ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ メーターまわりのバルブをLED化してみた (節電対策)

以前、通勤往復1000回記念を目前にして、ヘッドライトの球が切れた事から、(備蓄してある一般的な60/55W球を活用するため)ヘッドライト球のハイワッテージ化を行ったところ、これまで暗かったヘッドライトが飛躍的に明るくなったものの、電力不足に陥った管理人のXTZ125「ねこちやづけ」
 
その解決のため、テールランプの電球をLED化し、更にメーターパネルの照明を「普通の電球」から「普通のLED」に換装してみたところ、電力不足によるヘッドライトの遠近切り換えに時間がかかる問題については、ほぼ解決したといってよい状況にまで改善していたのだった。
 
そして今回は、これまでのLED化による効果に味をしめ、手軽に換装できる他の電球もLED化してみることにした。
運が良ければ、ヘッドライトの遠近切り換えに時間がかかる点も、これまでより改善できるかもしれない。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ これまでの経緯とか

これまでのXTZ125の電球をLED化する作業に関する経緯は、
を参照のこと。
 
■ 作業前の状況
前回、メーターパネルの照明のみをLED化した状態では、
イメージ 1
こんな状態だった。
 
メーターパネルの照明に指向性が強いLEDを使用したため、LEDの正面にあたる速度表示の60〜80の間だけ他より極端に明るくなっている。
夜間はイマイチ見易いとは言えないメーター照明である。
 

■ メーター照明用LEDを、別のLEDに換装してみる(T10)

とりあえず、前回使用したLEDの指向性が強かったため、メーターの一部しか明るくなっていない問題を解決する目的で、前回とは違う形式のLEDを買い出ししてきた。
 
イメージ 11
前回のLEDのような「透明なレンズの中で、小さな発光素子が光る」タイプではなく、「透明なレンズが無い」タイプ。
 
イメージ 12
AP 2PC 3chip 1SMD LED セラミックウェッジバルブ
パッケージ裏面の説明書によると、ボディがセラミック製の為、耐熱性が高くなっているらしい。
ちなみに、出力は0.5W、照射角度は115°、光束80ルーメンである。
 
今回取り外すことになる、前回取り付けたLED
イメージ 13
 
手に持っているのが、今回取り付けるLEDである。
イメージ 14
 
ちなみに、これまでのLEDは、
イメージ 7
主な照射方向には極めて明るいのだが、主な照射方向以外には、意外と暗かったりする。
 
イメージ 15
これまでのLEDを取り外す。
ちなみに、LEDとソケットの金属接点はこんな様子。
 
新しいLEDを取り付けてみると、
イメージ 16
平面的な形状のため、照射方向にも指向性が強いのかと思ったのだが、横方向でも意外と明るかった。
 
この新しいLEDを取り付けたソケットを、メーターパネルの裏側の所定の位置に収めておく。
 

■ ハイビームとニュートラルのインジケーターの電球もLED化(T6.5型ウェッジ)

これまで使用してきた、標準装備である「普通の電球」を「普通のLED」に換装するため、こちらも適当なLEDを買い出ししてきた。
 
ちなみに、XTZ125のインジケーター類の電球は、メーターパネル照明のT10型のウェッジ球ではなく、ヤマハの独自規格であるT6.5型のウェッジ球らしい。
そんなヤマハ独自規格のT6.5型ウェッジ球は、残念ながら管理人の周囲にある「普通のD.I.Y.店」「普通の工具屋」にはまず置いていない。
よって、どうしてもT6.5型LEDウェッジ球を手に入れたければ、バイク用品専門店に行くか、通販で取り寄せる等でもしなければならない可能性が高い。
 
そんな訳で、特殊な独自規格の部品を素直に購入するのは、(価格が割高になることもあって)あまり好ましいこととは思わない管理人。
当然、他に代替手段が無いか探ってみることになる。
 
■ 走る実験台、「ねこまんま級」
たまたまこんなブログを訪れてしまった気の毒な方々は、突然「ねこまんま級」といわれても、さっぱり意味が分からないという事態が想定されるので、ここらで解説を兼ねて復習してみる。
 
管理人が運用中のXTZ125「ねこちやづけ」は、管理人の勝手なバイクの分類で「ねこまんま級」という分類になっている。
「ねこまんま級」は通勤で酷使されることに加え、「新しい用品」や「新しいケミカル類」など、「使いもの」になるのか?ならないのか? 実際に試用してみて、その効果や問題点を確認することが重要な任務になっている。
効果や問題点が「よくわからないモノ」は、とりあえず「ねこまんま級」のバイクで試用して、安全を確認してから、他のバイクで使用する。
早い話が「走る実験台」である。
(当然、「走る実験室」という高尚なモノとは一文字だけの違いだが、似て非なる完全な別モノである。)
 
■ T6.5型の代用でT5型を買ってきてしまった
という訳で言い訳が長くなってしまったが、例によっていつもの工具屋で買い出ししてきた一般的な「T5型」のLEDウェッジバルブ。
繰り返しになるが、
標準のT6.5型ではなく、その代用として一般的なT5型を試用してみよう・・・」
という作戦である。(当然、良い子は真似しないように。)
 
イメージ 17
こちらも、上記のT10型と同様、透明レンズを用いないタイプ。
 
イメージ 3
AP 2PC 3chip1SMD T5 LEDウェッジバルブ
ちなみに、出力は0.2W、照射角度は180°、光束11ルーメンである。(意外にも照射角度が広い)
 
とりあえず、外観を比較してみた。
イメージ 4
画像右がT6.5型ウェッジバルブ。
画像左がT5型LEDウェッジバルブ。
T6.5型とT5型の規格は他のページで確認してもらうとして、バルブ全体のサイズはあまり変わらない。
(厳密には口金付近も径が違うようなので、流用するなら短いパイプ等で口金付近の外径を合わせておくべきなのだろうが、今回はもちろんそのまま使用している。)
 
■ T5型LEDウェッジバルブをT6.5型ソケットに取り付けてみた
T5型LEDウェッジバルブをT6.5型ソケットに取り付けてみた。
イメージ 5
画像右がT5型LEDを取り付けた「ハイビームインジケーター」
画像左がT6.5型電球のままのニュートラルランプ。
電球がオレンジ色がかった色合いで、LEDが白色である。
LEDの主な照射方向から見ているのでLEDが有利なのだが、ほんのり明るい普通電球に対し、LEDのほうが明るいように見える。
(本来なら、直流電源で常時通電しているニュートラルランプよりも、交流電源で点灯(点滅)しているハイビームランプの方が明るさの点では不利になるはず。)
 
ちなみに、各バルブの横方向から見ると
イメージ 10
普通の電球は当然横方向も明るいが、LEDは真横方向にはそれほど明るくない。
 
今回買ってきたT5型LEDウェッジバルブは2個セットだったので、ついでにニュートラルランプもLED化してしまう。
 
イメージ 6
画像左側がニュートラルインジケーター(ニュートラルランプ)用のLED。
画像右側がハイビームインジケーター用のLED。
同じ球に交換したところ、直流電源のニュートラルインジケーターの方が、交流電源のハイビームインジケーターよりも明らかに明るくなっている。
 

■ LEDに換装した結果

今回、3個のLEDを換装した結果は、
 
イメージ 2
画像のようになった。
 
メーターパネルの照明は、これまでのように一部が極端に明るく、他の部分は暗いということは無くなり、明るさはより全体的に、平均化されている。
真っ暗な夜道でも、オドメーターはもちろん、トリップメーターを確認することができるだろう。
 
ニュートラルインジケーターは以前よりも明らかに明るくなった。
ちょっと眩しいほどである。
 
ハイビームインジケーターはちょうど良い明るさ。
バッテリーを介さず、エンジンから直接供給される交流電源による駆動なので、アイドリング以下程度までエンジン回転数が極端に落ちると、LEDが点滅していることが判るが、普通にアイドリング以上のエンジン回転数であれば、点滅は気付かない程度である。
(もちろん実用上は全く問題がない。)
 
ここで、唯一「普通の電球」のままとなった「ウインカーインジケーター」は、LEDによるすっきりとした「白色光」による照明とは異なり、色合いが「オレンジ色」がかった光で照らしているので、色合いが「いまいちぼやけた緑色」になってしまっている。
 
今回のLED化による「全体の結果」としては、 
メーターパネル照明は効果が大であり、以前よりもメーターが見やすくなった。
事前に判っていたなら、最初からこちらのLEDを使うべきだっただろう。 
ハイビームインジケーター、ニュートラルランプも色合いが新車時のようにすっきりしたのでLED化の効果があったと考えるべきだろう。
消費電力もそれぞれ約10分の1程度になるようなので、節電の意味でも効果大のはずである。
 
ただし、当初の目的であった
ヘッドライトの「ハイ・ロー切り換え時」に必要な時間
は、以前とそれほど変わらなかった。
 
周囲に照明が無く、夜間は真っ暗な堤防道路を試走して確認してみたが、ビーム切り換えスイッチの「ハイ・ロー」を操作してから、完全にビームの切り換えが完了するまで、「おそらく0.5秒程度の間」が開いてしまう。
以前の「間」と較べて、管理人が認識できるほどの変化はなかった。(実用上はまず問題ないだろうが)
 

■ おまけ

メーターまわりのバルブをLED化する際に必要な事前準備について
 
メーターバイザーの横と下にあるスクリュ4本を抜いてメーターバイザーを外し、ヘッドライトの接続(H4カプラ)を引き抜いて、
イメージ 8
画像左上に見える各インジケーターのソケット(3個)は、この状態でもソケットを引っ張れば抜けるはず。
メーターパネル用のソケットを引き抜く場合はメーターケース自体を外したほうが作業が楽だろう。
下向き赤矢印で示したナット3個(10mm)を外し、左向き赤矢印で示したメーター駆動用のケーブルを緩めて外せばメーターケースが作業し易い位置までずらすことができる。
もし、完全に他との接続を外して作業するなら、右向き赤矢印で示した位置にあるカプラを外せば、メーターケースを独立させることができる。
 
イメージ 9
メーターの照明・インジケーター類のカプラは、この画像の赤矢印で示したカプラ。
 
 
とりあえず、今回はここまで。
問題が発生したら、追記するとともに、これとは別に新しい記事を上げることにしよう。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
参考 : 今回のメーターパネル照明で使用したLEDはこちら
 
クールな光!ウェッジバルブ!

AP 2PC 3chip1SMD T10 LEDセラミックウェッジバルブ

 
 
■商品仕様:
・全長:25mm
・電源:DC12V
・出力:0.5W
・発光色:クールホワイト
・ソケット:T10
・LED仕様:3chipSMD×1
・照射角度:115°
・光束:80lm
・入組数:2個

■商品説明:
ポジション、ナンバー、ルーム球等に使用するT10型のLEDウェッジバルブです。ボディにはセラミックを使用しており、耐熱性が高く、SMD(表面実装部品)使用で非常に明るくなっております。

■注意事項:
※LEDには極性があります。不点灯の場合は、一度差し込み向きを変えてください。
ネット価格:380円(税込)

閉じる コメント(5)

顔アイコン

更新した。

2013/2/9(土) 午後 4:51 ねこのすかんりにん 返信する

更新お疲れ様です。
先程の訳の分からないコメント失礼しました。

バルブによってかなり印象が変わるようですね。明るくなり節電にもなるなら試さない手はないですね。
私も早速バルブを手配しました。田舎なもんで通販でないと手に入れられないのが悲しいですが。
あとはウインカー位ですかね。

2013/2/10(日) 午前 1:23 [ lag*o*oon*n ] 返信する

顔アイコン

lag*o*oon*n さんこんばんは。
たとえ訳がわからなくても、コメントは千客万来です。
電球をLED化する改装は、結構お手軽かつ実用的なのでお奨めかと思います。
こちらはとりあえずヘッドライト絡みで必要なところはLED化してしまったので、あとはウインカーのLED化が手軽に出来るようなら、やってみようかというところです。

2013/2/10(日) 午前 1:51 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

管理人様

早速メーターパネルのLED化が進歩してますね。

ウィンカーについてはそのままLED球を入れると懐かしのハイフラッシャー仕様になってしまい笑いが誘えます。
以前にNS125RのウィンカーをLED化した時はヤフオク部品のデジタルウィンカーリレーを入れた記憶があります。
XTZはシグナルインジケーター球が左右共用で1つなので更にリレーを入れないといけないのは解ってますが、何かと面倒くさそうです。
ポジション化まですると改装費用が更にかさみそうで悩むところです。

2013/2/10(日) 午後 4:36 [ tak*t*kkou ] 返信する

顔アイコン

tak*t*kkouさんこんばんは。
ひとまずヘッドライトのハイワッテージ化が満足の行く結果になったので、XTZ125「ねこちやづけ」のLED化は一段落といったところです。(ウィンカーインジケーターは今回と同様にT5型LEDに換装するかもしれませんが)
ウインカー本体のLED化は、勇気あるチャレンジャーが現れるのを待望している状況です。

2013/2/12(火) 午前 0:41 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事