ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ ナットが一個無くなってみた

日々、酷使されつづける管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
先日、キックペダル (呼び名は「キックスターターのアーム」、「キックレバー」、「キッククランク」とか・・・以下「キックペダル」という) の取り付けナットを紛失していることに気付いた管理人。
ここのナット一個が無くなるだけなら、それほど損害は大きくないのだが、このナットによって固定していたキックペダルまでが無くなると、(キックによる始動が出来なくことはもちろん、部品を購入するための価格もキックペダルコンプリートの価格はナット一個よりも遥かに高価そうなので、経済的にも)非常にマズイことになる。
・・・ 早急に対策を取らねばなるまい。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ナット紛失の状況

今回、紛失したのは、エンジンの右側に位置する、キックペダルをキックアクスルに固定するためのナットが一つ。
 
イメージ 1
画像中央にあるはずのナットが無い
 
上の画像でステップ(フットペグ)の付け根上方、ブレーキペダルの上にある、折り畳み式のスターターペダルの付け根にあたる部分のナットが一個無くなっている。
もう少しで、ブラジルで製造されて以来、10万キロメートルもの距離を走りきることが出来たはずなのだが、その直前で脱落(車体から)してしまうとは、まったく気の毒なナットである。
すぐに手持ちのジャンクパーツの中から、代替で使えそうなナットを探してみるが、残念ながらそんなに都合が良いナットの手持ち部品は存在しなかった。
 
やむなく、とりあえずの応急処置として
イメージ 2
適当なタイラップをアクスルのねじ山に縛り付けて、ナットの代用としておいた。
 
走行中は、右足がステップ(フットペグ)の上にあるので、キックペダルが外れて、車体から落としてしまう可能性は低いと考えている。
しかし、タイラップ1本が縛ってあるだけでも、何も無い場合よりは、キックペダル紛失の可能性が少しは減らせるものだと考えている。
 
■ ナット紛失の経緯を調べてみる
今回、ナットを紛失した「瞬間」には、全く気付いていなかった管理人。
過去の画像を引っ張りだしてきて、紛失の時期を探ってみた。
 
今月はじめに撮影した画像には、問題のナットがしっかり取り付けられているのだが・・・
 
八百津付近を徘徊した際の画像の中に、
イメージ 8
車体の右側面を写した一枚がある
 
上の画像を拡大してみると、
イメージ 9
問題のナットが存在はしているが、だいぶ弛んでいるように見える。
 
その翌々日の画像には、
イメージ 7
車体の右側を前方から捉えた画像には、
 
イメージ 10
ナットが存在していない。
 
これらの画像から判断すると、おそらく八百津を徘徊していた頃に、ナットが弛んで脱落、紛失していたのだと思われる。
 
■ 部品の発注とか
ひとまず、応急処置を実施したので、しばらくの時間的猶予は与えられたのだろうが、やっぱり早めに修理はしといた方が良かろう。
という訳で、XTZ125のパーツリストを確認すると、
イメージ 11
問題のナットは画像の11番
 
部品番号は、90179-12813である。
 
ヤマハの部品検索サイトで、在庫状況を確認すると、部品在庫が「あり」になっていたので、発注者の心掛けが良ければ、おそらく発注した翌々日くらいには店舗に到着するものだと思われる。
 
■ 修理作業とか
しばらく前に発注しておいた部品が、心掛けが悪かった管理人の元にも到着したので、早速修理を行ってみる。
 
イメージ 12
修復前の状況
 
とりあえずタイラップを外しておく。
 
今回到着した部品は、90179−12659
イメージ 13
部品番号、90179−12659。
 
発注した部品が、90179-12813だったので、下3桁の数字が異なっている。
発注した部品の同等品で、代替部品ということになる。
 
ちなみに、到着した部品は、
イメージ 3
MADE IN JAPAN
 
部品を袋から取り出して、
イメージ 6
確認してみる。
なお、部品の見た目は全く同じように見える。(以前のナットは紛失しているので、目の前で比較はできないが)
おそらく、全く同じ規格の部品で、違いは製造国が日本製か、ブラジル製か、というぐらいなのではないかと勝手に推測。
 
ちなみに、修理といっても、
イメージ 4
ナットをアクスルに取り付けて、レンチで締めるだけ。
 
ここのナットは弛み易いので、これまで何度も増し締めをしてきたのだが、今回は弛む速度が早かったのか、増し締めをする前に脱落してしまったようだ。
XTZ125には、他のバイクと同様に、このナット以外にも弛み易いボルトやスクリュ、ナットがあるので、近々このあたりを本ブログでとり上げてみようかとも思っている。
 
という訳で、
イメージ 5
ナットの取付が完了
 
ひとまず、修理完了としておいた。
 
続くかも。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
参考 : 管理人も欲しい、デジタル式のトルクレンチ。
ちなみに、ここの表示価格はセール中のもの。(この価格は期間限定・必要なら早めに買っといた方が良い)
 
セール
送料無料 あすつく

「お買得プライスフェア」 KTC デジタルトルクレンチ デジラチェ 9.5sq. GEK060-R3

KTC お買得プライスフェア GEK060-R3P

トルク管理はカンに頼らない!
デジラチェ人気No.1、GWE3-060後継機!

◆使いやすさを支える高い基本機能

ラチェット感覚で扱えるデジタルトルクレンチ
ラチェットハンドル感覚で早回し作業が可能。
かけたトルクがリアルタイムにデジタル表示で確認できるので、シビアなトルク管理が可能です。

音と光でトルクをチェック、ピークホールドでトルク確認
ピークホールド機能により正確な締め付けが出来たかどうかを目で確認出来ます。

トルク単位換算機能付で旧車や外車の整備も安心
N・mをkgf・m、lbf・in、lbf・ftの各単位に換算可能。N・mでのトルク指定がない旧車や外車の整備作業
で面倒な単位換算の計算が必要ありません。

■型式:GEK060-R3
■メーカー:KTC
■差込角:9.5sq.(3/8)
■ヘッド部幅:33mm
■ヘッド部高さ:13.5mm(差込部除く)
■全長:217mm
■トルク測定範囲:12〜60N・m
■最小表示単位:0.05N・m
■測定方向:右ねじ、左ねじ
■測定単位:N・m(切替での換算可能 kgf・m、lbf・in、lbf・ft)
■電源:コイン型リチウム電池 CR2354×1
定価:30,450円(税込) 特価:28,140円(税込)
セール価格:16,650円(税込)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事