ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 岐阜の平成 金山 和良 美並あたりの道の駅を中心に徘徊してみた

このところ、のんびりとツーリングに出かけたりしている余裕がなかなか無い管理人なのだが、本日は少しだけ岐阜の山の中をXTZ125「ねこちやづけ」で徘徊してみた。
特に何がしたかった訳でもないのだが、とりあえず走り回っただけのツーリングの記録について。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
良い子はこんな記録を参考にせず、(人として)正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 本日は、バイクがたくさん

本日は、日曜日で、好天に恵まれたこともあり、岐阜の山間部にはバイクや車が溢れていた。
本日出会ったバイクや車の中には、画像で紹介する他にも、
・ ヤマハXT660Rの青(神野付近)
・ 古いアルファロメオの集団。
・ ホンダNC700Xと、ヤマハTDM900を含む、4台くらいの団体。
・ オレンジ色のスズキVストロム(たぶん新型DL650)
等々。
寒い冬が終わって、気温も暖かくなり、夏のように酷暑でもないこの時期は、一年のうちでも最もバイクでの活動がしやすい時期なのだろう。
ついでにゴールデンウィーク等の大渋滞も無いこの日曜日は、まさにバイク乗りの春といった感じである。
 
■ 道の駅平成あたり
平成とかいて「へなり」と読む、道の駅平成
到着する直前に、青いヤマハXT660Rと擦れ違ったのだが、カメラを準備していなかったので、残念ながら撮影できず。
ちなみに、道の駅平成は、「しいたけスナック」が名物だったりする。
他にも巨大なメロンパン(たぶん要予約)や、足湯もあるので、いつも賑やかな道の駅である。
そんな道の駅に停まっていたバイク(に残してあったヘルメット)に、たまたま目がとまったので、撮影しておいた。
 
イメージ 11
RX-78だって。
 
管理人としては、「モノアイ」の方がバイク用ヘルメットとして相応しいと思うのだが、とりあえずこんなヘルメットを実際に被ってしまう勇気に拍手を送ってしまう。
(ダンボールででも適当なアンテナを作って貼り付けていたら、もっと素晴らしくなると思う・・・)
 
そんな道の駅平成から、こぶし街道(岐阜県道58号線)を通って金山方面へと向かうと、
イメージ 12
アルファロメオ印?のクラシックカーが大量に走行していた。
画像はその中の1台。
クラシック?といった状態のホンダビートでも維持に気を使うのだが、クラシックのしかも輸入車というのは、維持にどれほどの情熱が必要なのだろうか?
 
■ 金山付近
岐阜県道58号線から、国道41号線に合流する井尻あたりで、少し県道を外れて、県道を見下ろす旧道へと進んでみた。
イメージ 13
そこはほとんど使われていないと思われる荒れた道。
国道と県道に接続するあたりには、民家もあるのだが、その先は舗装も剥がれがちで廃道のような雰囲気。
 
イメージ 14
このあたりは、まだ舗装もしっかりしている。
 
イメージ 6
そんな道端のガードレールがなくなっている部分からは、
 
イメージ 1
眼下に県道が見える。
 
なぜか、見通しが良い、この箇所だけガードレールが無かったりする。
イメージ 7
ここだけガードレールを取り外したとか?
 
国道41号線から、国道256号線に乗り換え、道の駅「飛騨金山ぬく森の里温泉」(・・・名前が長い)に寄ってみると、
イメージ 15
ここでもバイクが多数居たのだが、赤のVTR1000F、青のCBR1100XX(インジェクション仕様)
 
イメージ 16
セロー250、XV1600だったかヤマハの大型OHVエンジンのバイク。
 
■ 和良あたりとか
国道256号線を西に向けて走る。
イメージ 17
天気もよく、ツーリング日和。
 
たくさんのツーリング中と思われるライダー達と擦れ違うのだが、
イメージ 2
とあるツーリング集団の中の2台。
カワサキのZX10?
CB400SF?
 
道の駅「和良」に到着。
こじんまりとした小さな道の駅。
そんな道の駅の駐車場では、
イメージ 8
ヤマハWR250Rの二台組を発見。
他にも懐かしいカワサキZXR400(燃料タンク上のエアインテイク用ホースを外してあった)も居た。
 
この後、郡上八幡に向けて山を下りていくのだが、堀越峠のあたりで、オレンジ色のスズキVストロムに出会う。
珍しいバイクだったので、ぜひ撮影したかったのだが、峠の途中で擦れ違ったので、カメラの用意が出来ず、残念ながら撮影できなかった。
 
■ 美並とか
郡上八幡から、国道156号線を南下して、美並方面に向かう。
国道156号線では、これまでの快走路とは異なり、車の列が続いていて、流れに合わせて走るしかない。
イメージ 3
そんな車列の「ねこちやづけ」の直前には、ヤマハビラーゴ250。
 
道の駅「美並」に到着すると、
イメージ 9
山並みが近く。
山の間には長良川が流れているのだが、そこではカヌーやカヤックが何やらやっていたりする。
 
イメージ 4
ひとまず休憩中のXTZ125「ねこちやづけ」
 
・・・の前方には、ピンクナンバーのバイクが。
イメージ 5
ヤマハのYZF-R125。
 
イメージ 10
今見ても新鮮なデザイン。
乗車姿勢(ポジション)的に、街乗りだけの運用だと辛いかもしれないが、素晴らしいバイクであることには間違いがない。
国内仕様をライバル車より少し高い程度で用意してくれると、管理人としては非常に嬉しいのだが、実現する可能性は低いだろうな。
最近のヤマハ車に関しては、「買うつもりでバイク屋まで行く」段階まで行っても、そこから2連敗中の管理人。
ひとまず、本日の活動は、こんなところ。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
参考 : 今回もツーリングマップルRを使用
 

昭文社/2013年度 ツーリングマップルR リングタイプ(中部 北陸)

 
●地域:中部 北陸●仕様:版型:B5変(245×194mm) リング製本、折りたたみプランニングマップ●特徴:■通常版より120%大きな文字 ■360°折り返し可能リング製本 ■雨に濡れても強い耐水紙使用 ■便利なリングポケット付●備考:ライダーのための情報を、ベテランライダーによる実走取材とモニターシステムにより、新鮮で信頼性の高い情報を提供!『ツーリングマップル』掲載のおすすめルートや旅心をくすぐるコメント情報、温泉、食べもの、抜け道、ダート状況、GPSポイント等は、サイクリング(自転車)にもドライブ(四輪車)向けにも好評です。●別冊付録:【リングポケットにW付録!】おすすめコース&スポットBOOK/プランニングマップ●ご注意:※当商品は、メーカー欠品・在庫なしの場合は、メーカー生産上、数か月かかる場合がありますので、予めご了承ください。●写真注意:※画像はイメージです。●納期:メーカー問い合わせ商品となります為、納期にお時間を頂く場合がございます。また、ご注文後のキャンセ…■文字数制限の関係で注意事項、適合条件等が途切れている可能性がございます。詳しくはお問合わせください。
ブロス価格:2,940円(税込)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事