ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ ボルトやナット、ねじ類の緩みやすいところについて

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
これまでの累計走行距離約96,000キロメートルもの運用で、ボルトやナット類が何箇所か緩んだことがあるのだが、今回はその緩んだねじ類の箇所と、管理人の場合の対策等についてまとめてみた。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ねじが緩むところ

XTZ125は空冷4サイクル単気筒エンジンを搭載したバイクで、そのエンジンから発生する振動は、単気筒エンジン特有のトコトコという「極めて味わい深いもの」だと管理人は思っている。
そして、このエンジンの特徴でもあると思うのだが、1軸式のバランサーを装備していることもあって、他の同形式のエンジンを搭載したバイクよりも、振動はかなり少ないように感じる。(例によって「管理人が知っている限りでは」)
そのため、走行していても不快な振動は極めて少なく、管理人がしつこく運用を続ける理由の一つにもなっているのだが、振動が少ないとはいえ、車体の各部に使われている「ねじ類」が緩むことも、稀ではあるが発生してしまう。
ちなみに、ねじ類が緩むのは、何もXTZ125に限ったことではなく、他の同類機種でも同様で、これから紹介する対策も、管理人が過去に空冷単気筒エンジンを搭載したXLR250等に対して実施してきた対策と全く同じ内容だったりする。
 
■ マフラーの遮熱板を留めるスクリュとか
一般公道を走るXTZ125の(純正装備)マフラーには、高温となる部分に人体等が直接触れないようにするための遮熱板(プロテクタ)が装備されている。
イメージ 1
その遮熱板は、マフラー前部(エキゾーストパイプ)に1個、マフラー後部(サイレンサー)に1個の計2個装備されていて、それぞれスクリュ2本づつでマフラーに留められている。(赤い矢印が示している部分)
 
そのスクリュが時々緩んでしまう。
たいていは、スクリュが緩み始めると、エンジンの振動で遮熱板が共振をはじめ「ビリビリ」と派手な異音が発生するようにので、さすがに「スクリュの緩み」に気付かないことはないだろう。
 
対策としては、スクリュの緩みに気付いたら、ドライバーでスクリュを締めておけばよかろう。
ちなみに、管理人の運用による経験では、ここのスクリュが緩む頻度は、それほど高くない。
 
■ キックスターターのアーム取り付け基部のナット
しばらく前に紹介したのだが、キックスターターのアーム基部をエンジン側のキック軸に取り付けているナットが緩むことが時々ある。
前回、ここのナットを見事に紛失した管理人だが、その後新しいナットを入手したので、再度取り付けたのだが、前回と同様に「ただ取り付けただけ」では、再度紛失することは明らかなので、効果があるのか不明だが、何らかの対策を追加で実施してみた。
 
ちなみに、キックスターターを装備するバイクで、(管理人のように)キックアームを多用する場合、ここのナットやボルトが緩みやすいのは、お約束だったりする。(XLR250系やCRM250系でも同じ部分のボルトが緩みがちだったので、似たような対策を実施している)
 
取り付け部分をパーツクリーナーで脱脂して、
イメージ 4
スプレー(ブレーキクリーナー)でキックシャフトまわりを脱脂して、
 
イメージ 5
適当な「ねじ止め剤」を塗布して、
 
イメージ 2
ナットを締めておいた。
 
ちなみに、今回は追加で
イメージ 6
ナットの回転(緩み)を少しでも阻害するべく、適当なタイラップをキックアーム基部とナット双方にかかるようにタイラップを締め込んでみた。
 
イメージ 7
タイラップの耐久性を考えれば、それほど長期間の効果は期待できないが、全く無いよりは効果があるに違いない。(気休めとして)
 
■ マフラー(サイレンサー)取り付け部分のボルト
管理人が過去に運用してきた、250cc級で4サイクル単気筒エンジンを装備するオンオフ・トレール・デュアルパーパス系バイクでは、どれも「お約束」のように緩んできたボルトが、マフラー(サイレンサー)の取り付け部分のボルトである。
ここの部分が振動によって緩むのは、ある程度やむを得ないのかもしれない。
 
イメージ 3
ここのボルト。
 
反対側から見ると、
イメージ 8
フレームに付いたガゼットに溶接された凹ネジに、ボルトを締めてある。
 
ある程度ボルトが緩むのが仕方が無いとはいえ、管理人の通勤運用で酷使される「ねこまんま」級のように、ひたすら走り続けなければならないバイクにとっては、気軽にマフラーが取れてしまうような事態は許されない。
 
という訳で、対策を実施するのだが、
 
マフラー(サイレンサー)の取り付けボルトを、少しだけ長いものに換装して、
イメージ 9
ボルトの先が少し飛び出しているのが判る。
 
その先に、
イメージ 10
ナットを追加で締め込んである。
 
早い話が、ガゼットに溶接された凹ねじと合わせて「ダブルナット化」してある。
 
さすがに、このような対策を取った後では、この部分が緩んだ事は(今のところ)無い。(XLR250R、XLR250BAJA、XTZ125等で)
 
なお、現在のXTZ125「ねこちやづけ」のマフラーは、チタン製のマフラーに変更されているので、画像の状況とは異なるのだが、同様の手段で「ダブルナット化」して対策を実施してある。
 
■ まとめとか
万一、バイクの各部で使われている「ねじ類」が緩んだら、日常の点検で緩みに気付いて、工具で締めこむ等の対策をとれればよいのだが、実際には緩みに気付かずにナットを紛失してから気付くという事態も発生してしまう。
 
バイクのねじ類を紛失してしまうと、面倒な部品調達や、更には部品まで紛失して無駄な修理をしなければならない。
もし、緩みやすい箇所が分かっているのなら、何らかの対策をとっておいた方が良かろう。
 
今回紹介した内容については、過去にXL250、XLR250系、XT250系、DR250系、KLR250に乗っていたライダー(の一部)にとっては、ごく当たり前のことだったので、特に難しいことはない。
 
頭の方のネジが緩んでいる場合の対策については、管理人の専門外なので、しかるべきところで診断を受けるように。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
参考 : 本来は、比較的小さな取り外し頻度の多いねじ用だったりする。
 
 
さび防止剤入り!

スリーボンド ねじゆるみ止め剤「ネジロック」(粘度)350mPa・s(TB1401-200)200g 1缶

【品名】ねじゆるみ止め剤「ネジロック」 【特徴】優れた緩み止め効果があります。取り外しが簡単です。合成樹脂が主成分です。比較的小さな取り外し頻度の多いねじに使用してください。 【用途】ねじの緩み、もれ、サビ防止剤。 【仕様】低強度タイプ(取り外し可能)。嫌気性。 【メーカー名】スリーボンド 【メーカー品番】TB1401-200 【色】透明 【粘度】350mPa・s 【材質】酢酸ビニール樹脂 【製造国】日本 【容量】200g 【質量】260g 【入数】1缶
販売価格:1,160円(税込)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

かんりにんさん、こんにちは。
可愛がってらっしゃいますね。(大事にされてますね)
いろいろ私も気になるバイクがありまして、ホンダなかなか125のフルサイズオフローダー出さないので、KLX125が気になりだしました。近所で12年モデルの新車を安く売ってるからです。
フロントカウルなどはアメリカン用やスクーター用などが付かないかと思案して楽しんでおります。KLX125がもうちょっと大きければ、シートもよくなったらしいので悩みは尽きません。うーん。
CBR125やグロスのレポート楽しみに待っております。

2013/5/5(日) 午後 1:00 [ green rider ] 返信する

顔アイコン

green riderさんこんばんは。
CBR125やグロムは楽しみです。
できればYZF-R125が国内正規販売されると良いのですが、可能性は低いでしょうね。
125cc、原付二種クラスでオフロード系バイクを狙うなら、国内で正規販売されているKLXは有力候補だと思います。
せめて前21、後18インチのラージホイール仕様車があれば良いのですが、カワサキも出しませんね。
CBR250とCBR125が存在するように、CRF250LとCRF125Lが存在したらと夢見てみますが、そう簡単には出ないでしょう。
現状で考えられる選択肢は、XTZ125とKLX125を除けば、新車で並行輸入されているヤマハWR125Rですかね。
管理人の場合、ここまでくるとヤマハWR250Rも視野に入ってしまいます。

2013/5/6(月) 午前 0:29 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事