分のNC700Xも走行中に微かな甘い香り、同じように前走車のにおいかなと思ってましたが、おそらく漏れてるんでしょう

2013/3/27(水) 午前 3:40 [ zero927 ] 返信する

顔アイコン

zero927さんこんばんは。
甘い香りに誘われて、何か良い事があるかと思いきや、クーラント漏れで修理が必要という事態になるのは、水冷エンジンを搭載する機種の宿命ですかね。
個人的には、ホースクランプを増し締めして止まる程度なら全く問題ないと思っています。
ラジエタやタンクにクラックがあったりするのは勘弁ですが。
ウォーターポンプのシールが抜けて「カフェオレ」ができてしまったこともありますが、初期不良だけで治まれば良しとします。

2013/3/27(水) 午後 10:17 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事