ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 駐車中の車体傾斜角を制御するために

ヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」サイドスタンド を使用しての駐車姿勢は、傾斜角度が浅く、サイドスタンドにかかる荷重が非常に少ない。
そのため、地盤の傾斜角度や、車両の積載状況によっては、サイドスタンドのある方の反対側へ転倒しかねないほど危険な状態となっている。
 
という訳で、「駐車中の無人転倒」という無駄な損害を防止するために、これまで管理人は、
という「駐車中の転倒対策を行ってきた。
 
そして、今回はいよいよ問題の根本的な解決に向けて動き出す。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ サイドスタンドの可能性
サイドスタンドを使用して駐車している際の車体姿勢(傾斜)は、主に
・ サスペンションの長さ(延びると傾斜が深くなる=「立ち」が弱くなる)
・ サイドスタンドの長さ(長いと傾斜が浅くなる=「立ち」が強くなる)
2つの要因の関係によって決まると考えてよかろう。
という訳で、今回の問題を解決するには、「サスペンションを延ばす」か、「サイドスタンドを短くする」ことで、駐車中の姿勢を「寝かせる」ことができる。
 
このうち、「サスペンションを延ばす」事については、「一時しのぎ。」でリアサスペンションのプリロードを少しばかり上げて、サスペンションを微妙に伸ばしてみたが、サスペンションを延ばす事は、足着き性の問題も出てくるので、これ以上の実施は不可能という判断となった。
 
そして、最後に残された手段として「より短いサイドスタンドを使用する」という手段を行うことになる。
なお、「より短いサイドスタンド」を入手する手段として、
・案1 現在使用しているXT660Z標準のサイドスタンド加工して使用する。(一部を切断して除去後、溶接する。)
・案2 現在使用中のサイドスタンドとは別に、XT660Zに適合する「より短いサイドスタンド」を探し出して、取り寄せる。
という2種類の案を考えたのだが、管理人の思想として「簡単に復旧できない加工は避ける」というものがあるので、ここは「案2」の方を採用することにした。
 

■ XT660Zテネレに適合する「より短いサイドスタンド」の捜索

XT660Zテネレ「ねこわさび」に適合する「より短いサイドスタンド」を捜索するにあたり、流用できそうな機種の候補を考える。
管理人が考えた候補は、
・ XT1200Z スーパーテネレ
やはり、テネレと名前が付くだけあって、部品形状も似ているのではなかろうか?
メーカーも同じヤマハだし。
車両重量は、おそらくXT1200Zスーパーテネレの方が(ずっと)大きそうなので、たぶん強度的には問題なかろう。
シート高XT1200Zスーパーテネレの方が低いので、おそらくサイドスタンドも短かろう。
 
これは期待できそうである。
そこで、XT1200Zのサイドスタンドを調べてみる。
イメージ 1
プレストのカタログから。
サイドスタンドの基部が隠れているが、これくらいしか適当な画像が見当たらなかった。
ちなみに、実際にXT1200Zが展示されている店舗にも出向いて調査してみたが、流用の可否ははっきりしなかった。
 
ちなみに、XT660Z「ねこわさび」のサイドスタンド基部は、
イメージ 2
このようになっている。
 
長さも計ってみるが、
イメージ 5
似ているといえば似ているし、スタンドを脚で引っ掛けて出すためのバーの形状等、細部は明らかに違う。
 
XT1200Zの部品に関して良いところといえば、
イメージ 6
パーツリストがPCで閲覧可能で、価格まで事前に把握できるということである。
 
サイドスタンドの格納を検知するスイッチや、ブラケットの穴にカラーを入れる点はXT660Zに似ている・・・
 
しかし、発注をするには、まだまだ情報が不十分な点は否めない。
 
■ XT660Zテネレ ABS仕様のサイドスタンド について
XT660Zテネレには、追加でABS仕様が投入されている。
 
イメージ 4
XT660Z テネレ ABS 仕様
 
ABSが付いているだけなら、ここで取り上げる必要もないのだが、
「XT660Z ABS仕様」は、「XT660Z 標準仕様」よりも、
3センチメートルほど「シート高が低い」   のだ。
 
ということで、3センチメートルほど「車高も低く」、
 
(垂直方向に)3センチメートルほど「サイドスタンドも短い」    はず。
 
さすがに、同じXT660Zテネレというだけあって、フレームやサイドスタンドの取り付けブラケットは違わないだろう。(現時点でABS仕様のパーツリストは未入手)
 
これは「XT660Z 標準仕様」である「ねこわさび」にサイドスタンドの部品を流用できる可能性が高いのではなかろうか?
 
早速、確認作業に入る。
「XT660Z ABS仕様」の実車が展示してあるとは思えないので、ネットで画像を探す。
 
上の走行中の画像のほか、ヤマハヨーロッパのサイトで適当な画像を引っ張り出してきて比較する。
 
 
イメージ 7
「XT660Z ABS仕様(2012年)」
サイドスタンド付近は、イマイチよく判らない。
 
イメージ 8
2枚上の画像を拡大してみるが、比較対照がないので、やっぱり違いがわからない。
 
イメージ 3
・・・当然判らない。
 
やはり、普通の走行中の画像や、斜め方向から撮影した画像を比べても、簡単には違いが判らない。
「ねこわさび」を同じアングルで撮影して、これら画像を比較するという事は可能だろうが、これは非常に手間がかかる。
 
ここは、設計図面のような、真横から撮影した画像を比較してみるのが、正しいやり方であろう。
 
幸いな事に、欧州ヤマハのサイトには「XT660Z ABS仕様」は、「XT660Z 標準仕様」
のカタログに真横から撮影した画像が用意されているのだった。
 
 
 
・・・最初から、こちらを使って比較しろよ。
 
 
■ 真横から撮影した画像での比較
イメージ 9
カタログ画像から 「XT660Z ABS仕様」 左側の画像。
 
イメージ 10
上の画像のサイドスタンド基部のアップ。
サイドスタンドが写っていない。
というか、サイドスタンドのスプリングが途中まで写っているのだが、途中で消えてしまっている。
 
どうも、普通にサイドスタンドを出した(使用中の)状態で撮影した後、画像処理でサイドスタンドの部分を消してあるようだ。
 
 
せっかくなので、「XT660Z 標準仕様」のカタログ画像からも、同じ箇所の画像を持ってきたが、
イメージ 11
「XT660Z 標準仕様」のサイドスタンド基部付近。
やっぱり、サイドスタンドのスプリングが、途中で消えている。
 
 
 
 
これではサイドスタンドの長さや、形状を比較する目的には、
全く役に立たなかった。
 
 
 
 
強いて言えば、「XT660Z ABS仕様」は、「XT660Z 標準仕様」よりもシートのクッション厚を薄くしただけで、シート高が3センチメートル低いわけではなかった事が判っただけでも、少しは収穫があったか?
 
 
 
続いてしまう。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
 
 
管理人の場合、「XT660Zテネレ」のシート高を下げずに(一般路ならなんとか)乗れるのだが、
「XT660Zテネレ」は、たとえ足が十分に地面に届かなくても、乗る価値があるバイクだと思う。
 
もし、テネレのデザインや機能に憧れているなら、(標準状態の場合)足が地面に着かないくらいで諦めるのはもったいない。
 
サイドスタンドの変更は必要になるが、このようなローダウンキットも用意されている。
 
 
 
 
送料無料
 
metisse/他車種用 ローダウンキット Yamaha XT660Z Tenere(08-)
http://item.shopping.c.yimg.jp/i/g/goobikeparts_957562-1商品説明
●適合車種:他車種(2008年以降(ヤマハ・XT660Z Tenere))
●仕様:シート高50mmダウン/2ホルダーシステム
●備考:EUの工業製品安全規格「TUV」で承認された信頼性の高いローダウンキット。車種により30-50mmのローダウンを実現。足がしっかり着くことにより大きな安心感を得ることができます。
●metisseについて:モーターサイクルパーツ開発メーカー。多くのクロスボーダーを有するドイツのパーツメーカー「metisse(メティッセ)」。開発メーカーとして認められ、多くのパーツを各ブランドへとOEM供給しています。
●ご注意:※車種によりその手法が異なりますがサスペンションリンケージかマウントを変更することによりローダウンします。ローダウンすることにより、フロントフォークの調整が必要になる場合があります。また、サイドスタンドは必要に応じて短くすることをお勧めいたします。車種やダウンする高さによっては、センタースタンドを取り外さなくてはいけない場合もあります。※実際の製品は改良・仕様変更などにより、一部カラー、形状が異なっている場合がございます。
●写真注意:※写真はイメージです。掲載写真の取り付け車種、カラーなど、写真と異なる場合がございます。また、撮影の都合上、他商品も写真に写っている場合がありますが表題の商品のみのお届けとなります。
●納期:メーカー取り寄せ商品のため、ご注文確定後のキャンセルは出来ません。また、メーカーの都合により通常納期よりも遅延する場合がございます。予めご了承ください。
 
販売価格:22,785円(税込)

閉じる コメント(3)

顔アイコン

いつも楽しく拝見しています。

記事内容とあまり関係無いのですが、私は、足が短いというよりも、体が硬いので、バイクに跨がるときに足がリアシートに当たるときがあって、ひやっとします。なので、リアシートに荷物を括り付けた利などしたら、絶対に足が引っかかると思われるのでリアシートに荷物を括り付けたことがありません。

ところが、管理人様は、北海道ツーリングなどでは、リアシートにこれでもかというほど荷物を括り付けておられます。

いったいどのようにして、跨がってらっしゃるのでしょうか。何かこつがあるのでしょうか。

2012/4/9(月) 午後 10:34 [ - ] 返信する

顔アイコン

mustache_bandit250 さんこんばんは。
たしかに長期ツーリング中のリアシートには、昔は防水バッグ、最近は段ボール箱を載せるのが定番になってますね。
普段でも大きな荷物をネットで縛りつけたりしてます。
そんなとき、跨る際には足を前に上げる形でシートの上を通してます。
文字で表すと「ジャイアント馬場の16文キック」状態です。
本当にバイク(シート)を蹴るとバイクが転倒する可能性があるので、実際には手で膝を持ち上げて、なんとかシート上を跨いでます。
手で右膝を持って、左脚でステップしながら跨ぐ感じですかね。
人によっては、サイドスタンドを立てたまま左脚をステップに乗せ、両手でハンドルを持って、左ステップ上に立ち上がって右足を荷物の上を通して跨ぐ人もいますよ。
荷物が少ないに越したことはないんですけどね。

2012/4/9(月) 午後 10:52 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

私の変な疑問にお答えいただきありがとうございます。

なるほど、シートに直角に足を上げてらっしゃるんですか。
びっくりです。

ステップに足をかける方法にしても、体が柔らかくないと
ダメですね。

私が最初の方法をやったら、きっとバイクを蹴っ飛ばして
しまうでしょう。

どうも、ありがとうございました。

2012/4/9(月) 午後 11:51 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事