ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ サイドスタンドエクステンションの改良

最近、マジェスティS「ねこうめ」の話題が中心になってしまい、なかなか出番が無かったヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
実際には、マジェスティS「ねこうめ」が導入される以前と比較して、若干使用頻度は下がったものの、ほぼこれまでと同様の過酷な運用が続いていたりするのだった。
そんなヤマハXTZ125「ねこちやづけ」に関して、今回は少し前に実施した改良作業の内容について思い出してみた。
本当にひさしぶりな、XTZ125「ねこちやづけ」の話題である。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 今回の「サイドスタンドエクステンションの工作」に至る経緯とか

以前に、
で製作して、
で損傷して取り外した事について報告した
「プアーテック・サイドスタンドエクステンション Ver.3.2.0 for XTZ125」
だが、
管理人のXTZ125「ねこちやづけ」は、リアサスペンションのクッションユニットをホンダFTR用に換装したことによって車高が上がっているので、サイドスタンドを使用しての駐車時に、サイドスタンド側に車体が大きく傾いてしまう。
そのため、サイドスタンドエクステンションを装備していない状態というのは、駐車時の車体安定性を考えると、あまり芳しい状態とはいえない。
そんな理由から、プアーテック・サイドスタンドエクステンション Ver.3.2.0 for XTZ125
に替わり、新たなサイドスタンドエクステンションを取り付けることにした。
 
■ 材料の準備とか
今回も、いつものように「適当な資材」を集めてきて、サイドスタンドエクステンションの製作を始めてみる。
イメージ 3
今回生贄になる資材とか
画像手前はVer.3.2.0で使用したゴム板。はっきり言って耐久性が不足していたので、今回は使用しない。
今回使用するのは、画像奥のサイドスタンドが上に載っているゴム板。
おそらく、古タイヤのゴムを再利用したような、極めて脆い(もろい)材質である。
しかも、長期間直射日光等に当たっていたので、ゴムの質としては、あまりよいものではない。
が、非常に安価で、しかも大量に出回っているので、入手は容易である。
プアーテック製品の材料としては適当だといえるだろう。
 
今回の材料の厚みは、
イメージ 4
約3センチメートルといったところか。
以前のゴム板(画像手前)と較べて、厚みが増しているのが分かる。
 
この脆いゴム板に、
イメージ 5
以前から使用しているサイドスタンドエクステンションの底板から形状を写して(油性ペン使用)
 
 
イメージ 6
電動ジグソーで切り出してみた。
 
基本的に、作業内容は以前と同じである。
 
ちなみに、今回のゴム板は、
イメージ 7
裏面側を見ると、ところどころに凸部分(リブ)があるのだが、今回は「リブ」を気にすることなく扱ってみた。
 
取り付けボルトを通すために、
イメージ 8
型に合わせて、ドリルで穴を開けて、
 
ボルトの頭を、ゴム板の中に収めるために、
イメージ 9
ドリルで座ぐりをしておく。
 
 
イメージ 10
座ぐりしてみた
 
■ 組み立てとか
切り出した材料等を並べてみる
イメージ 11
画像左から、ゴム板、底板、上板
 
他に、
イメージ 12
ステンレス製の取り付けボルトと、ナイロンナット
ちなみに、今回のステンレス製ボルトとナイロンナットは、廃棄されたステンレス製物干し台から回収された資材である。(捨てるのはモッタイナイので。)
 
これらを組み合わせて、
イメージ 13
サイドスタンド接地面の下側に位置する材料を組み合わせてみた
 
上板も仮に取り付けて、
イメージ 14
サイドスタンド接地面に取り付ける
 
上板と底板の間に、サイドスタンドエクステンションの接地面を挟み込んで、
イメージ 15
仮留め
 
他のボルトも取り付けて締めこむと、
イメージ 1
取り付け完了。
 
上から見ると、
イメージ 16
「プアーテック・サイドスタンドエクステンション Ver.3.3.0 for XTZ125」
 
■ 運用状況とか
この状態で、
イメージ 2
「走行距離10万キロメートル」の瞬間を通過していたりした。
 
ちなみに、このサイドスタンドエクステンションの有無による、駐車時の車体姿勢の違いを確認してみると、
 
イメージ 17
サイドスタンドエクステンション無し
 
イメージ 18
サイドスタンドエクステンション Ver.3.3.0 有り
 
車体の傾斜角が違うのは、一目で分かると思う。
 
■ その後
本来なら、しばらく後で別記事にするような話なのだが、面倒なのでここで結末もあげてしまう。
本品(サイドスタンドエクステンションVer.3.3.0)を取り付けた後、耐久性の確認の意味もあって、試用(通常通りの運用)を行った結果、
 
イメージ 19
1ヶ月で、この状態になるまで劣化したのだった。
 
ちなみに、考えられる(耐久性が悪い)理由としては、
イメージ 20
もともと材質が脆いという事はもちろんだが、
 
 
イメージ 21
材料に当初からモールドされていた「リブ」をそのまま残していたので、リブの凸部と凹部の境界にあたる部分に応力が集中して、そこからゴムが割れていったのが、今回の破損した大きな原因の一つなのだと思われる。
 
■ 次回予告
という訳で、次回は「リブ」を除去して、今回と同様のサイドスタンドエクステンションを作ってみる予定である。
(というか、実は既に3ヶ月間試用している。)
 
 
 
 
忘れていなければ、そのうち続く予定

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
参考 : ある程度、永く使えるものを買った方が良い気もしている。
 
 
【2013秋冬】【送料無料】

ゴールドウィン GWS Neo Euro ロング ウインタージャケット GSM12251

Euroジャケットの高い基本性能を受け継ぐコストパフォーマンスモデル。
防寒ライナー着脱、腕エアインテーク、背ベンチレーションの開閉により、季節や気温の変化にフレキシブルに対応。
真夏日以外のオールシーズンに着用できます。
かっこ良くさらに安全性に配慮した新色登場!
■保温性 ★★★★☆
※防水ライナー装着時
■防水
■透湿
■防寒
■プロテクション装備
 (標準装備/肩・肘・背、別売り/胸)
■リフレクション
・初期耐水圧:10,000mm以上
・透湿性:6,000g/m2・24h
・オールシーズン対応
・シームシーリング処理
・ライナー防水仕様
・ネックウォーマー対応衿アジャストシステム
・背反射ロゴマーク
・袖口アジャスター
・腕エアインテーク
・袖幅調整タブ
・背ベンチレーション
・胸部大容量縦型ポケット
・防水型胸ポケット
・内ポケット
・ウエストアジャスター
□サイズ:M、L、O、XO、BM
□カラー:ブラック×フラッシュ、ブラック×ガンメタル、ブラック×レッド、ライトグレー×オレンジ
□メーカー:GOLDWIN
□品番:GSM 12251
□品名:GWS ネオユーロ ロング ジャケット 冬用 防寒 
メーカー希望小売価格:52,000円(税込) 通常販売価格:38,980円(税込)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

お久しぶりです。あけましておめでとうございます。
コーンの重しは動いたり擦れたりは二の次なので、硬くてもろいゴム質なのでしょうかね。私もサイドスタンドに下駄を履かせようと、良い材料が無いか考えているところです。
擦れへの耐久性ということで、古タイヤでも切り抜いてみますかね。 削除

2014/1/7(火) 午前 0:57 [ まるはし屋 ] 返信する

顔アイコン

まるはし屋さん、おひさしぶりです。
あけましておめでとうございます。
コーンウェイトは本来用途では材質に対する要求が低いようなので、粗悪な材質を使っているのが多いようです。
しかも、最初に使用したのは、長期間使用されて劣化したウェイトだったので尚更です。
次回のウェイトは、多少材質が良さそうなウェイトを使用したので、多少は長持ちしているようです。
本来なら、トラックの「アオリ」を受け止める「アオリ留め」でも使用すれば、耐久性も強度も、こちらの要求を満たすのでしょうが、現在まで適当な製品を探している状態です。

2014/1/7(火) 午後 9:20 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事