ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

2012年に、ヤマハ XT660Zテネレ「ねこわさび」で行った北海道ツーリングの記録について、今回は2日目。
フェリー内での生活から、苫小牧港上陸にかけての話。
昨晩、「ねこのすⅡ」を出発してから、駆け込んだフェリー「すずらん」の中。
前日までの激務出発準備の慌ただしい日々から、一転して船内での慌てても仕方がない、のんびりした一日を過ごしてみる。
短い休暇に少しでも長く北海道に留まるためには、途中の移動時間を短くして、できるだけ早く北海道に到着したい。
そんな状況で「ほぼ丸1日」船内で過ごすのはもったいない気もしてしまうが、普段の生活から旅での生活にスイッチを切り替える為の重要な一日だということにしておこう。
 



■ 2012年8月30日
前日の夜、新日本海フェリーの新造船、フェリーすずらんに乗船した管理人。
無事、福井県の敦賀港を出発し、祝杯をあげた後で眠りに着いた。
・・・で、翌朝目を覚ました管理人。
今年就航したばかりの新造船「すずらん」には、今回初めて乗船する管理人。
とりあえず船内を徘徊してみる。
 
イメージ 1
5階にあるカフェ。
旧すずらんの、4階案内所前の空間が5階に移動してきた。
(すずらん/すいせんの船内案内は http://www.snf.jp/ship/ship_new_suzuran.html まで)
 
イメージ 2
5階のギャラリーには、新造船すずらんの建造ポスター展
 
イメージ 3
ポッド式の推進装置とか、興味がある人には興味深いが、興味が無い人には全く訳がわからない画像が展示されている。
(たしか新日本海フェリーのサイトでも動画が公開されているはず。)
参考まで、すずらんの造船所は日本国内だった。
 
■ 浴室の話
軽く朝食を済ませた後、フェリー内の生活でも重要な部分を占める入浴に関して調査するため、浴室に行ってみる。
イメージ 4
新しくなった脱衣場。
ただの棚だった衣類入れが、コインロッカー(100円玉返却式)になった。
 
イメージ 5
脱衣場内に飲料の自動販売機も登場。
残念ながら瓶入りの牛乳は無い。
 
ちなみに、良い子は浴室の撮影などできないのだが、管理人の場合は特別に貸切(状態)で浴室を撮影できたので、参考まで紹介しておこう。
イメージ 6
浴室の様子。
奥の方にある左側のドアが露天風呂につづくドア。
右側がサウナのドアである。
 
イメージ 7
旧すずらん/すいせんよりも、浴室は広く明るくなった。
 
で、露天風呂に出てみると、
イメージ 18
露天風呂の様子。
当然、海には飛び込めないようにガラスがあるのだが、
 
イメージ 29
上方は当然ながら露天である。
 
イメージ 40
青空の下で一日露天風呂に浸かる事も可能。
 
イメージ 43
ついでにサウナに入ってみるが、当然カメラが曇る。
 
これなら風呂場で半日過ごしても問題が無い装備が揃っているといって良かろう。
今回は北海道へと向かう往路なので、それほど休養の必要はないのだが、復路ではこれら施設が重要になるに違いない。
北海道から帰還後、すぐに勤務しなければならないライダーにとって、復路フェリー内での休養は非常に重要な課題である。
新すずらんでは、以前にも増して休養のしがいがある施設が揃ったので、復路では是非活用させてもらう。
 
■ 入浴後の話 (カフェとか)
船内では、自動販売機や売店で缶ビールや缶チューハイが売られているほか、先ほど紹介したカフェには、生ビールが販売されていたりする。
イメージ 44
という訳で、昼間から風呂あがりに生ビールという、ふざけた生活を実践してみる管理人。
別にアルコールが飲みたいという訳ではなく、普段の生活とは違う生活に切り替えるための儀式みたいなものである。
(あと、できるだけ船内で寝ておきたいので、睡眠薬代わりの意味もあったりする・・・)
 
なお、カフェではソフトクリーム他も売られていて、
イメージ 45
ソフトクリームを頼むと、お姉さんがソフトクリームを巻いてくれる。
 
イメージ 46
船内で食べるソフトクリーム。
 
と、そんな事をしていると、
 
■ イベントの話 (ビンゴゲーム・ハンドベル演奏・バルーンアート)
イメージ 47
前方に猿の着ぐるみ発見。
 
どうやらビンゴ大会が始まるらしい。
船内では、これまでも午前中にビンゴ大会が開催されていたのだが、管理人はたいていの場合、寝ているか風呂に入っているか、外のデッキに出ているかで、ビンゴ大会に参加したことは無かった。
自慢じゃないが、くじ運には自信があるし。 (当たらない方に)
 
で、ビンゴ大会開催のアナウンスに釣られてカフェ前に乗客が集まってくるのだが・・・
 
イメージ 8
管理人が言うのもなんだが、おっさん達が集結してしまった。
 
本来なら、元気な良い子やちびっ子達が集合するはずだと思うのだが・・・。
 
ちなみに、この時間帯は苫小牧から敦賀へと向かう、姉妹船「すいせん」とのすれ違いがあったりする。
これまで何度も見物している事なのだが、今回は両者とも新造船になっているので、見物に向かう。
 
後部デッキに出て、海を眺めていると、
イメージ 9
やってきた新「すいせん」
 
イメージ 10
船とはいえ、すれ違いの相対速度は結構速い。
 
イメージ 11
新造船が作る波は、以前よりも小さい気がする。
 
イメージ 12
すいせんの後部デッキにも、こちらと同じように人が居る。
 
で、カフェ前に戻ってくると、
イメージ 13
先ほどよりも人(ほとんどおっさんだが)が増えて、ビンゴ大会が始まる。
相手がおっさんばかりで、司会のテンションもダダ下がりである。
 
新日本海フェリーも、北海道へ向かう女性ライダーに助成するとか、夏休みの大学生を司会に雇うとか(去年のジャグラーのような)、何らかの対策をとった方が良いのではなかろうか。
 
イメージ 14
ぞろぞろとビンゴ達成者が発生する中、例によって一列も揃わない管理人。
それでも今回はよく開いた方ではある。
 
その後は、京都のハンドベルサークルによるハンドベルの演奏があったりする。
イメージ 15
あまりハンドベルの演奏を鑑賞するような客層ではなかったのだが、それなりにイベントとしては成功したと言ってよかろう。
 
ただし、
イメージ 16
この後発生した、バルーンアートを、参加者自らが作成するイベントの方が盛り上がったのは内緒だ。
 
おっさん達は、先ほどのハンドベル演奏のメンバーに良く似た人たちが作る手本を見ながら、「キリン」を作る。
バルーンアート用の細長い風船は、思ったより扱いやすく、形が簡単に変えられる。
管理人は、初めてバルーンアートとやらを作ってみたのだが、これはこれで(失礼ながら)意外に面白かった。
 
途中、バルーンを捻って固定するような、少し風船に負荷をかけるような場面では、どこかの球場のようにロケット風船が船内を舞うこともある(風船が割れた場合でも代わりの風船はもらえる)のだが、たいていのお客は、犬のようなキリンや、謎のクリーチャーを作り上げて、それなりに喜んで持って帰ったようだ。
 
イメージ 17
ちなみに、管理人が作成した「白いキリン」
 
イメージ 19
その後は、お客の注文でバルーンを作ってプレゼント。
今回はおっさんが多かったのでキリンを自作してみたのだが、通常の場合は、こちらが本来の姿らしい。
 
あと、船内では映画の上映や、ゲームコーナーとかもある。
ひたすら時間を潰したいという人にも都合が良かろう。
 
■ 後部デッキにて
比較的、後部デッキに出る機会が多い管理人。
後部デッキでは、付近を航行する他の船や、島を眺めていたりする。
イメージ 20
航行する貨物船。
 
イメージ 21
海は広いな。
 
イメージ 22
新すずらんには、旧すずらんにあった後部デッキの「ジャグジー」はなくなっている。
管理人は一度も「ジャグジー」を使った事がなく、他の客が使うのも、1度見ただけなので、特に無くなっても困らない施設だった。
「ジャグジー」が無くなって残念だという人は、変わりに露天風呂が出来たと考えるのが良かろう。
 
■ 夕陽とか
夕方になれば、日が沈む。
イメージ 23
夕方には津軽海峡を通過し、北海道の陸地が夕陽が沈む。
 
イメージ 24
恵山付近だろうか?
 
イメージ 25
夕陽が沈む。
 
イメージ 26
その頃になると、後部デッキでは携帯電話のカメラで夕陽を撮影する人も多数。
 
動画機能を使っていない管理人は、何枚か連続で夕陽を撮影してみた。
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
ちなみに、デジタルカメラに付属したGPS機能で、現在地を表示した様子。
イメージ 33
日が沈んでも、夕焼け空はしばらく続く。
 
■ 苫小牧 上陸
イメージ 34
夜になると、航行する船の灯りと、イカ釣り船?の灯りが暗い海の上を照らす。
ついでに月もほぼ満月である。
 
苫小牧港に入港するころ、
イメージ 35
車両甲板へとライダー達が放たれる。
接岸・ハッチ開放前からエンジンをかけてしまう我慢ができない気が早いライダー達。
 
接岸が完了し、四輪車に続いてバイクの下船が始まり、
イメージ 36
管理人、今年も北の大地に立つ。
すずらんの船首をバックに記念撮影。
 
イメージ 37
今年の段ボール箱は「天然水」だ。
 
■ 苫小牧東港に上陸後
何も無い苫小牧東港に上陸後、そのまま苫小牧の市街地へ移動する。
今回は、付近を走る自動車専用道が通行不可だったので、一般道で苫小牧市街に移動。
イメージ 38
 
イメージ 39
北海道での買出しを行うため、イオン苫小牧に寄ってみた。
 
イメージ 41
そして、専門店街の二階にある本屋で0円マップを調達。
地元で調達する時間的余裕がなかったので、本場北海道での調達である。
ちなみに、今年の表紙はXT1200Zスーパーテネレ。
管理人への当てつけに違いない。
 
その後、とりあえず道の駅ウトナイ湖に移動。
GL400Cに乗ってツーリングをしている付近に住んでいる夫婦と知り合いになる。
数時間話込んだ後、宿泊するのに都合が良い場所を伝授してもらう。
イメージ 42
なつかしのGL400C。
管理人も潜伏先に移動して、この日は活動を終了である。
 
 
 
関連記事
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
 
 
 
 
 
 
 
【送料無料】 2012秋冬新作モデル!

ゴールドウィン GWS リアルライド ロング ウインタージャケット GSM12152 GOLDWIN

 
 
インナーを着込む冬場のツーリングは、より軽くてあたたかいジャケットがいい。
というライダーにはこのロングジャケットを。
表地はしなやかな軽量ポリエステル、中わたには軽量保温素材レジナス。
軽さ(薄さ)とあたたかさを同時に実現。

■素材:表地/エステルオックス+エントラントV、中わた/レジナス、裏地/起毛トリコット(裏使い)
■機能:肩、肘、背プロテクター標準装備。胸部プロテクター収納可能(別売)
■カラー:ライトグレー×オレンジ(LO)、ブラック×レッド(KR)、ブラック×ガンメタル(KG)
■サイズ:M、L、O、XO

・メーカー:ゴールドウィン
・品番:GSM 12152
・品名:リアルライド ロング
定価:29,800円(税込)
MS特価:25,950円(税込)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ダンボール箱の中身が気になったんですが、差し支えなかったら公開してください。

2012/9/25(火) 午前 4:00 [ まこ ] 返信する

顔アイコン

>>接岸・ハッチ開放前からエンジンをかけてしまう我慢ができない気が早いライダー達。

いるよねー 『排ガス、臭いょ!おまいら!少し餅つけ!』ww

2012/9/25(火) 午後 0:05 akakage_7 返信する

まこさん、こんばんは。
このダンボール箱の中には、良い子達にはとても見せられない、アレなモノが入っている…訳ではなく、基本的には船内で必要な、
・食料(お弁当・カップ麺とか)
・非常食(おやつ・おつまみ)
・船内で売っていない飲料
・衣類(船内で使用分、スリッパとかも)
・他に風呂セットとか

です。
このあたりは、旅の報告の後で、
[仮題]少年(モト少年も含む)よ!、北海道を目指せ!!…ねこのすかんりにんの行け行け北海道。
で詳しく紹介する予定。


…かも。

2012/9/25(火) 午後 8:50 ねこのすかんりにん 返信する

楽しかったフェリーの露天風呂いいですね〜おじさんたちのレクリエーション面白かったキリンは荷物に入れたのかな

2012/9/25(火) 午後 9:14 [ なお ] 返信する

顔アイコン

なおさんこんばんは。
実は先日の記事内に写真を入れておこうとしたのですが、フェリーから降りて北海道に上陸した際には、荷物の一番上にネットで「キリン」を固定していたのでした。
(あまり長期間はもちませんでしたが。)
まとめページでも作る際に画像を載せておきます。

2012/9/28(金) 午前 0:07 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

akakage 7さんこんばんは。
狭い車両甲板でエンジン排気は辛いですが、若いライダーが北海道を目前にして、我慢できずにエンジンをかけてしまうのは、遠足の前日に眠れない子のようで微笑ましいものです。
もちろん、おっさんのライダーが興奮して我慢できずにエンジンをかけてしまうのは、見苦しいだけなので避けておくべきでしょう。

2012/9/28(金) 午前 0:17 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事