ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ サイドスタンドエクステンションを改修してみた

前回、サイドスタンドエクステンション(Ver.1.0.0)の製作 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/31726830.html でCBR1100XXスーパーブラックバード「ねこにこばん」用のサイドスタンドを試作してみた管理人。
その結果、「とりあえず」サイドスタンドエクステンション(Ver.1.0.0)が出来上がったのだが、そのサイズが大きすぎて、完全に固定ができず、サイドスタンド接地面の周りでサイドスタンドエクステンションがグルグルと回ってしまうのだった。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ サイドスタンドエクステンションの小型化

今回は、サイドスタンドエクステンションを、サイドスタンドの接地面に完全に固定するのが目的なので、サイドスタンドエクステンションの面積を小型化せずとも、取り付けボルト周りのプラスチック製ワッシャを大型化すれば事足りるのだが、前回、調子に乗ってサイドスタンドエクステンションの底板・上板を大きくしすぎた反省から、少しだけサイドスタンドエクステンションを小さくしてみることにした。
 
前回のサイドスタンドエクステンション プアーテック 「ねこぐろーぶ」 for CBR1100XX Ver.1.0.0
イメージ 6
サイドスタンドエクステンションがグルグル回る。
CBR1100XXの車重はXTZ125などと較べれば遥かに重く、サイドスタンドにかかる荷重・圧力も遥かに大きい。
 
グルグル回るサイドスタンドエクステンションでは、そのうちサイドスタンドから外れてしまうだろう。
 
という訳で、
イメージ 9
外したサイドスタンドエクステンションの底板。
サイドスタンドを完全に固定できそうな位置にボルトを移動させるべく、ボルト穴を追加で開けて、
 
イメージ 8
底板に上板を仮固定して、底板に開けた新しい穴の位置に合わせて、上板にも穴を開ける。
 
イメージ 1
新しく開けた穴の位置に合わせて、底板・上板ともに周囲の形を整える。
 
追加で、
イメージ 10
サイドスタンド接地面の「厚さ」に合わせて、今回はサイドスタンドエクステンションの固定ボルトの周りの樹脂性ワッシャを2枚に増厚しておいた。
 
イメージ 11
取り付け前の底板の様子。
 
イメージ 12
底板の裏面(接地面)。
樹脂製なので金属製(ジュラルミン製等)ほどの耐久性は無いだろう。
が、地盤面の保護という面に関しては、樹脂製の方が好ましいだろう。
ちなみに、このサイドスタンドエクステンション自体の素材が廃棄物を再利用して作られているので、底板の補充・交換はそれほど難しくない。
 
■ 取り付け
出来上がったサイドスタンドエクステンション(Ver.1.1.0)
イメージ 2
サイドスタンド接地面に底板を取り付け、
 
上板を取り付け、セルフロックナットで固定。
取り付けが完了して
イメージ 13
サイドスタンドを格納した状態。(走行時の様子)
 
イメージ 14
取り付けが完了した状態を上から見る。
前回よりは、上板・底板ともに撓みの量が減り、より平面的になった。
 
そして肝心の固定状況は、
イメージ 15
手で握って回してみても、
 
イメージ 3
回らない。
 
とりあえず、手で回したくらいでは、サイドスタンドエクステンションが回ることはなくなった。
実際に、サイドスタンドを使用しての駐車時にも、サイドスタンドエクステンションは回ったりしないので、現状では完全に固定できているようだ。
 
今後、使用に伴って消耗し、サイドスタンドエクステンションがサイドスタンドの周りで空回りしたり、接地面がずれたりするだろうが、そのような場合は隙間にクッション材でも挟み込んで対処することにしよう。
 
■ おまけ
今回の改修だけでは申し訳ないので、今後(だいぶ先)の活動計画について
イメージ 4
CBR1100XX「ねこにこばん」は、ほとんどの時間をメインスタンド(センタースタンド)を使用した(立てた)状態で保管されている。
それでもって、保管場所の都合により、「横方向に平行移動」させる必要があるので、メインスタンドの負荷は大きい。
そんな「ねこにこばん」のメインスタンド接地面に
 
イメージ 5
こんなことをしてみようと考えてみたり考えてみなかったり。
 
 
 
 
気が向いたら続く予定。


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
参考 : 管理人がXT660Zテネレ「ねこわさび」で使用中。
使用しない場合には、ホルダーの大部分を取り外すことができる。
 
 
 
送料無料
オンロード、オフロードバイクパーツならSW-MOTECH

SW-MOTECH: HONDA CBR1100XX/Blackbird用 EVOクイックロックサイドケースホルダー

イメージ 7
こういうの↑
 
定価:33,075円(税込) 販売価格:31,500円(税込)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事