ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ スパークプラグを「一般プラグ」から「イリジウムプラグ」に交換

導入以来せっせと酷使を続け、しばらく前に累計走行距離が10万キロメートルを通過した管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
これまで、管理人が通勤で酷使するバイク、「ねこまんま級」の一台として、一番安価な「普通のスパークプラグ」だけを使用し続けてきたのだが、「10万キロメートル記念」の一環として、今回初めて「イリジウムプラグ」を使用してみることにした。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ イリジウムプラグ「NGKイリジウムIX」

今回初めてXTZ125「ねこちやづけ」で使用する「イリジウムプラグ」は、NGKの「NGKイリジウムIX」という製品。
を確認してもらうとして、特徴は、
「イリジウムIXプラグは、一般プラグに比べ燃焼の広がりが速く、また絶縁体先端部にサーモエッジを設けて、プラグ汚損を改良した高性能プラグです。」
となっている。
 
中でも「プラグ汚損を改良した」という点で、プラグの寿命(=使用可能期間)が長いと考えられるので、(プラグ交換作業が面倒な)4気筒エンジンを搭載したバイク等では、スパークプラグを交換する機会があれば、積極的に「イリジウムプラグ」を使用するようにしている。
 
逆に言うと、
「万一スパークプラグが被ったとしても、交換作業が容易で、しかも常に「全開」に近い状態で走っているので、プラグが被る可能性も小さいと考えられる、XTZ125「ねこちやづけ」のスパークプラグには、「普通のスパークプラグ」で十分と考えていた。」
とも言える。
 
 
そんな訳で、今回XTZ125「ねこちやづけ」「イリジウムプラグ」を導入することで、期待していることは、交換の手間を軽減することではなく、
「この寒い(気温0℃から氷点下程度)時期には、エンジンを始動してからエンジン回転が安定するまで、しばらく(数秒〜数十秒)の間、エンジンが全く吹けない(ただアイドリングで回っているだけの)状態になってしまうのだが、それがイリジウムプラグの強力な点火火花で、少しは改善するのでは?」
という甘い期待もあったりするのだった。
 
■ スパークプラグの交換
前置きが長くなってしまったが、交換作業自体は簡単。
 
スパークプラグ(イリジウムプラグ)を買ってきて、
イメージ 1
NGKイリジウムプラグIX CR7HIX
 
プラグレンチを使用して、
イメージ 2
普通のスパークプラグを外し
 
新旧スパークプラグを較べてみた。
イメージ 3
左 CR7HIX  右 CR7HSA
CR7HIXの中心電極の細さが目立つ。
 
新しいスパークプラグを取り付けるのだが、
イメージ 4
当然、最初は手で締めていく。
 
ここで、いきなり工具(レンチ)でプラグをねじ込む人も(たまに)みかけるが、最初は指でねじ込んで、スムーズにねじ込めるか確認して、指で締め込めるだけ締め込んでからレンチを使用する方がよかろう。
 
 
■ 交換した結果
ひとまず、スパークプラグを交換してから、寒い朝にエンジンを始動する等の機会があったのだが、
 
エンジン始動直後のエンジン回転が安定するまでの時間は・・・
 
・・・あまり(以前と)変わらない気がする。
<2月8日追記>
氷点下でも、エンジン回転が安定するまでの時間は、 以前よりも短くなっていた。
 
 
もう少し使用を続けて、以前との違いを確認してみるつもり。
 
 
 
 
後で追記予定。

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
参考 : 今回使用のCR7HIX
 
 

NGK イリジウムIXプラグ CR7HIX

※新品商品です。ネジ径(mm)10ネジ長(mm)12.7六角対辺 (mm)16ターミナル形状 ネジ型
通常販売価格:924円(税込)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

イリジウムプラグって、交換前後で違いが判らない人、結構いますよね。
私の周囲でも判らない人がいますし、よく出入りしてるサイトでもよく判らないって方、結構いました。
私的には、車(MPV)でもバイクでも良くなる方向で体感できたんですけどね。

ちなみに根性曲がりな私は、デンソーを使ってます。
NGKの性能が良いのは解るんで、周りが使っていないデンソーで勝負(?)してみました。

2014/2/3(月) 午後 9:55 [ シロクマ ] 返信する

顔アイコン

管理人さんこんばんは!
私もイリジウムプラグに交換してます。
しかし使用条件によるかもしれませんが、普通のプラグとの違いが感じられませんでした。
私が鈍いだけなのかもしれませんが…(^_^;) 削除

2014/2/3(月) 午後 11:42 [ To ] 返信する

顔アイコン

管理人さん、こんばんわ。
かつて貧乏人の友、SX125に乗っていた時にイリジウムプラグに変えたら最高速度が85km→90kmに上がったような気がしました。トルクが厚くなった訳ではなくエンジンの吹けが気持ち、良くなった感じ。因みにガソリンもハイオクにしたら最高速度は更に2〜3kmUPし、燃費も若干良くなったように感じましたよ。(ただし、レギュラーとの価格差を補う程ではない) 削除

2014/2/4(火) 午前 1:14 [ RhythmRider ] 返信する

顔アイコン

シロクマさん、管理人もCBR1100XX等ではデンソーとNGKと両方使用してきました。
最近はバイク用品店以外、一般D.I.Y.店でNGKのイリジウムを扱っている関係で、NGKを使う機会が増えましたが・・・。
管理人の経験では、普通のプラグでも快調に点火ができている調子が良いエンジンなら、イリジウムプラグを入れてもあまり変化が無いと思っています。
逆にイリジウムプラグを入れたら劇的に調子が良くなるというのは、それまでのプラグ側かエンジン側になんらかの不調があった可能性が高いと思っています。
ただ、普通のプラグでは調子がよくても酷寒の朝とかは点火が上手くいっていないようなので、これがイリジウムに換えて劇的によくなるかと思ったのですが・・・。ここ数日、氷点下の朝が無かったので確認できなかったのですが、明日は気温が氷点下になりそうなので、たぶん効果を確認できると思っています。

2014/2/5(水) 午前 0:30 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

Toさん。
管理人としては、調子が良い火花を飛ばしている普通のプラグを、イリジウムプラグに交換しても、「ほとんど変わらない」と思っています。
なので、交換前後で変化に気づかないということは、もともとの調子が良いエンジンだった可能性もあると思います。
もちろん、感覚の鋭い鈍いという違いはあるかと思いますが、そのあたりは(通常は)客観的に比較できないので、自分も体感してみなければなんともいえないですね。
あと、寿命というか、汚れに対する耐久性というものはイリジウムプラグの方が有るようなので、プラグ交換が面倒な機種は、乗り味の変化に関わらず、イリジウム系を入れるようにしています。

2014/2/5(水) 午前 0:36 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

RhythmRiderさん、イリジウムプラグに換えて変化が確認できるというのは、恵まれた条件だった可能性があると思います。
SX125のような歴史ある機種だと、調子が悪くなっていた可能性もあるので、イリジウムの効果が出やすいと想像できます。
あと、管理人のようにスパークプラグをしつこく何万キロも酷使し続けるような場合、イリジウムプラグに交換すると調子がよくなるのはもちろんですが、普通のプラグに交換しても調子がよくなってしまうのですよ。単に古いスパークプラグが劣化するまで使い続けていたというだけですが。
あと、これだけ調子がよくなっても、プラグの価格差を埋めるだけの差が出ないというのが現実ですね。
よほど調子が悪い機種なら、使う価値も大きいですが、プラグ交換が容易な機種なら、やすい普通のプラグを定期的に交換するのが一番かとも思ってしまいます。

2014/2/5(水) 午前 0:42 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事