ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XTZ125「ねこちやづけ」のヘッドライトの球が切れたので、とりあえず交換してみた。

つい先日、通勤運用1,000往復を達成した管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
その様子は、90,000km位の経緯 (通勤往復1,000回目)で紹介したとおり。
 
■ ヘッドライトの球が切れてみた
そんな記念すべきXTZ125「ねこちやづけ」だが、その記念の「通勤運用1,000回」を達成する直前、
あと1回「ねこのすⅡ」から勤務先まで往って、還ってくれば、「祝★通勤運用1,000往復」となる「第999回目」の通勤運用を終えた後、ヘッドライトが妙に暗いことに気づいてしまった。
 
夕方になって日が傾き、空が暗くなって周囲の四輪車がヘッドライトを点け始める状況で、自車のヘッドライトが点灯せず、後ろの車のヘッドライトに照らされて、前の車に自分の影が暗く映ってしまうようでは、自車のヘッドライトが点灯していないことに気付かないバイク乗りはそうは居ないだろうが。
 
とりあえず、ヘッドライトが点灯しない状況で、夜道を走るのは「極めて危険」である事はもちろん、他者に対しても「極めて迷惑」な事には間違いない。
 
とりあえず、左手側のスイッチをロービーム側からハイビーム側に切り替えてみると、ハイビーム側ならヘッドライトは点灯する。(もちろんハイビームの照射範囲で)
 
ひとまず、ハイビームを使って安全な場所まで移動し、他車の迷惑にならないようヘッドライトの照射角度を下向きに変更してから、ハイビームを使って「ねこのすⅡ」まで帰ろう・・・
と考えたのだが、「ねこのすⅡ」まであと僅かな距離だったことと、道端で数台の車をやり過ごして、運転席の後ろに大きな箱を積載したトラック(真後ろの視界が無いので、真後ろからハイビームで照射されても、トラックの運転者は眩しくない)の直後に入ることができたので、そのまま「ねこのすⅡ」の付近までハイビームのまま走ることができた。
 
■ ヘッドライトの球(バルブ)の確認
とりあえず、ヘッドライトが点灯しなくなった事は間違いがないので、ヘッドライトを確認せねばなるまい。
ここで考えられたのは、
・ ヘッドライトバルブのカプラやスイッチ部の接触不良により、ロービーム側のフィラメントに電力が供給されていない。
・ ヘッドライトのバルブ(球)のロービーム側フィラメントが切れている。
の二つの原因。
どちらにしても、一度ヘッドライトの球を取り外して確認する必要があるだろう。
 
イメージ 1
とりあえず、横の2箇所のスクリュ、下側の2本のスクリュを外して、メーターバイザーを取り外す。
H4バルブのコネクタ(カプラ)も取り外す。
 
イメージ 2
ヘッドライトバルブのゴムカバーを外すて、針金状の金具の留具を外すと、球(バルブ)が外せる。
 
ヘッドライトの球(バルブ)のフィラメントを確認すると、
イメージ 3
 ロービーム側のフィラメントが切れていた。
(画像の赤色で示した部分)
 
これで、球(バルブ)のフィラメントが切れた事が原因の不調だったことが、ほぼ確定である。
(他の原因により、フィラメントが切れてしまったという事も考えられなくはないが。)
 
■ とりあえず、応急処置
ひとまず、フィラメントが切れたバルブ(球)を取り付けていてもしかたないので、これを交換せねばなるまい。
XTZ125のヘッドライトの球(バルブ)は、規格が 「H4の12V35/35W」のようなのだが、そんなものを都合よく在庫しているような管理人ではない。
 
そこでジャンクパーツの中から、ヘッドライトを漁ってみると、「H4Uの12V60/55W」が発見された。
 
イメージ 4
画像右がXTZ125「ねこちやづけ」の新車時から付いていた、フィリップス製の「H4の12V35/35W」.。
画像左がジャンクパーツから発掘された「H4Uの12V60/55W」。
 
ワット数の違いは気にしないとして、鍔(つば)の形(それぞれの周囲に3箇所づつある凸部のうち、画像で右下の凸部の形が若干違う)が違うのが気になるが、他の部分はほぼ似たようなものである。
 
イメージ 5
もちろん、取り付けてみる。
画像で「鍔」の左下にあたる「凸部」と「鍔の凸部が収まる凹部」に隙間があるが、他はぴったりである。
 
イメージ 6
ヘッドライトバルブ(球)と、コネクタ(カプラ)の接続を行い、
 
イメージ 7
点灯してみた。
 
点灯してみると、以前のヘッドライトバルブを使用していたころよりもヘッドライトの照射範囲内が明るくなった気がする。
あと、エンジンの回転数が低い場合、ヘッドライトが点灯するまでに時間がある場合もある。
が、エンジンの回転数が高ければ、問題になるほど点灯が遅れる訳でもない。
 
しばらくこの状態で試用してみて、問題があれば、別の手を考えよう。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


 
 
 
 
 
 
 
参考 : リアルライドを買う予定だったのだが、急遽ストームブレーカーを買ってしまった・・・。
 
 送料無料
【送料無料】 2012秋冬新作モデル!

ゴールドウィン GWS ストームブレーカー ウインタージャケット GSM12053 GOLDWIN 

 
 派手すぎず、フツーすぎず、さりげなく自己主張できるものを。
そんなオシャレなライダーには、クラシックテイストのジャケットを。
表地はエントラント防水加工素材、中わたには軽量保温素材。
ツーリングジャケット級の優れた防水・透湿性と防寒性を発揮します。

■素材:表地/ミニナイロンオックス・エントラント、中わた/レジナス、裏地/起毛トリコット(裏使い)
■カラー:ダークブラウン(DB) 、ブロンズ(BZ)、ガンメタル(GM)、ダークオリーブ(DV)、ブラック(K)
■サイズ:S、M、L、O、XO、BL、KL
■肩・肘プロテクター標準装備、胸部、背プロテクター別売り
■防水・透湿

・メーカー:ゴールドウィン
・品番:GSM 12053
・品名:GWS ストーム ブレーカー ジャケット
定価:29,800円(税込) MS特価:23,820円(税込)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事