ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 大雪の件(2012年12月10日あたり)

先日、「ねこのす地方」では12月中としては珍しく「大雪」が降ったりしたのだが、この日は全国的に寒波が襲来し、多くの地域で大雪が降った模様である。
そんな大雪の話について
 
■ 前日まで
12月9日、「ねこのす地方」の天気予報では、朝から翌日の大雪について警戒するよう呼びかていた。
 
そんな「ねこのす地方」へ流れ込もうとする雪雲を堰き止めている山脈を、前日に確認に出かけていた管理人。
 
イメージ 3
雪雲が北西から押し寄せて、防波堤(山脈)を越えて(平野側)に溢れ出す寸前である。
 
そんな雪雲が、9日から平野に続々と溢れ出してきて・・・
 
・・・10日の朝には
 
■ 12月10日の朝
 
イメージ 4
「ねこのすⅡ」の積雪状況。
この地方の12月中としては、珍しい積雪量である。
 
イメージ 1
南側のベランダ下で、雨や雪が直接吹き付けられる事はない位置に停めてある「ねこちやづけ」なのだが、この日は雪を被った状態。
 
豪雪地帯の人にとっては大したことではないだろうが、この地域で積雪が5センチメートルを越えたら、交通は麻痺してもおかしくない。
イメージ 2
が、この日は積雪があっても、凍結までには至らなかった。
そのため、ノーマルタイヤでもスリップする車はそれほど無い。
珍しく雪の中を流れる自動車の列。
 
イメージ 5
という訳で、雪が少し残る中、雪の中の通勤に駆りだされる「ねこちやづけ」
 
寒くはなったが、まだまだ快調である。
 
今後も続いてしまう。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


 
 
 
参考 : ハンドルカバーとナックルガードの組み合わせが最強だろう。
 
セール あすつく
普段はファッションに最適!もしもの時のナックルガード

【ハンドガード】ナックルガード ユニコType 黒 トリッカー XT250 DT125R RM-Z250等

ナックルガード
【セール】【あすつく】
対応車種は下記の様になっておりますが詳細は説明文を参考下さい。
HONDA
XR650R XR600R XR400R XR250モタード XR400モタード XR400R
XRBAJA XLR250BAJA XLR250 XR250R XLR250 BAJA XR230 XLR125R
SL230 CRF450R CRF230F CRF250R CRF250X CRF150R CRM250AR
CRM250R TLM220R TLR200 CR125R
YAMAHA
WR450F YZ450F YZ400F YZ426F TT250R レイド セロー225W セロー250
ブロンコ トリッカー TW200 TW225 YZ250F WR250F XT250X DT200WR
DT200R トリッカー ランツァ DT125R
SUZUKI
RMZ450 DR-Z400R DR-Z400S DR250S DR250R DR250SHE ジェベル250XC
250SB DF200E ジェベル200 RMX250R RMX250S TS200R TS125R
KAWASAKI
KLX250SR Dトラッカー スーパーシェルパ KDX250SR KDX220SR
KDX200SR KDX125SR
定価:6,825円(税込) 販売価格:4,200円(税込)
セール価格:1,953円(税込)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

先程、太平通りで目撃しました
暫く並走させて頂きました。朝から得した気分です

2012/12/14(金) 午前 7:59 ばとらんだ〜 返信する

誤)呼びかていた

正)呼びかけていた

2012/12/14(金) 午後 0:03 ねこのすかんりにん 返信する

ぱとらんだ〜さんこんにちは。
今日は道路端の気温表示が氷点下を示す中、着ぶくれ状態で出動してみました。
やっぱり世間は狭いですね。
これからはもう少し上品な通勤を心がけます。

まだバイクで活動する方は、路面の凍結や健康管理にも気をつけて、安全運転で楽しくバイクに乗りましょう。

2012/12/14(金) 午後 0:25 ねこのすかんりにん 返信する

ねこのすかんりにんさんこんにちは。

真冬の通勤快適仕様としては、やはりハンドルカバーが最強ですか。

2012/12/14(金) 午後 3:41 [ 彷徨人 ] 返信する

手元の防寒にはヒーター付きのグリップや、ヒーター入りグローブ等の手段がありますが、管理人としてはハンドルカバーを主力装備としています。
所要時間が1時間程度、気温が氷点下数度までの通勤運用なら、通常型防寒グローブとハンドルカバーで十分対応可能としています。
電熱線等を使った装備は確かに快適ですが、よほど完成度が高くないと「使えない・使わない」装備になりがちです。(電源や、耐久性の問題で)
もちろん、極寒雪中ツーリング等ではそれらが必要になってくるとは思います。
ただし、その場合でもハンドルカバーを併用すれば、より効果的になるでしょうね。

もし管理人が「最強の手元防寒対策は?」と聞かれれば、「ハンドルカバーとヒーター類の併用」としておきます。

なお、それぞれ操作性は重要なので使用前に要確認です。
ちなみに、ハンドルカバー内に「使い捨てカイロ」を入れるという、お手軽な手段も、安価に、出先でも実施可能なので、管理人としてはお薦めです。

2012/12/14(金) 午後 6:42 ねこのすかんりにん 返信する

それから、最近発売された、新しい充電池内蔵型のヒーター入りグローブやウェア類について、
かなり理想的な防寒システムに近づいて来ていると思います。

以前、乾電池式の防寒グローブを試用した時と比べれば、格段に進歩しているようです。
(電源の性能や、使い易さの点で)
そのうち機会があればテストしてみたいと思っています。

2012/12/14(金) 午後 6:50 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事