ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 走行不能

管理人が運用中のXTZ125「ねこちやづけ」
走行距離が86,000キロメートルを越えても、まだまだ現役で運用中である。
 
そんな「ねこちやづけ」も、長年の酷使によりシート表皮が劣化して、小さな穴が開いてしまっていた。
そこで前回までにシート表皮の交換を完了し、シート表皮も新しくなった記念に、ひさしぶりに深夜のツーリングにでも出かけてみようということになった。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
地名・施設等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で
■ 出発
最近は、何かと忙しかったので、夜間にバイクで出かけることは少なくなったのだが、以前は夜間にもよくバイクで出かけたものだった。
そこで、今回は久しぶりに「夜間の温泉」にでも行こうということになり、夕刻になって少し涼しくなってから、シート表皮を張り替えたばかりのXTZ125「ねこちやづけ」で出かけたのだった。
 
■ 衝撃
いつもの給油所で燃料を補給した後、2桁国道を快調に走り続けて山間部にまでやってきた。
このあたりは、最近になって新しいバイパスが開通し、非常に走りやすくて管理人が好きな道の一つである。
 
そんな山中のバイパスを走り、上り坂を越え、若干の下り坂に差し掛かったあたりで問題が発生した。
 
管理人が普段使用している速度単位で70(単位)あたりで前方の四輪車に続いて巡航中、「バキン」という破壊音が聞こえたような気がするのだが、突然XTZ125「ねこちやづけ」は、「唸り音」を発し、急減速した。
管理人は急減速で一瞬「前のめり」の姿勢になったが、幸いクラッチレバーを握ることができたので、そのまま惰性で走行を続け、車線の左側に寄ることができた。
キルスイッチを使ってエンジンを停めようかと思ったのだが、クラッチを切ってすぐにエンジンは停まってしまったので、結局キルスイッチは使っていない。
 
イメージ 1
エンジンが急停止したのは、暗い山中を走るバイパスルートを走行中であったのだが、運が悪い中では比較的運が良かったようで、後続車は居らず、後続車に追突されるような事はなかった。
また、たまたまバイパスルートのインターチェンジ内であったため、対向車線側は一般路からの合流箇所になっており、照明が設置され明るい場所になっていた。
 
イメージ 2
対向車線側が合流箇所
 
ここを通り過ぎて真っ暗な山中で停車するよりは、明るくて広い場所で停車する方が良かろうということで、照明がある合流箇所付近で停車し、通過車両が無い時に対向車線側へXTZ125「ねこちやづけ」を押して道路を横断して、照明塔の下、安全な合流路の路側帯に停まって車両の確認を行うことにした。
 
イメージ 3
とりあえず、安全な箇所に移動できた
 
■ 状況確認(車両)
とりあえず、安全は確保できたので、車両の状況確認を行うことにした管理人。
もし走行可能な状態であれば、自走して「ねこのすⅡ」まで帰るのが目標である。
 
とりあえず、エンジンが停止する前に聞こえた「唸り音」が気になったので、この発生源を探してみる。
おそらく、これが不調の原因ではあろうと思うが、とりあえず発生源は不明である。
 
ちなみに「唸り音」は、オモチャの「フリクションカー」を動かした時のような、文字にすると「ウィー」とか「ウィィン」と表現するような音。
 
とりあえず、カムチェーン周りの音かと疑い、カムチェーンテンショナーのキャップを外し、エアスクリュ調整用に持っていた細いドライバーで、カムチェーンテンショナーを緩めてみるが、ドライバーを外せばすぐにスプリングの力でカムチェーンテンショナーは戻り、カムチェーンテンショナーが機能していないという訳ではなさそうである。
ひょっとするとカムチェーンが切れて、カムチェーンのスプロケットと切れたカムチェーンが擦れあって「唸り音」が発生しているのかとも思い、シリンダーヘッドのカムスプロケットカバーを取り外してみようかと思ったのだが、車載工具と手持ちのキーホルダー程度では、カムスプロケットカバーは外す事が出来ず、カムチェーンを直接確認することはできなかった。
 
次に、キックスターターのアーム(以下「キックアーム」)を動かしてみる。
キックアームを手で動かそうとしてみるが、思ったように動かない。
が、全く動かないというわけでもない。 ・・・完全にピストンが焼きついたとかいう訳ではなさそうである。
 
キックアームは、普段なら手でも比較的簡単に動かせるのだが、今回はかなり力を入れないとキックアームは動かない。
しかも力を入れてキックアームを動かすと、またあの「唸り音」が響いてしまう。
ただ、強引にキックアームを動かしている途中に、動きが「引っ掛る」ところがあるわけでもない。
 ・・・シリンダーヘッドのバルブがピストンと衝突しているという訳でもなさそうである。
ついでに、キックアームを動かす際の手が受ける感覚で、圧縮もそれなりにしているようなので、バルブが既に破壊されている事でもなさそうである。
 
とりあえず、XTZ125「ねこちやづけ」が、「一発廃車」というような危機的状況では無さそうだということは判ったが、現地で修理できそうもなさそうである。
 
このまま強引にエンジンを始動して自走できたとしても、自走することによって車両の被害を拡大させてしまうのは間違い無さそうである。
 
■ 状況確認(現在地等)
とりあえず、「現地での修理」と「自走による帰還」を諦めた管理人。
応援を求めるため、現在地の確認を行う。
 
とりあえず、インターチェンジの名称を確認しようということで、歩いて移動してみるが、
 
イメージ 4
歩道でいける範囲には、インターチェンジ名称等は見当たらず。
合流車線を歩いてインターチェンジを降りるか、来た道を戻って案内表示を見ればインターチェンジ名くらい書いてあるのだろうが、そこまで暗いなか車道を歩いていくのは避けたいところ。
もちろん、携帯電話に照明灯機能はあるのだが、今後の連絡手段は、携帯電話に頼らねばならないので、携帯電話のバッテリーを無駄に使うのは避けなければならない。
 
 
という訳で、いろいろ考えた結果。
これまた運が良いのか悪いのか?
この日導入したばかりの新型デジタルカメラに、GPSと地図表示機能があったのだった。
 
イメージ 5
当初の予想に反して、早速役に立ってしまったデジタルカメラのGPS機能と地図表示機能。
 
 
■ 帰還
いろいろあったが、とりあえず「ねこのすⅡ」まで帰還したXTZ125「ねこちやづけ」と管理人。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
次回(明日)、エンジン内部の確認(原因)編に続いてしまう。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
普段はファッションに最適!もしもの時のナックルガード

【ハンドガード】ナックルガード ユニコType 黒 トリッカー XT250 DT125R RM-Z250等

ナックルガード
【あすつく】
対応車種は下記の様になっておりますが詳細は説明文を参考下さい。
HONDA
XR650R XR600R XR400R XR250モタード XR400モタード XR400R
XRBAJA XLR250BAJA XLR250 XR250R XLR250 BAJA XR230 XLR125R
SL230 CRF450R CRF230F CRF250R CRF250X CRF150R CRM250AR
CRM250R TLM220R TLR200 CR125R
YAMAHA
WR450F YZ450F YZ400F YZ426F TT250R レイド セロー225W セロー250
ブロンコ トリッカー TW200 TW225 YZ250F WR250F XT250X DT200WR
DT200R トリッカー ランツァ DT125R
SUZUKI
RMZ450 DR-Z400R DR-Z400S DR250S DR250R DR250SHE ジェベル250XC
250SB DF200E ジェベル200 RMX250R RMX250S TS200R TS125R
KAWASAKI
KLX250SR Dトラッカー スーパーシェルパ KDX250SR KDX220SR
KDX200SR KDX125SR
 
販売価格:1,953円(税込)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

怪我が なくて 良かったですね・・・

重症じゃないことを お祈りいたします。

2012/8/4(土) 午前 7:37 [ どかっ亭あほあほマスター ] 返信する

顔アイコン

楽しいドライブが一転しましたね。
後続がないなくてよかったですね。 削除

2012/8/4(土) 午前 7:51 [ XTZ ] 返信する

顔アイコン

どかっ亭あほあほマスター さんありがとうございます。
急減速した程度で済んだので、特に怪我等はありませんでした。
ご心配おかけしました。

2012/8/5(日) 午後 8:09 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

XTZさんこんばんは。
ありがとうございます。
後続車が居なかったのは幸運でした。
もし居たら、追突事故とまでは言わないものの、迷惑くらいかけたでしょうね。

2012/8/5(日) 午後 8:11 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事