ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 足元の防寒について考える

この寒い時期、XTZ125「ねこちやづけ」で通勤する管理人は、足元が非常に寒い。
上半身
バイク乗り用・冬用ジャケットで、
下半身オーバーパンツ風を通さない生地のズボン等で、
頭部フルフェイス型のヘルメットで、
首まわりはフリース製のネックウォーマーで、
は防水透湿機能を持ったウィンターグローブで、
その他、バイク側スクリーンや、ナックルガードハンドルカバー等を取り付けて、
防寒に努めている管理人。
しかし、足元部分については、あまり強力な防寒用の装備を用意しておらず、寒い思いをしながら、過酷な通勤運用に耐えている。

実際の通勤時には、踝(くるぶし)までを覆う、登山用の靴を履いているのだが、それでも体の他の部位を保温している各種装備と比べると、足元部分の防寒性能は見劣りするのを認めざるを得ない。
現在は、バイク乗りのために、各種ライダー向けの防寒用ブーツが用意されているようだが、残念なことに現時点で管理人はそれら防寒用ブーツを装備しておらず、何らかの対策をしなければならない。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ プアーテック「ねここたつ」を考える
現時点では、XTZ125「ねこちやづけ」に乗車する際に、管理人の足元は「寒風吹きっさらし」状態である。
手のひらは防寒グローブの上に、ハンドルカバーナックルガードで覆われており、防寒グローブに直接走行風は当たらない。
それに対し、足元は靴のみ
靴の防寒性は今後向上させるとして、ひとまず足元の「寒風吹きっさらし」状態を解消するために、何かできそうな対策を考える。

ここ日本では、寒くなったら「ねこはこたつで丸くなる」のが正しい文化なので、管理人としてもバイクに「こたつ」を装備したいと考えるのだが、どうもXTZ125には「こたつ」が似合いそうもない。
実際に、XTZ125腰から足までを覆うカバーを取り付けるとなると、とんでもなく大きな「こたつ布団」が必要になりそうだし、停車時に足を着くのも面倒になりそうである。
だいたい、「こたつ布団」が走行風で飛ばされないようにするには、「スーパーカブ」のような大型レッグシールド(レッグカバー)が必要になると思われる。
ここまで大規模な改造(レッグシールド取り付け)をするくらいなら、冬季だけ「スーパーカブ」に乗り換えるとか、素直に「スクーター」を導入した方が早くて簡単で楽そうである。
しかも「スクーター」であれば、腰に巻きつける「前掛け」のような装備を取り付けて、本当に「こたつ」のように使うこともできるだろう。
もちろん、そんな選択肢は「いつもの諸般の事情により」ここでは検討する事もないのだが。

 
■ プアーテック「ねこあんか」を考える
「ねここたつ」の製品化は、今後管理人が「スクーター」を導入する時まで大事にとっておいて、今回は他の手段を考える。
「こたつ」がダメなら「あんか」があるということで、次は「あんか」の可能性について考える。
腰から足先までは覆わず、足先も完全に覆ってしまう訳でもなく、足先に直接あたる走行風のみを防ぐことができれば、現状よりは防寒性が向上するに違いない。
「ナックルガード」の足元版だと考えて良かろう。
「ナックルガード」程度の面積であれば、足元に防風板を取り付けても(レッグシールド程には)邪魔にならない。
しかも、エンジンから放出された熱が、足元に伝わるようにすれば、より暖かくなるはず。
 
■ 「あんか」についての検討
ここでバイク用「あんか」現実的な形状を考えてみた管理人。
足元の防風性、エンジンの形状、不整地走行時等に足を出しても「あんか」に足が引っ掛らないようにしなければならない、等の条件を考えた結論として、「エンジンガード」もどきを作れば、「あんか」として使える。】という結論に至った。
 
■ 実物あわせ
早速実物で形状を検討してみる。
 
イメージ 1
ダンボール箱のように見える物体を使って「エンジンガード」の形状を検討してみた。
画像はエンジンの前面、下面、側面を完全に覆った仕様である。
これならかなり保温性が高く、「足元ほかほか」のような気がする。
ただし、シフトペダルやブレーキペダルが操作できないので、極めて危険な仕様であると思われる。
 
イメージ 2
同じく斜め前方から。
ちなみに、見るからに暖かそうな、「マイコール株式会社 貼るダンダン(使い捨てカイロ)」仕様のダンボール箱である。
 
イメージ 3
右側面から。
エンジンの防護範囲は極大である。
(防護能力はほぼ0だが)
 
イメージ 5
さすがにシリンダ前面・側面までは完全に覆うとオーバーヒートしかねないので、防風板を除去する。
 
イメージ 4
適当にダンボールを切り出してみた。
 
イメージ 6
尖った角部分を切り落とした形状に変更。
一般的なエンジンガードにありそうな形を狙ってみた。

 
イメージ 7
エンジン左側、シフトペダルを操作できるようにエンジンガード側面を切り欠く。
 
イメージ 8
シフトぺダルに干渉するので、「あんか」側をもう少し削る必要がある。
 
イメージ 9
ブレーキペダル側も同様に操作ができるように側板を切り欠いて、
 
イメージ 10
ひとまず、ダンボールの試作品だが、形にして車体に取り付けてみた。

次回、「ねこあんか」確認と検討につづく。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

参考
KISS RACING K290215 ニープロテクターロング ウィンター仕様 左右セット

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちはいつもブログ拝見しています。
先日オイル交換時に写っていた灰色のものが最終形ですか?
経過を楽しみにしています。

2012/2/10(金) 午後 1:41 [ 龍夫 ] 返信する

龍夫さんこんばんは。
さすがに鋭い御指摘、管理人感服しております。
さて、オイル交換時の画像中の「灰色の物体」は、先行試験中の「ねこあんか」試作品で、操作や取りまわしの支障にならないか?オイル交換時の作業性に問題が無いか?
確認中の様子です。
ちなみに、「ねこちやづけ」の現在の状態は、エンジン剥き出しの「ノーガード」状態です。
「ねこあんか」の有無で、どれだけ体感温度が違うのか?
効果の程を検証中です。
しばらくしたら、報告予定です。

2012/2/10(金) 午後 8:54 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事