ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 歯付きステップとゴムカバー付きステップ

XTZ125が標準で装備しているステップ(所謂フートレスト・フットペグ。以下「ステップ」)は、金属製・歯付きのステップである。
このステップは、非常にXTZ125らしい、不整地走行にも適した質実剛健なステップである。

イメージ 7
そして、XTZ125「ねこちやづけ」の現時点での主要用途は通勤運用である。
管理人にとっては、この質実剛健な金属製・歯付きのステップで何の問題もないのだが、もし靴底の摩耗が気になるような上等な靴を履いている人や、不整地を全く走らない人にとっては、オンロード向けモデルのような、ゴム製ステップの方が好ましい場合もあるだろう。
イメージ 6
オンロード向けモデルのステップの例 (CBR1100XX「ねこにこばん」)
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ XT660Z tenere 標準ステップ用のゴムカバーを流用してみた
しばらく前、XT660Z tenere 単テネレ「ねこわさび」から、ステップの「ゴムカバー」を外してみたのだが、「ゴムカバー」を取り外したステップを見た際、「XTZ125の標準ステップ」に非常によく似ていると思った管理人。
実際には、ヤマハの一般的なトレール系バイクのステップに似ていると思ったのだが・・・。
イメージ 1
XT660Z tenere 用の標準ステップ
 
イメージ 2XT660Z tenere 用の標準ステップ(ゴムカバーを外した状態)
・・・似ている。
 
こうなっては、取り外した「XT660Z tenere 標準のステップ用ゴムカバー」を、XTZ125の「標準ステップの上に被せる」以外の選択肢は、管理人にとっては存在しないも同然だろう。
 
■ 被せてみた
イメージ 8
XTZ125の標準ステップと、XT660Z tenere 用ゴムカバーの裏側
 
イメージ 9
同じくXTZ125の標準ステップと、XT660Z tenere 用ゴムカバーの裏側
 
イメージ 10
XTZ125用、左側ステップの様子。
 
イメージ 11
ステップの裏側から、取り付け用のボルト穴を見る。
 
適当にゴムカバーをステップに被せると、取り付け穴がずれる可能性があるが、しっかり被せられたなら、ボルト穴はきっちり合う。
イメージ 5
「適当に被せてみた」例。
中央のボルト穴が、きっちり合っていない。
 
イメージ 3
キャップボルトの「受け」の状況
 
左側のステップが完了したなら、右側のステップにも作業。
イメージ 4
右側ステップの様子。
 
とりあえず、使用には全く問題がない。
詳細は後日。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

参考

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事