ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 北海道ツーリング2012で出会ったライダー達(その5)

この前まで出かけていた北海道で見かけた、バイクとバイク乗り達について少し紹介。
ちなみに他のライダーを紹介するふりをして、管理人のバイクに対する妄想を語るコーナーではない。
掲載の画像は、大半が走行中に撮影しており、不鮮明なものも多く、車種等判別できないものも多い。
もし気付いた点があった場合は御指摘戴きたい。
 
■ 9月4日 興部 〜 サロマ湖 〜 網走 〜 美幌峠 〜 女満別 〜 美幌峠 〜 摩周
朝、目が覚めたら
イメージ 1
9/4#01
道の駅 興部
ライダーハウス(列車内)に泊まっているライダー達の車両が何台か並べられている。
ビューエル ユリシーズXB12X?
ハーレーのエンジンを積んだアドベンチャー。
ハーレーのエンジンは面白いと思うのだが、鷲のマークがついた満艦飾の御神輿には、死んでも載りたくない管理人。
Buellが生き残っていたら面白い存在だったろうに・・・。 (合掌)
ヤマハセロー250 25周年アニバーサリー「リアルツリー」
管理人が最近特に気にしているセロー250だが、その中でも異色の存在、25周年記念車の「リアルツリー」
管理人としては「リアルツリー」というブランドには興味が無く、「リアルな迷彩」としての特別塗装である。
「トレールバイク + 塗装 → 長期間の通勤運用にも色褪せない」という点で「もう少しで買ってしまいそうになった」管理人なのだが、あまりに迷彩効果が高すぎて、通勤運用では「被視認性が不足するのではないか?」という点が問題となり、あと一歩というところで購入に踏み切れなかった。
実際には、ヘッドライトカウルを他の色の部品に変換する、再帰反射のカッティングシートを貼る、等の対策で対応可能なのだろうが・・・。
今でも欲しい一台ではある。
ホンダシャドウ?
ラジエタが見える?ような気がするのと、フェンダーが前輪に深く被っていることからシャドウかと思った。オーナーはツーリング先でもカバーをかける、とっても几帳面なライダーのようだ。
BMW ???
これまた几帳面なライダーの乗るBMW。
スポークホイールにダウンフェンダー、水平対向二気筒エンジンということで、BMW R80ST? R 100 R ROADSTER?かとも思ったが、前輪ブレーキがドラムブレーキだった。
という訳で車種不明。
ホンダエイプDX
やっぱり几帳面なライダーの乗るホンダエイプ。
キャストホイールなので、DX仕様だろう。
管理人は鈴鹿のスクールでエイプに乗ったことがあるが、それはそれは楽しい良いバイクだった。
運用速度域が問題ないのなら、エイプ100を通勤運用で使うのもオツなものだろう。
あとはリアキャリアが貧弱なのがネックか。
ホンダVTR250
一瞬「スズキのグース250か?」と思ったが、よく見たらホンダVTRだった。管理人はVTZ250でも楽しいと思う人なので、VTRならツボに嵌まるかもしれない。
VTRが発売された当初は「モンスターもどき」等と呼ばれたが、最近はスタンダードな250ccバイクとして定着したようである。本来ならCBR250R(単気筒)が取って代わっているはずのポジションだと思うのだが・・・
多くの日本人は、なぜ「単気筒+カウル」をそんなに嫌うのだろうか?
 
 
イメージ 13
9/4#02
国道238号線 沙留付近セイコーマート
カワサキ ZZR400?
カラーリングは変わっているが、X型のフレームが見えるので、ZZR400かと思った。
GPZ400Rが発売された時の衝撃を引継いだ感があるZZR400。当時はそこらじゅうで見かけた。
逆輸入車が一般的になりだした頃なので、一気にZZR1100やZX11に無理して乗った管理人のような初心者も多かった。
 
イメージ 14
9/4#03
国道238号線 サロマ湖付近
ドゥカティ モンスター?
もはや画像がボケて車種が判別できず。
 
 
イメージ 15
9/4#04
国道238号線 サロマ湖付近
ホンダVFR800
船長の家付近で見かけたパニアケース3点セット付きのVFR。
 
 
イメージ 16
9/4#05
網走湖畔 呼人浦キャンプ場
ホンダレブル250?
立ち寄った呼人浦キャンプ場に昼間からテントを張っているキャンパーとバイク。
並列二気筒・単眼メーター・サイドカバー等からレブルかと思ったが・・・???
 
 
イメージ 17
9/4#06
道の駅網走
ヤマハドラッグスター250?
いかにも旅の途中のドラッグスター。
「銀マット」も収納性が悪くて管理人としては扱い難いのだが、カウルが無い車両のハンドルに取り付ける「銀マット」はカウル代わりに機能するので、「銀マット」も邪魔ではないのかもしれない。
こういう点では、バイクの機能部品(カウル)を寝具として活用しているとも考えられる。
管理人の装備以上に合理的な旅の道具である可能性もある。
 
 
イメージ 18
9/4#07
美幌峠付近
スズキイントルーダー?カワサキバルカン?400?800?
霧の美幌峠からやってきたバイク。
前ウインカーが左右で水平な一直線のバーで結ばれていることから、イントルーダーかと思ったが、調べてみたらバルカンもこの部分が水平だった。
アメリカンももう少し、個性的な形状をしてもらいたい。
雨カッパを着込んでいるので、「この先は雨なのだろうな・・・。」と思いながら挨拶を交わす。
 
 
イメージ 2
9/4#08
道の駅 美幌峠
ホンダPCX
ボディマウントの大型スクリーンを取り付けたPCX。
ホンダ純正のオプションスクリーンだろうか。
管理人としては、もう少し小型のボディマウントスクリーンを標準にしてもらいたいのだが、一般的な需要を考えれば、現在の仕様が正解なのだろうとも思ってしまう。
このPCXは参考にいろいろ見せてもらった。
ホンダVFR1200F
霧の美幌峠駐車場にて、通常ミッション仕様と思われるVFR1200F。
透明カウルの裏側で、手が入らない部分に埃が溜まるので、掃除に苦労しそうなデザインのVFR1200F。(単テネレも人の事をいえないが。)
管理人の個人的な趣味としては、CBR1100XXには「これは買わねばなるまい・・・」と感じたが、VFR1200Fは、シャフトドライブやDCT等の魅力が追加されているものの、「別にこのバイクじゃなくても良いんじゃないか・・・?」と感じさせてしまう何かがある。・・・やはり外観は重要である。
イメージ 19
9/4#09
道の駅 美幌峠
旅の途中のハーレー2台。
巨大な箱を積んだハーレー。長旅の途中なのだろう。
この後、この二台を美幌の温泉で見かけた。
 
イメージ 3
9/4#10
道の駅 美幌峠
ホンダアフリカツイン750
単テネレとポジションが近いアフリカツイン。カウルの防風性はこちらの方が良いのではなかろうか。
カワサキZRX?
 
 
イメージ 4
9/4#11
女満別空港付近
トライアンフ ボンネビル?
これまた旅の途中のバイク。
下の道の駅女満別(9/4/#12)でも写っている。
 
 
イメージ 5
9/4#12
道の駅 女満別
トライアンフ ボンネビル?
先ほど写っていたボンネビル? 雨の美幌峠を越えてきたので、ここらで休憩といったところか。
ホンダXR250
画像右端を走るトレールバイク2台。
 
 
イメージ 6
9/4#13
美幌峠付近
ヤマハFZ1?
再度美幌峠に向かうが、やっぱり峠から霧雨。
すれ違ったバイクは・・・判別不能。
 
 
イメージ 7
9/4#14
道の駅 美幌峠
ハーレー???
 
 
イメージ 8
9/4#15
道の駅 美幌峠
マジェスティ250
大阪ナンバーのマジェスティ。
一度スクーターで北海道をツーリングしてみたいとも思う管理人。
現時点で、サイドケースを取り付けられるスクーターはあまりない・・・。
 
 
イメージ 9
9/4#16
屈斜路湖付近
ヤマハFZ1?
屈斜路湖・美幌峠・和琴半島・・・と言えば、ヤマハFZ1 FAZER?
(メーカーのサイトの動画から)
 
 
イメージ 10
9/4#17
美幌峠付近
ホンダVFR800?
たぶん。
 
 
イメージ 11
9/4#18
屈斜路湖付近
???ホンダホーネット250?カワサキバリウス?
車種不明。
 
イメージ 12
9/4#19
屈斜路湖付近
BMW R1200GS??
一時期の勢いはなくなったが、今でも大量に見かけるR1200GS。
横箱もこれだけ大きければ、大量の荷物が入るだろう。
それに比べて上箱が若干小さいのだが、横箱の蓋の上にも荷物を積載しているので、全体的な積載量は管理人の荷物を越えるだろう。
 


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
 
参考: FZ1にもパニアケース。これならGIVIのモノキーケースでもアダプターを取り付けて運用可能。
 
送料無料
オンロード、オフロードバイクパーツならSW-MOTECH

SW-MOTECH: YAMAHA FZ1 Fazer用 クイックロック EVO サイドケースホルダー

FZ1 Fazer対応のEVO クイックロックサイドケースホルダーです
06年から
販売価格:28,350円(税込)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事