ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XT660Zテネレ「ねこわさび」のサイドスタンドを換装

ヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」は、装備しているサイドスタンドの長さが「少しばかり」長めで、その駐車姿勢は、傾斜角度が浅く「立ちが強く」、路面の傾斜状況によっては、転倒しかねない状況なっていた。
そんな状況を改善すべく、「XT660ZテネレABS仕様」用のサイドスタンド (以下「ABS仕様」)に換装する準備を進めてきた管理人。
今回は、いよいよサイドスタンドを「ABS仕様」に換装してしまう。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ 「標準状態」及び「以前の状態」を確認しておく。
管理人が運用中のXT660Zテネレ「ねこわさび」は、XT660Zテネレ標準仕様に若干の変更を加えた状態で運用されている。
・ リアサスペンションのプリロードを1段階強化し、
・ サイドスタンドの接地面には、「ツアーテック」製「サイドスタンドエクステンション」を装備している。
・ ついでに、メインスタンドの接地面には、「プアーテック」製「ねこくつした」を装備している。
 
イメージ 6
メインスタンドを使用して、車体を立てた状態。
 
イメージ 7
「標準サイドスタンド」「サイドスタンドエクステンション」(+約3mm)
 
確認のため、「サイドスタンドエクステンション」を取り外してみる。
イメージ 8
「標準サイドスタンド」 (±0mm)
 
■ サイドスタンドを換装する前に
「ABS仕様」のサイドスタンドを取り付け(標準仕様サイドスタンドと換装)する前に、事前に用意しておいた方がよい(楽な)作業を実施しておく。
イメージ 11
「ABS仕様」の接地面に、サイドスタンドエクステンションを取り付ける予定があるので、事前に黒色シートで養生しておく。
 
他には、
イメージ 9
「ABS仕様」サイドスタンド接地面を(さらに)養生するための板や、
 
イメージ 10
接地面の「上げ底」用の樹脂板等を準備しておく。
(詳細は後ほど)
 
■ 「ABS仕様」サイドスタンドの取り付け
おそらく互換性があるだろうと推測してはいたのだが、実際に取り付けてみるまでは、本当に「ABS仕様」が使用できるのか判らない。
もっとも、ここまで来たら(部品を発注したら)、もう取り付けるしかない。(・・・返品などできないので)
 
もちろん取り付けてしまう。
イメージ 13
前回取り外した、軸となるボルトが嵌まるカラー。
 
イメージ 14
潤滑のため、グリスを塗布しておいて、
 
イメージ 15
サイドスタンド取り付け基部の穴に嵌める。
 
イメージ 1
いよいよ「ABS仕様」のサイドスタンドのボルト穴を、取り付け基部の穴に合わせて取り付ける。
 
イメージ 16
前回取り外したボルトやナット、ワッシャ等は全て再利用(流用)して、「ABS仕様」を取り付けた。
 
イメージ 17
スプリングを取り付ける前に、可動状況を確認しておく。
画像は収納状態。
スイングアームやチェーン等に干渉する事は無かった。
 
イメージ 18
スタンド取り付け基部と、スタンド側の接触箇所(可動範囲を制限)も、標準仕様と特に変わった様子はない。
 
可動については問題がない模様。
イメージ 2
サイドスタンドの位置を格納・使用状態で保持するためのスプリングを工具で引っ張って、
 
イメージ 19
取り付ける。
このあたりも「標準仕様」と変わらない。
 
イメージ 3
取り付け基部を前方から見る。
 
ひとまず、サイドスタンド「ABS仕様」への換装は完了。
あとは今回の作業にあたって取り外した、ツアーテックのエンジンガード(大)を復旧しておく。
イメージ 4
取り外したツアーテック製、エンジンガード(大)。
せっかくなので、少し汚れを落としておいた。
 
イメージ 5
取り付けた。
 
■ 傾斜角の確認
サイドスタンド「ABS仕様」に換装したあと、車体の傾斜角を確認。
イメージ 12
以前の状態(上の画像)と比べるまでもなく、駐車中の傾斜角はかなり大きくなった。
このまま放置すると(これまでとは逆に)サイドスタンド側に倒れそうである。
撮影のため、車体から離れるのが心配で仕方ない。
 
このままでは、「駐車中の転倒防止」のためにサイドスタンドを「ABS仕様」に変更したのに、これが原因で「駐車中に転倒」しかねない。
 
さすがにこの状態で運用するのはマズイので、それなりに運用ができるよう、「ABS仕様」サイドスタンドの下に「上げ底」を入れていく予定である。
 
 
 
何かと記載し損ねた内容については、今後に続く予定。
 
 
 
 
 
参考ページ

 
 

 「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
 
 
 
参考:
 
送料無料

SW-MOTECH: YAMAHA XT660 Z Tenere用 クラッシュバー (08-)

販売価格:19,955円(税込)

閉じる コメント(2)

ネコ管様
ご参考までに。

小生のXT660Zは
大阪のキューズクラフトでショートスタンド加工しました。

品物は、長さや底盤の角度について指定したとおりの出来映えです。

過去に、2度加工してもらいましたが、不具合はありません。
もうちょっと、安いといいな,
ヤフーオークションのショートスタンド 加工でヒットします

2012/4/30(月) 午前 4:49 [ タクちゃん4キロ今年で13 歳☆ ] 返信する

顔アイコン

タクちゃん8キロもう直ぐ10歳 さん情報ありがとうございます。
やっぱりテネレや輸入車は、サイドスタンドの長さとか、細かなところで何かと楽しめるところが多いですね。
国産のNC700でも乗っていれば、何も気にせず使い倒せるんでしょうね。
・・・それも素晴らしいことですが。

2012/5/3(木) 午前 0:29 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事