ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 管理人、長野県方面にツーリングで出かける(2日目)
6月の29日から30日にかけて、管理人がXT660Zテネレ「ねこわさび」で出かけた「長野県・安曇野・穂高あたりへのツーリング」について。
今回は「その2」として、宿から帰宅するまでのメモ。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
地名や施設の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で
■ @宿にて
朝から温泉に浸かってのんびりしてみる管理人。
その後、朝食を済ませて出発準備を整える。
 
イメージ 13
管理人のXT660Zテネレ「ねこわさび」には問題がないのだが、「おっさんK」のセローは長年の乗りっぱなしが影響してか、何かと劣化しているので若干の整備を行う。
なかでも一番問題なのが、「クランクケースの合わせ面」からエンジンオイルが漏れる症状があり、長距離を走るとエンジンオイルがかなり減ってしまう。
帰路の事も考えると、このまま放置していてはエンジンに致命的な損傷を与えかねない。
とりあえず、早急に応急処置をせねばなるまい。
 
 
■ @大王わさび農場
安曇野の有名な観光地、「大王わさび農場」にやってきた管理人。
 
イメージ 12
「ねこわさび」@わさび農場
 
イメージ 1
わさび農場内を流れる川。
カメラのカタログに出てきそうな風景。
透き通った川の流れの中に水草が揺れる。
 
こういった風景を写せるのなら、もっと良いカメラがあっても良いかと思うな。
 
イメージ 14
わさび田の中には日除けが張られていて、
 
イメージ 34
日除けの下ではわさびが育っている。
 
イメージ 35
まだ観光客が少ない時間帯。
 
イメージ 15
例によって「わさびそふとクリーム」を摂取する管理人。
管理人としては、もっとわさびらしい刺激があった方が嬉しい。
出来るなら、クリームの中に「わさびの茎」とか「葉」とかが、刻んで入っているともっと嬉しい。
 
■ @安曇野あたり
わさび農場を後にして、安曇野周辺を走る管理人と「おっさんK」
 
イメージ 8
北アルプスの山には、まだ雪渓が残っていた。
 
・ エンジンオイルの補充 → セロー
ここで「おっさんK」のセローのエンジンオイルを補充するため、わさび農場近くのD.I.Y.店で、エンジンオイルを購入する。
店の駐車場で、セローのエンジンに購入したてのエンジンオイルを補充する。
購入したのは、1リットル缶のエンジンオイルだったのだが、このうち「かなりの量」がエンジン内に補充できてしまった。
それでも走るセロー。
 
・ 携帯電話充電用コード(USB電源から)の購入
管理人は、今回のツーリングに携帯電話の充電器を持参して来なかったので、携帯電話の電池が切れそうになっていた。
そこで近くの100円均一ショップをナビゲーションシステムで検索して行ってみる。
地理不案内な土地でも、このような検索が出来るのがナビゲーションシステムの良いところである。
もちろん、地図がないと打ち合わせ等で面倒なので、現状では地図を手放す訳には行かないが。
 
近所で見つけた、できたばかりの100円均一ショップで「USB→携帯電話」の充電コードを購入。
以前に取り付けた「シガーソケット+USB電源」から携帯電話に充電を行う。
とりあえず、携帯電話が電池切れで使用不能になる事態は回避することができた。
 
 
・・・こうやって出先で充電コードを購入するのは何度目だろうか? 今、管理人の手元には充電コードが何本も転がっている。
あまり気軽に購入できるのも、考え物ではある。(モッタイナイので)
 
今後は、これら余剰充電コードを、各車に常備しておくことにしよう。
 
■ @松本 浅間温泉 美ヶ原林道
各装備を整えた後で、再度走り出すおっさん達。
 
松本市街をうろついた後、美ヶ原林道へと向かう。
管理人としては、狭い美ヶ原林道が走りたかったわけではなく、ビーナスラインを走りたいがために、美ヶ原美術館あたりへ向かう道として通るだけである。
 
で、美ヶ原林道へと向かうが、当日は「ツールド美ヶ原」とかの自転車競技の前日とやらで、狭い林道を大量の自転車が走っていたりした。 → http://j-cycling.org/utsukushigahara/
 
イメージ 16
せっせと走る自転車の脇を通過して目的地へと向かう。
 
人の価値観はそれぞれ異なるので、どちらが良いとか偉いとか言うつもりはないが、少なくとも「より速く・遠くに移動したい」という点では、人類の進歩を感じずにはいられない管理人。
 
今のテネレの先には、どんな進歩した二輪車が待っているのだろうか?
 
イメージ 36
途中で美鈴湖湖畔で休憩。
チャリダーも多数休憩中。
 
イメージ 17
美ヶ原林道は、細くて曲がりくねった道が続く。
展望が良いわけでもなく、バイク初心者を連れて行くのはあまり薦められない。
 
ときどきオレンジ色の花(レンゲツツジ?)が咲いている。
 
イメージ 18
カメラを取り出す余裕がある場所なので、比較的走りやすい区間なのだが、それでもこんな調子。
 
 
イメージ 19
あまりぱっとしない林道。
 
イメージ 20
花はあるのだが、飽きてきた。
 
イメージ 10
美ヶ原林道を抜けて、長野県道62号線(美ヶ原公園沖線)、464号線(美ヶ原公園西内線)を走る。
前方に美ヶ原高原美術館が見えてきた。
 
■ @美ヶ原高原美術館
道の駅、美ヶ原高原美術館に到着した管理人と、苦手な狭い山道を延々と走らされて疲れたおっさんK。
イメージ 11
道の駅入口で、XT1200Zスーパーテネレとすれ違う。
 
イメージ 2
道の駅では、バイク乗りが多数。
モンスター、X-11、ジェベル、GSX-R1000、イントルーダー、ハーレー?
 
イメージ 3
CB1300SF、CB400SF、ZX12とか、
 
イメージ 4
グラディウス、ハヤブサ、R1200ST、CB1100とか。
 
全く関係ないが、
イメージ 21
道の駅のレストハウスでは、山賊焼とやらが売られていて、
 
イメージ 32
ウマイニャー!
ガブッ!
 
特に山賊焼の話は続かない。
 
 
そして、「おやき」と暖かいコーヒーを、
イメージ 22
外の熊付きのテーブルで食べてみたりする。
 
イメージ 33
で、周囲の景色を掲載しようかと思ったのだが、画像容量2MBを超えてしまったので、残念ながら省略である。
(霞んで景色がよく見えないしな。 今回は通常より画質を落として容量を節約したのだが、画像容量の2MBをだいぶ超えてしまった。よって多数の画像を削ってしまった。)
 
■ @ビーナスライン
美ヶ原高原美術館を出て、本日の目的であるビーナスラインを走る。
イメージ 9
少し高原を降りると、青空が出てきて、視界も開けてツーリング日和になってきた。
対向車線にはトライアンフのデイトナ675?
スカイウェイブ650。
 
イメージ 23
美術館の裏面。
 
イメージ 24
F800GS?
 
イメージ 25
道幅は広くて、視界も開けている。
比較的走りやすい道。
 
イメージ 26
管理人好みの道である。
 
イメージ 27
そして、どこかで見覚えがあるような道のつくり。
 
北海道の美幌峠を圧縮したような感じ。
(美幌峠なら、この画像の左側に道の駅があったりする・・・)
 
そんな峠に行ってみると、
イメージ 28
道の駅ではないが、駐車場があったりする。
ビューレスト 三峰。
ミニ美幌峠と呼ばせてもらおう。
 
少し歩くと、岩場の展望台があったりするところも似ている気がする。
イメージ 29
そして、峠からの眺めはこんな感じ。
湖や湖に浮かぶ島があったりすると素晴らしいのだが、そこまでは似ていなかった。
 
■ @諏訪あたり
管理人の目的地であったビーナスラインを走り終え、その後は同行者の希望箇所にも嫌々ながら行ってみる。
イメージ 5
管理人の興味が全く無い箇所を案内して、
 
イメージ 6
さらに興味の無いクリーチャーを遠くから眺めてみる。
どうも、くだらないテレビ番組で紹介した、くだらないモノをありがたがる風潮というものは、ワイルドでタフな管理人には理解できない(理解したくない)ものである。
ついでに、わざわざ「立て札」に書かれた謎の作法とやらを忠実に守って御参りしてしまう信心深い人にも恐怖を感じる。
もし、誰かが立て札の内容を「三回まわって、ワンと鳴く。」と書き換えたら、この人たちは間違いなく三回まわってワンと鳴くだろう。
 
更に管理人の神経を逆なでするのが、
イメージ 7
万治の石仏をモチーフにしたプラモデル&フィギュア誕生!
「プラモデル万念君」と、「フィギュア阿弥陀万里」だって。
 
これにはたまげたというか、あきれた管理人。
まさかこれを買う人はいないと思うが・・・、
「ぷらもでる万念君」は百歩譲って許そう。
 
しかし、「ふぃぎゅあ阿弥陀万理」の方は、石仏全く関係ねえ!!
 
ただの「コアラの気ぐるみを着た萌えキャラ」だろ!!
 
 
 
 
 
 
最後はただの文句!!
 
■ @帰路
さんざん文句を言った後で、帰路に着く管理人。
いつまでも遊んでいるわけにも行かない、この厳しい現実。
 
不本意ながら都合により高速道路を使って帰ることになる。
 
イメージ 30
正直なところ、バイクで恵那山トンネルを通過するのは、あまり嬉しくない。
実際にはそれほど長い時間トンネル内に居る訳でもないし、昔ほど排気ガスで空気が悪いという訳でもないのだが。
 
そして、今回は調子がイマイチなセロー225Wを引っ張っているので、XT660Zテネレの走りやすいペースで走る事ができないのも辛いところ。
 
帰宅経路が分かれるジャンクションの手前にあるパーキングエリアで解散した後、「ねこのすⅡ」まで走るのだが、
イメージ 31
あと少しで帰宅というところで、小雨が降り出した。
カウルに隠れるようにしてそのまま走る。
 
幸い、しばらく走ると雨も小降りになったので、カッパも着ることなく済んだ。
 
そして、今回出発時にも給油していった、いつもの給油所で給油してから帰る。
 
今回のツーリングでの燃料については、後でメーター表示等について考えてみよう。
 
 
とりあえず無事帰宅である。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
 
 
今回の選定理由 : 合法わさび
 
 
 
宇宙食にはわさびチューブ、通常ごはんにはわさび漬。
 
 
条件付き送料無料
10円募金
【4,980円以上で送料無料】

[長野お土産]信州 わさび漬(長野土産・国内土産)ID:14200034

商品コード:61022809
きれいな湧水で育まれたわさびを熟成酒粕に漬け込みました。
ピリッと効いた辛口で、ご飯がすすみます。

【内容量・重量】90g×2袋
【サイズ】1箱サイズ約直径15.3×高さ3.2cm
【商品に含まれるアレルギー特定原材料】小麦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当店販売価格:630円(税込)

閉じる コメント(2)

長野県は綺麗な所も多く良いツーリングでしたね。
自分も以前は良く行きました。

ツーリング羨ましいです。

2012/7/6(金) 午後 6:21 [ 白クマ ] 返信する

顔アイコン

白クマさんこんばんは。
長野県もよいところ。
一度住んでみたいところです。

基本的に自分が住んでいるところ意外はよいところで、一度は住んでみたいのですが、長野県は一歩抜け出してますかね。
もちろん他人の芝は青いんですが。

2012/7/7(土) 午前 0:48 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事