ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

最近、巷で話題のホンダNC700Xについて、管理人が非常に期待しているのは以前に紹介した通りなのだが、その期待とは別に、もう少し「こうだっらいいなぁ・・・」と思うところもある。
そんな点について少し挙げてみた。

■ラジエタのカバー
NC700Xのラジエタにはカバーがついていない。
このあたりは同じく低価格路線のVTR250の初期型(が登場した際の衝撃)を思い出す管理人。
もちろん、機能上は問題が無いのだろうが、管理人としては、是非カバーを付けてもらいたい。
別にめっき仕様のサイドカバーを付けてくれといっているのではない。
管理人の運用では、夏の北海道ツーリング時など、昆虫類がラジエタのフィンにぶつかって、フィンが潰れたり、虫の死骸でラジエタの表面が埋もれたりする。
できるだけ簡単にラジエタの維持が出来るようにしたい。
いつもトンボやアブの死骸をラジエタフィンから掻き出すのは面倒なのだ。
ちなみに、CBR1100XX等でも、ラジエタの前面はフィン剥き出しである。最近の車のラジエタも。
機能上はラジエタフィンの何割かが潰れても機能が発揮できるように折込済みなのだろうが、管理人の個人的な趣味としてこのあたりは許せない。(コスト最優先の使い捨て機種の場合は許す)
是非何とかしたい管理人。
■収納スペースの拡大
ヘルメット以外が入る収納スペースには、バイザー付きのヘルメットが入るように、蓋を大型化する等してもらいたい。
(管理人は最近バイザー付きのヘルメットを利用しているのだ。もしくは、バイザーを収納できるヘルメットを販売せよ。)
■足元の風除け
カウルの防風性能は良さそうだが、足元は強風が流れて行きそうに見える。
少しでも風除けがあれば、冬場にありがたいと思う。

後ほど追記予定。
 
3/3追記
■部品の供給
最近のホンダは、車両の販売終了後、早期に部品の供給が停止してしまうと聞く。
かつてのホンダは古い部品でも供給すると聞いていたのだか・・・
税制等の問題はあるのだろうが、可能な限り部品の供給は続けてもらいたい。
 
最近管理人がホンダのバイクを選び難い最大の理由が、今後の部品供給の不安である。
あとは、未だにインターネットで部品検索ができないとか・・・。
 
■ 話は更に個人的な恨みつらみに進む。
NC700Xの収納スペースを開くためには、メインキーを差し替える必要があるのだが、流石にこれは面倒である。
アプリリアのMANA GT 850 (マーナ850)のようにハンドルスイッチの一等地にスイッチを付けてくれとは言わないが、キーの差し替えはどうにも辛い。
蓋が開くとハンドルに干渉するとか、安全性には配慮が必要だろうが、せめてエンジン停止中で速度0であれば、スイッチ操作で蓋が開く等の改良をしてもらいたい。
コストは上がるだろうが、商品性は間違いなく上がるだろう。(管理人個人にとっての)
 
別に、収納スペースに水とお米を入れておくと会社に到着する頃にはご飯が炊けているとか、卵を入れておくとひよこになっているとか、高度なシステムを要求している訳ではない。
 
 
 
・・・冬場のツーリング用に、缶コーヒーを入れておくと、ホット珈琲になる機能は是非欲しいな。
 
 
 
 
気が向いたら続く
 
 

閉じる コメント(1)

■部品の供給
最近のホンダは車両の販売終了後、早期に部品の供給が停止してしまうと聞く。
かつてのホンダは古い部品でも供給すると聞いていたのだか・・・
税制等の問題はあるのだろうが、可能な限り部品の供給は続けてもらいたい。

2012/3/1(木) 午後 10:50 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事