ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ サイドスタンドにフィルムを巻いてみた。

イメージ 1
以前に使用していた、トップブリッジまわりの「透明フィルム」が劣化して透明度が失われたので、新しい「透明フィルム」に更新し、再びトップブリッジに腕時計を装備した、管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
この際取り外した、「透明でなくなったフィルム」をそのまま捨てるのも「勿体ない」ので、有効活用する方法を考えてみた。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ 工作実施
イメージ 2
とりあえず、「かつては透明だったフィルム」を適当な大きさに切り出して、
 
イメージ 3
サイドスタンドのメインパイプ部分に巻きつけてみた。
巻きつけた後に、タイラップで固定している。
ここは、サイドスタンドを格納した際、後席用のステップ(フットレスト・フットペグ)の取り付け部分に「当たる」部分である。
XTZ125は、サイドスタンドを勢いよく跳ね上げると、サイドスタンドのパイプが後席用のステップ取り付けピンを直撃し、運が悪いとピンを留めているクリップが飛んでしまう場合がある。
【詳細は、http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0500.htmlの④】
今回巻きつけた「既に透明ではないフィルム」は、サイドスタンドと後席用のステップ取り付けピンとの衝撃を、少しでも和らげようというものである。
以前は、短く切った水道ホースをタイラップで固定し、ホースの中空部分を使ってクッション性を確保しようとしたのだが、中空のホースを都合が良い位置に保持することが困難だったので、結局は単純に素材のクッション性に頼ることになった。
 
イメージ 4
サイドスタンドを跳ね上げた状態。
これだけでも、跳ね上げた際の衝撃を和らげることができるだろう。
少なくともサイドスタンドを跳ね上げた際の「ガッキーン!」という嫌な衝撃音は聞かずに済む。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

タンクバッグが、タンクにロック(固定)できる。
ある程度取り付け部分に「遊び」を持たせて、トップケースのような「ハードケース」が装備できるようにしたいと考えていた管理人。
ペリカンケース等を使って自作しようと思っていたのだが、GIVIからこんな商品が出ていた。
GIVI 【デイトナ】GIVI T489 タンクロック バッグ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事