ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XT660Zテネレ「ねこわさび」のサイドスタンドについて

ヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」サイドスタンド は、その長さが「少しばかり」長いので、「ねこわさび」の駐車姿勢は、傾斜角度が浅く、車体が転倒しかねない状況なっている。
そんな状況を改善するべく、
 

 
といった対策を実施してきた管理人。
そして今回は、
XT660Z TENERE の標準仕様車である「ねこわさび」が装備するサイドスタンド(以下「標準仕様」)」と、
比較・検討してみる。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ 「標準仕様」サイドスタンドの取り外し
 
イメージ 1
「標準仕様」のサイドスタンド取り付け状況。
 
イメージ 2
サイドスタンドの取り付け基部はこんな状態。
サイドスタンドの取り付け基部を、二股に分かれた「サイドスタンド」で挟み、車体外側(左側)からボルトを通し、車体内側(右側)からナットで固定している。
もちろん、サイドスタンドの格納・展開は、このボルトを中心軸にして可動させて行う。
 
イメージ 11
そのボルトを車体内側から固定しているナットについてだが、管理人が取り付けた「ツラーテック エンジンガード」「ナット」の付近にあり、これが干渉して「ソケットレンチ」「メガネレンチ」が使用できない。
 
そこで、「ツラーテック エンジンガード」を取り外して、車体の下側(内側)から、「ナット」の様子を見る。
イメージ 12
サイドスタンドの格納・使用状況を検知する「サイドスタンドスイッチ」を作動させるための「ツバ」「ナット」のまわりに盛り上がっている。
この「盛り上がり」が邪魔をして、「メガネレンチ」「ソケットレンチ」「ナット」まで届かない。
 
しかも、サイドスタンドという大きな負荷がかかる「このボルトとナット」には、ネジロック剤が塗布されている。
 
これは困った。
 
イメージ 13
やむなく、アルミホイール用のホイールナットをインパクトレンチで緩めるための、「薄型ソケット」を持ち出してきたが、これでも「ナット」まで届かず、「ナット」を緩める事ができない。
 
悩んだ結果、ネジロック剤が塗布されたナットに対して、開放型のレンチ(普通のレンチ)で緩めて見る。
 
・・・ 結果、案外あっさりと普通のレンチでナットを緩めることができた。
 
これまでの苦労は?
 
■ サイドスタンドスプリングについて
サイドスタンドを保持しているスプリングについて
イメージ 14
XT660Zテネレのサイドスタンドを格納・使用の各状態で位置を保持するためのスプリングは、二重スプリングが使用されている。
基部側の様子。
 
イメージ 15
サイドスタンドの先端側の様子。
 
イメージ 16
ばらしてしまうと、全く同じ状態に復旧するのが面倒かと思ったので、適当なマスキングテープで両端付近を束ねてからスプリングを取り外す。
 
イメージ 17
で、取り外した「サイドスタンド」を基部に固定している 「ボルト」、「カラー」、「ワッシャ」、「ナット」
「カラー」には「グリス溜まりとなる溝」が彫られている。
 
イメージ 18
「サイドスタンド」を取り外した後の基部の様子。
この穴に「カラー」を通した上で、サイドスタンドを固定する。
 

■ サイドスタンド(「標準仕様」と「ABS仕様」)の比較

せっかくなので、取り外した「標準仕様」と、調達した「ABS仕様」を比較してみる。
 
イメージ 3
「標準仕様」のサイドスタンド。 固定軸の中心から、接地面の中心まで、約295ミリメートルほど。
 
イメージ 4
「ABS仕様」のサイドスタンド。 固定軸の中心から、接地面の中心まで、約250ミリメートルほど。
 
イメージ 5
直接両者を並べて比較してみた。
長さの違いが一目瞭然である。
車体側の基部に取り付ける部分と、足でサイドスタンドを引き出す際に使う「突起部分」には、違いが見られない。
突起部分から下側(画像の右側)の長さが違うだけのようだ。
 
イメージ 6
その反対側。
同じく、サイドスタンドの下側部分のみの違いの模様である。
 
イメージ 7
先ほど苦労していた「ナット」の取り付け部分に盛り上がった「サイドスタンドスイッチ」を作動させるための「ツバ」
基部の形状も全く同じように見える。
 
イメージ 8
やはりサイドスタンドの下側(サイドスタンドの先端部)が違うだけ。
 
イメージ 9
基部も同じ。
 
イメージ 10
やっぱり同じ。
 
当初の見込み通り、サイドスタンド両者の換装は可能で、その長さのみが異なっている可能性が高い。
 
 
 
 
残念ながら続いてしまう。
 
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
参考: 管理人の「ねこわさび」欧州ヤマハ純正のメインスタンドを装備しているが、他のメーカーからもXT660Zテネレ用のメインスタンドは発売されている。
 
 
送料無料
オンロード、オフロードバイクパーツならSW-MOTECH

SW-MOTECH: YAMAHA XT660 Z Tenere用センタースタンド (08-)

ブラック
販売価格:18,632円(税込)

閉じる コメント(2)

私も、転倒防止のためサイドスタンドをカットしました。ネットのスタンド加工店で綺麗に出来ました

2012/4/21(土) 午後 11:29 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

takuさんこんばんは。
やっぱり他のテネレのスタンドも長いのですね。
きっと、本来はもっと車高を上げて乗るように造られた、スパルタンなバイクなのでしょう。
(「ねこわさび」は楽々快適仕様に変更中ですが。)

サイドスタンドの加工を専門?にする店があるのは知りませんでした。
今回購入の部品価格は\15K程しましたが、プロがサイドスタンドを短く加工するといくら位かかるのでしょうか?
なお、管理人の場合は取り外した標準スタンドも「もったいない」ので、別の箇所で有効活用しようと企んでいます。

2012/4/22(日) 午後 10:18 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事