ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ マフラーの交換作業を開始

新しいマフラーを導入してみた。チタン製。で紹介した「チタンマフラー」について、取り付けた際の作業内容について少しだけ紹介。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
 
■ #02_「チタンマフラー」の取り付け作業
ひとまず、シリンダヘッドから延びた「エキゾーストパイプ」と、「ジョイントパイプ」を繋ぐ、ガスケットについて確認。
ガスケットは再利用するか、新しいガスケットを用意して使用する。
イメージ 12
ガスケットの外観
イメージ 13
ガスケットの内面

 
イメージ 1
ジョイントパイプを見る。
 
イメージ 14
ついでに、事前の情報で【ジョイントパイプがリアサスのクッションユニット後方の「泥よけ」に干渉する可能性がある】ことが伝えられていたので、念のため【ボルト(2本)】を外して「泥除け」を外しておく。(10ミリレンチ)
イメージ 15
「泥除け」を外した。
イメージ 16
ジョイントパイプをキャップボルト(1本)で仮留めした状態。(6ミリヘキサゴンレンチ)
イメージ 17
ジョイントパイプを仮留めした車体の様子。
イメージ 18
前回、取り外した「標準マフラーのグロメット」を、「チタンマフラー」のサイレンサー部分側面の「ステーの穴」に取り付ける。
イメージ 3
サイレンサーの取り付けバンドとラバー。
イメージ 4
「サイレンサー」に「バンド」と「ラバー」を取り付け(巻いて)、
イメージ 2
 
イメージ 5
「バンド」を通した「ボルト」「アルミカラー」を通してからフレームに取り付ける。
イメージ 11
取り付けた
イメージ 6
「サイレンサー」と「ジョイントパイプ」は、2本の「スプリング」で取り付ける。
イメージ 7
「スプリング」は工具で引っ張り、フックに引っ掛ける。
イメージ 8
管理人の習性で、「サイレンサー」を固定するボルトは、フレームの内側にも「ナット」を追加する。
イメージ 9
ダブルナットのように締め込んで、ボルトの緩みを防ぐ・・・のだが、今回はボルトが短いので、今回取り付けた「ナット」がほとんど「効いて」いない。
本来ならボルトを少し長くする必要がある。
 
イメージ 10
事前の情報で【ジョイントパイプがリアサスのクッションユニット後方の「泥よけ」に干渉する可能性がある】ことについては、実際に取り付けたところ、十分なクリアランスが得られると判断したので、再度「泥除け」を取り付けておいた。
 
 

たぶん続いてしまう。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
KRI-R325 スプリング フック 全長 210mm
スプリングフックです。
■クラッチシュースタンド、チャンバーなどの引っ張りスプリングの脱着に最適。
■先端にアールが付いており、スプリングが外しやすいです。
■ハンドル部PVCコーティング。
■90mm×210mm
■デイトナ60673
■キジマ 302-230 302-231
■キタコ 674-0600502 相等品

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事