ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XTZ125にもサイドスタンドエクステンションを取り付けてみた

で、ヤマハXTZ125「ねこちやづけ」に、自作のサイドスタンドエクステンションを取り付けようと作業を開始した管理人。
前回は、プアーテック 「サイドスタンドエクステンション for XTZ125 (ver.3.0.0)」を製作したところで、掲載画像の容量制限に引っ掛って、取り付け作業の紹介は先送りになってしまったのだが、いよいよ今回 XTZ125「ねこちやづけ」 のサイドスタンドの先端(接地面)にサイドスタンドエクステンションを取り付ける。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で
■ 錆止めのはなし
前回、プアーテック 「サイドスタンドエクステンション for XTZ125 (ver.3.0.0)」を仮付けした後、再度サイドスタンドエクステンションを取り外しておいた。
イメージ 3
サイドスタンドエクステンションの仮付け状態。
 
というのも、サイドスタンドの接地面は、アスファルトやコンクリート、インターロッキング等の地盤面と擦れて錆が発生しているので、(サイドスタンド接地面を保護する事ができる)サイドスタンドエクステンションを取り付けるなら、接地面を補修してから取り付けようと考えたためである。
 
イメージ 7
補修前のサイドスタンド接地面
 
実際には、サイドスタンドの接地面が錆びていたところで、「ねこちやづけ」の実運用には全く問題がないのだが、せっかく自作したサイドスタンドエクステンションの「接地面の錆を抑える効果」を確認するためには、一旦接地面の錆をきれいに落として、今後は接地面の傷付きが減少し、錆の発生が減少する事を確認する必要があるだろう。
 
作業としては、ワイヤーブラシ等で接地面の錆を軽く落とし、錆を防錆皮膜に変換する「変換式の防錆剤」(ホルツのサビチェンジャー等)を筆で塗布。
残った錆が黒紫色っぽくなれば、錆が防錆皮膜に変化している。
次に防錆剤に含まれた樹脂は必要ないので、ブレーキクリーナー等で固まる前に除去しておく。
その後、
 
イメージ 1
亜鉛を含んだ防錆塗料を塗布し、
 
イメージ 8
接地面以外は、適当な塗装。
 
イメージ 9
良い子はしっかりマスキングをしてから塗装をした方が良かろう。
 
イメージ 10
作業中の様子。
 
銀色の防錆塗料がほぼ乾燥したら、
イメージ 2
つや消し黒色のスプレーを塗布。
 
イメージ 11
接地面の様子。
ひとまず、サイドスタンド接地面の防錆作業は、この辺で良しとしておこう。
 
■ サイドスタンドエクステンションの取り付け
錆止め作業を満足するまで実施したら、
 
イメージ 6
取り外しておいた「サイドスタンドエクステンション for XTZ125 (ver.3.0.0)」を取り付ける。
 
なお、「サイドスタンドの接地面」を「サイドスタンドエクステンションの天板と底板」で挟み込むのだが、
イメージ 4
サイドスタンドエクステンションの天板と底板を繋ぐスクリュ(皿ネジ)には、サイドスタンドとの直接の接触を防ぐためと、接地面の厚みを稼いでサイドスタンドエクステンションの変形を防止するため、樹脂製の自作ワッシャ(いつもの「柔らかいまな板」から、ポンチで打ち抜いたもの)を挿入している。
 
イメージ 5
サイドスタンドエクステンションの内部は、こんな様子。
 
取り付けが完了して、
イメージ 12
その接地面。
上の画像では「ねじ(スクリュ)の頭」が飛び出しているが、地盤面との引っ掛りが気になるので、使用開始前にねじの頭が飛び出さないように、もう少し締め込んでおこう。
接地面には多少のキズがあるが、数回の使用程度では、表面にキズが付くくらいで実用上は問題がない。
このまま使用を続けていけば、そのうち底面が摩滅することもあるのだろが、XTZ125は車重が軽いこともあって、完全に底面が消滅するまでには、かなりの年月がかかりそうである。
 
イメージ 13
サイドスタンド使用中の様子。
 
■ その後
とりあえず、「サイドスタンドエクステンション for XTZ125 (ver.3.0.0)」を取り付けたあと、しばらく運用を続けているが、特に問題は発生していない。
 
もう少しサイドスタンドエクステンション下側の高さ(厚さ)が有っても良いようだが、それは次回に改良を行う際に何か適当なモノをサイドスタンド接地面と、サイドスタンドエクステンション底板の間に挟み込むことにしよう。
 
もし、次にXTZ125「ねこちやづけ」用のサイドスタンドエクステンションを製作する機会があれば、今回とは形状が違うタイプのものを製作してみようと考えている。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
参考 : XT1200Z スーパーテネレ用のヘプコ&ベッカー サイドスタンドエクステンション 

ヘプコ&ベッカーXT 1200 Z Super Tenere サイドスタンドエクステンション ブラック

http://www.peitzmeier.jp/pai/wunderlich/bilder/8600504_kl.jpg
サイドスタンドで駐車する場合、特に重量が極端に増える積載をしたときは車輌が約250〜350kgになり、通常のサイドスタンドエンドの接地面ではアスファルト、砂利、柔らかな地面などに沈み込む恐れがあります。設置面積を増やし不安定な駐車状況を改善します。8mm厚のアルミ合金を採用して堅強な造りになっています。
 
販売価格:4,100円(税込)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事