ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 「間違えられない車体をつくる」

管理人の XT660Z tenere テネレ 「ねこわさび」 「プロテクタ」「パネルC/D」 には、転倒時に車体の損傷を少しでも軽減するため、車体との隙間にプラスチック製の緩衝材を追加で装備している。
プラスチック製ワッシャの柔軟性により、転倒時の衝撃を吸収するとともに、プラスチック製ワッシャの板厚の分だけ車体と地盤面との距離を離し、パネル等が潰れる事により、衝撃を吸収するための緩衝空間をより多く確保して、防護能力を(少しでも)向上させようというものである。
 
その後「ねこわさび」は、ラジエタークーラントのリザーバタンクを交換する際に、2種類ある取り付けボルトの使用箇所を間違えるという「若干の問題」が発生した。
この問題は、パネルEプラスチック製ワッシャが取り付けれれていれば、おそらく発生しなかったであろうと考えられる。
そのため、今回は「パネルE/F」の取り付けボルトにも「プラスチック製ワッシャ」を追加してみた。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ いつもの作業(パネルE)
今回の主目的である「ボルトの取り付け位置の間違いを防ぐ」ためには、ボルトがパネルから分離しないようにすれば良いと考えた管理人。
以前の「パネルC/D」同様、取り付けボルトにプラスチック製のワッシャを取り付ける。
なお、今回は「転倒時の衝撃緩衝能力」については期待していない。
もともと、パネルFを取り付ける「排気管」はともかく、パネルEを取り付けるラジエタークーラントリザーバタンクには、転倒した車体を支えられるほどの強度は有りそうもない。
 
イメージ 3
ちなみに、以前に間違えたボルト2本。
長さが違うので、下手をするとラジエタークーラントリザーバタンクに穴を開けかねない(と思う)。
 
イメージ 2
いつもの「ポンチ」「やわらかいまな板」の切れ端木片
 

イメージ 1
で、パネルEの後方にある2本のボルト(短い方)にワッシャを取り付けた。
ボルトの頭を下向きにしても、ボルトが簡単には脱落しない。
(抜こうと思えば、ワッシャを手で引っ張れば抜けるが)
 
イメージ 4
パネルEの前方にあるボルト(長い方)にも、ワッシャを取り付けた。
 
イメージ 5
パネルEを車体に固定するのは、ボルト3本の他に「プラスチック製のピン」が1本あるが、こちらは変更なし。
パネルEを元通りに車体に取り付ける。
これでパネルEの取り付けボルトに対するワッシャの追加作業は完了である。
 
パネルEに対するプラスチック製ワッシャの取り付け時期は、クーラントリザーバタンクの交換作業が終わった、2012年の1月初旬である。
他の部位より作業が遅れた理由は、クーラントリザーバタンクの修理・交換時に、今回のような変なワッシャが追加で取り付けてあると、「素人ユーザーが勝手に変なワッシャを取り付けた際に、誤ってクーラントリザーバタンクを損傷させたのではないか?」と、バイク屋が疑うのを管理人が心配したためである。
結局、この配慮は裏目に出たのだが。
 
■ ワッシャの取り付け(パネルF)
イメージ 6
パネルEと同様、もちろんパネルC/Dとも同じ様にプラスチック製のワッシャを取り付ける。
こちらもプラスチック製のピン1本はそのまま。
なお、パネルEへのプラスチック製ワッシャ取り付けは、パネルC/Dと同時に実施している。
 
 
これで「ねこわさび」の 「パネルC/D」「パネルE/F」「ウインドスクリーン」のそれぞれ取り付けボルトにプラスチック製ワッシャの取り付けが完了したことになる。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
GIVI タンクロックバッグ車種別イージーロック BF05 【デイトナ】 [ヤマハ車用]
タンクロックバッグ装着に必要な車種別イージーロック
主な適合車種、FZ6 S2/FZ6 600 Fazer S2 ('07-'10)、XJ6/XJ6 Diversion 600 ('09-'10)、FZ8 / Fazer 8 ('10)、TDM 900 ('02 - '10)、FZ1 Fazer ('06 - '10)、YZF R1 1000 ('09)、XJR1300('99- '06)
「タンクボックス」化計画。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事