ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 北海道ツーリング2012(その1) 1日目(8月29日) 

ねこのすⅡ 〜 新日本海フェリー 敦賀フェリーターミナル

北海道ツーリング2012について、・・・いよいよ本編である。
 
 
■ 出発
雨が降りそうな中、荷物をまとめて積載する。
 
イメージ 10
@ねこのすⅡ
出発前の様子
段ボール箱の中にフェリー内で過ごすための食料等が詰めてあるのはいつものとおり。
 
イメージ 11
高速道路でフェリー乗り場へ向かう。
東海北陸自動車道から名神高速道路に進入。
 
イメージ 12
@養老SA
雨は養老サービスエリアに到着した時点では降っていなかったのだが、この後、伊吹パーキング手前あたりで降り出した。
 
その後、北陸自動車道に入り、敦賀インターまで向かう。
幸い、敦賀インターに到着する前に雨はあがっていた。
 
イメージ 13
@敦賀 新日本海フェリー敦賀港フェリー乗り場前
日付が8月30日に変わる頃、敦賀港の新日本海フェリーのターミナルビルに到着。
管理人の場合、出発可否の確定が出発日(当日)なので、夕方以降にフェリーの空席状況確認と、予約を行いたいのだが、新日本海フェリーの場合、夕方に予約センターに電話をしても「時間外」という事で受け付けてもらえない。(自動応答でフェリー乗り場に直接電話するようにアナウンスされる)
事前にネットで空席確認をして、十分空席があることを確認してからフェリー乗り場に直接電話をかけると、当日の予約は、
「電話ではなくて、直接フェリー乗り場に来い。」
と案内される。
 
このような状況で、地元を出発してからフェリー乗り場に到着する間に、空席が埋まるとは思わないが、どうせ所定の時刻までに窓口で受付しなければキャンセルになるので、空席があるなら当日の予約にももう少し柔軟に対応してもらえれば、より使いやすいのにと思う管理人。
(当日申込で、予約が一杯で乗れないのは止むを得ないが、空席があるのでフェリー乗り場までやってきて、窓口で「たった今、空席が埋まりました」という事で追い返される無駄足は避けたい管理人。)
 
イメージ 1
とりあえず、窓口で手続を済ませて待機である。
 
イメージ 14
もうすぐ9月ということで、夏休みが終わるからなのか、かなり寂しいバイクの数。
後方に見えるのは、新造船「すずらん」
 
イメージ 15
別にバイクで稼ぐつもりはないのかもしれないが、フェリーの収容可能台数を考えるとちょっと寂しい。
関西方面のバイク乗り達は、もっとたくさん北海道へ行こう。
 
イメージ 16
乗船待ちのバイクの列、最後尾につけた「ねこわさび」
 
定刻ぎりぎりでバイクの乗船が開始された。
イメージ 3
フェリーの車両甲板へと続くスロープ。
この坂が北海道へ繋がる道になる。
たいした傾斜ではないのだが、初めてフェリーに乗るライダーや、荷物満載のバイクにとっては、厳しい坂道である。
このスロープを見ると、初めてフェリーに乗って北海道へ向かった事を思い出すライダーも多かろう。
 
イメージ 2
乗船直前の「ねこわさび」+管理人。
 
イメージ 4
船内で拘束された「ねこわさび」
 
■ フェリーすずらん
イメージ 5
今回、船内で管理人が過ごす場所は、ツーリストという等級の部屋。
かつての「2等和室」は無くなり、一番安い等級でも寝台がある。
良い場所を確保するために、乗船後に急いで場所取りをしたり、コンセントを争奪したりする「2等和室」(雑魚寝部屋)が無くなったのは寂しい限りである。
 
イメージ 6
管理人の寝台。
ちなみに、二段ベッドと言っても、同じ面の上下にベッド開口部がある訳ではない。
上段の人は、画像左の奥にある階段で、上段に登ることになる。(はしごではない)
 
イメージ 7
ひとまず、乗船が済んだら後部デッキに出てみる。
離れていく敦賀港。
 
イメージ 9
新すずらんの後部デッキはこんな感じ。
 
イメージ 8
ひとまず、おやつとビール(サッポロ)で祝杯でも上げておこう。
 
(乗船後、しばらくすると缶ビール等アルコール類の販売は終了してしまうので、冷たい缶ビールで祝杯を上げたい人は、乗船後にすかさず売店で購入しておく必要がある。)
 
 
 
 
 
いよいよ、これから北海道の旅が始まるかと思うと・・・
 
・・・とりあえず、仕事と出発準備で疲れた分の睡眠を取る方が先か。
 
 
 
 
関連記事
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
 
 
 
選定理由 : とりあえず、管理人が最初に触れる「北海道」である。
         ・・・・敦賀港内のフェリー内売店で。
 

サッポロビール クラシック 350ml 24本入

 
サッポロビール クラシック 350ml 24本入

北海道の地で生まれたサッポロビールが、北海道の皆さんに
感謝のきもちを込めてつくった北海道限定ビールです。

北海道限定。
麦芽100%のうまさと爽やかさ。

閉じる コメント(2)

すずらん・新造船になったのかぁ〜
秋田から2,3回乗ったことあるけど
東港に着くんだよねぇ・・・なんもないw

2012/9/24(月) 午前 11:10 akakage_7 返信する

akakage 7さん、こんばんは。
確かに苫小牧東港、何も無いですね。
以前の小樽港から北海道側の港が変更になって、初めて苫小牧東港に着いた時には驚きました。
それでも最近は「無料高速」道路で苫小牧市街地付近まで繋がっているので、それ程苦にはならなくなりました。

2012/9/25(火) 午後 8:36 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事