ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ ホンダFTR223用のクッションユニットを取り付けた結果

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
その8万キロメートル超を走って「へたった」リヤサスペンションクッションユニットを、ホンダFTR(FTR223)用の純正クッションユニットに換装してみてから、約1ヶ月が経過し、走行距離にして約650キロメートルを走行したので、その結果について少しだけ紹介。
 
なお、前回までの記録は、
リアサスペンションのクッションユニットを交換してみた#03(FTR223用のクッションユニットを取り付けた)
リアサスペンションのクッションユニットを交換してみた#02(FTR223とXTZ125のクッションユニットを比較)
リアサスペンションのクッションユニットを交換してみた#01(XTZ125のリアサスペンションまわりを分解)
リアサスペンションのクッションユニットを交換してみた#00(CBR1100XX・ジェベル200・CRM250AR・DT125R(3FW)・TW200用のクッションユニットに換装しようと努力してみた)
である。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ 駐車姿勢の変化について
以前に記載したように、クッションユニットの自然長が、XTZ125標準クッションユニットよりもFTR223用の方が、若干(約10ミリメートル程度)長かったことから、車体後部の高さ(脚の長さ)が若干延び、車両の後方が持ち上がっている。
「リアサスペンションの伸び」を画像で確認すると、
 
イメージ 3
このくらいの高さまでメンテナンススタンドで後輪を持ち上げてからリアサスペンションクッションユニットの換装作業を開始して、
 
イメージ 4
換装作業が完了すると、後輪がこの程度の高さになる。
 
 
実際には、メンテナンススタンドの上で車体が微妙に動いているので、完全にリアサスペンションの自然長の違いだけを表している訳ではないが。
 
駐車中の車体の傾斜角を見ると、
イメージ 1
この程度の傾斜だったものが、
 
イメージ 2
この程度に傾く。
 
画像で見ると、あまり変化がないように見えるが、目の前に「ねこちやづけ」があると、以前よりも傾きが大きくなったのを実感する。
 
ちなみに、ブログの画像(比較画像ではない)を見ただけで、以前よりも傾斜が増大したことに気付く人もいるのだが、その観察力には驚かざるを得ない。
管理人のように、ブレーキディスクの径の違いにも気付かないほどの「節穴の目」を持った人間からすると、全く羨ましい限りである。
 
■ 姿勢の前傾について
リアサスペンションクッションユニットの換装によって、クッションユニットの自然長が伸び、これに伴なって車両の後部が持ち上がったことから、車両の姿勢は以前と比べて「より前傾状態」となっている。
 
画像で見ても、あまり違いがわからないが、実際に乗ってみると、車両後方が持ち上がったのが分かり、ハンドルへの荷重が大きくなったのが分かる。 
 
■ ダンパーの効果について
以前のXTZ125標準のリアサスペンションクッションユニットは、走行距離が8万キロメートルを越え、ついでに重積載で酷使してきたこともあって、そのダンパーは「抜けきった」状態、所謂「バネサス」になっていた。
そんな「へたったクッションユニット」と、比較するのに意味があるのか疑問が残るのだが、今回FTR223用の(へたっていない)リアサスペンションクッションユニットに換装したところ、ダンパーの効果が(当然ながら)復活し、非常に乗りやすくなった。
XTZ125のリアサスペンションも、導入当初はこんな感じだったのだろうか?
今となってはすっかり忘れてしまっているが、異様にゴツイ(取り外した)XTZ125用のクッションユニットを見ると、おそらくXTZ125用のクッションユニットも当初はかなりダンパーが効いていたのだろう。
 
そのダンパーのダンピング効果を、このブログで表すのは難しいのだが、無理やり文字にしてみると、
 
スタンディングの姿勢から、車体のサスペンションを伸縮させて、車体を「揺する」のを
「ぼよん」と表現した場合、
 
以前なら
「ぼよん ぼよん ぼよん ぼよ・・・
となっていたものが、
リアサスペンションクッションユニットをFTR223用に換装した後は、
「ぼよん ぼよ・・・
という具合に、揺すった後の反動が、所謂「おつり」が、劇的に小さくなっている。
 
■ 乗り味のまとめ
車体の姿勢が前傾になったことと、ダンピング効果が復活したことから、結果として非常に乗りやすくなった。
特に、舗装路でのコーナリングでは、グイグイ曲がるようになり、コーナリングしやすくなった。
旋回率で言えば15パーセントは向上しているだろう。(管理人個人の感覚。)
おかげで、通勤経路にある国道バイパス90度コーナーが楽しくて仕方ない。
 
■ 各部の耐久性
前回、「かなり強引に取り付けた」という事もあって、各部の耐久性について不安があったのだが、今回それらを分解して確認したところ、この程度の使用では(今のところ)問題がないことが確認できた。
イメージ 5
前回作成したスイングアーム側(下側)のカラーを見る。
 
イメージ 6
フレーム側(上側)のカラーを見る。
 
イメージ 7
取り外してみたカラー。
ひょっとすると、車体を支える巨大な応力に、「カラーの一部が押しつぶされている」とか、「カラーの一部が摩耗して板厚が薄くなっている」事を心配していたのだが、思ったよりキレイな、損傷のない状態で安心した。
 
もちろん、長期間の使用では、今以上に摩耗等が進む可能性もあるので、今後も確認は続けていかねばなるまい。
 
■ まとめ
とりあえず、リアサスペンションのクッションユニットをFTR223用に換装した事について、現時点では(管理人の運用法では)「非常に効果的であった」という結論に至った。
 
なにしろ、今までダンパーの効いていない「ふわふわ」のサスペンションで走っていたので、今回ダンピングが効いた「しっかりした」サスペンションになった事で、別のバイクに乗り換えてしまったかのような気がしている。
 
現在、FTR223用のクッションユニットは、オークション等でも非常に安価で取引されており、XTZ125用クッションユニットの入手の困難さや、価格の高さを考えれば、「FTR223用クッションユニットへの換装」は、(コストパフォーマンスの面でも)XTZ125を改善する為の「有力な手段」の一つに違いない。
 
 
 
 
それでも、「その次」を考えてしまう管理人。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
アウターサンシェードを装備したOGKのバレルに、オープンフェイスモデルが登場した模様である。
 
★送料無料★ 11,025円(税込)
OGK(オージーケー) バレル(VALER-J) パールホワイト VALER-J
 
 
 
 

閉じる コメント(9)

顔アイコン

かんりにんさん、こんにちは。
いつも、詳細な技術的解説をちりばめた内容を、
楽しみに拝見いたしております。

今回の画像とその解説に対して、少し突っ込みを
させていただきます。
「ねこちやづけ」を正面から撮影した2枚について、
アタックアングル(ほかに表現しにくい)が同じでなければ
「ねこちやづけ」の前傾角度の違いを表現できないと思います。
9:30′に表示されている画像では、フロントフォーク先端と
リアタイヤの関係が違っています。
施工後の画像のほうが、前傾角度が強くなったことを
さらに強調してしまう(カメラ位置が高い)アングルと
なっているようです。

もし、「節穴の目」などとご謙遜されるための
複線だとしたら、大変失礼いたしました。

2012/3/25(日) 午前 9:49 [ woodn ] 返信する

顔アイコン

たしかに、XTZのリアサスペンション価格は高く、FTR のサスペンションが流用できるのであればコスパに優れていますからね。

そういえば新しいマフラーの調子はいかがでしょうか?
キャブも合わせて調節されたのでしょうか
抜けがいいからそれに合わせてこくするとか・・ 削除

2012/3/26(月) 午前 9:42 [ XTZ ] 返信する

顔アイコン

woodn さんこんばんは。
細かなところまで見てもらってありがとうございます。
車体を撮影する際には、手持ちのデジカメで撮影しているのですが、過去の画像を確認して、画角を合わせているわけでもなく、「だいたい正面」から撮影しているので、細かな部分では違いが出て、厳密な傾斜角度を比較するのは難しいですね。今後は何か合わせるポイントを決めておきます。
シート高の比較や、足つき性の比較を行った際には、三脚を引っ張り出して、タイヤの位置と、三脚の位置を記録してましたが、厳密に比較するなら、このような方法が必要でしょうね。

2012/3/27(火) 午前 0:33 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

XTZさんこんばんは。
かなり以前から、FTR223のクッションユニットが使えるという情報は入っていたのですが、なかなか換装作業を実行できず、立案からずいぶんと経ってしまいました。
最近は、巨大掲示板にも換装例が報告されているので、今後はFTR223用のクッションユニット換装が流行るでしょうね。
それから最近は新しいマフラーを導入して、快調に距離を重ねています。
やはり「純正」と比べると「抜け」は良いようで、換装直後には「薄すぎ」の症状が出ましたが、キャブのスクリュ調整だけで管理人的には全く問題なく使用できています。
なお、チタンマフラーの件は今週中にでも記事にする予定です。
今後ともよろしくお願いします。

2012/3/27(火) 午前 0:40 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

楽しみに待っています。
ところで、管理人さんはXTZの水抜きの穴ってどうされていましたか?
マフラージョイント近くのあなです。
結構スイングアームが汚れるんですよね。
私はパテで埋めてしまいましたが・・・・ 削除

2012/3/28(水) 午後 7:22 [ XTZ ] 返信する

XTZさんこんにちは。
マフラーの水抜き穴は、当初は冬場に黒い煤を含んだ水が垂れていましたが、キャブレタの調整をするようになってから、特に水が垂れるような事はないです。
たまにエンジンコンディショナーを使ったりすると、汚れた液が垂れるくらいです。

2012/3/29(木) 午前 11:44 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

そうなんですか。私の場合 汚れがダダ漏れで気が付くと、スイングアームがといった具合でした。
キャブ設定がキモだったとは・・・
ありがとうございました 削除

2012/3/29(木) 午後 8:01 [ XTZ ] 返信する

顔アイコン

キャブのエアアジャストスクリュを回すだけで、マフラーから水分が垂れるのは減らせるはずですよ。
寒くなった時だけ水が垂れるのなら、同じ症状なので、同じような調整で水垂れを防げるはずです。

2012/3/31(土) 午前 0:50 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

返信 ありがとうございます。 削除

2012/3/31(土) 午後 6:38 [ XTZ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事