ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XTZ125の後タイヤに異物が刺さってみた

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
通勤運用から帰り、たまたまタイヤを確認してみたら、後タイヤの表面に異物を発見した。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で
■ 後タイヤに異物が刺さる
今回の釘以外にも、最近後輪に異物が刺さる事が頻発していたりする。
 
 
イメージ 1
小さな鉄片とか
 
イメージ 5
ガラス片とかは、
 
イメージ 6
小さなマイナスドライバー等で除いておこう。
 
今回の場合、タイヤ内側にあるチューブに達するような大きさの異物ではなかったので、これらに関してはパンクの恐れはなし。
 
■ 今回は釘を踏み抜いてみた
異物の「踏み抜き」によるタイヤのパンクといえば、なぜか道路上に在る「釘」によるものが多いのだが、
管理人のXTZ125「ねこちやづけ」のタイヤを確認してみると、
イメージ 2
ひさしぶりに釘が刺さっていた。
 
ちなみに、釘が刺さっているのを発見した際には、通勤運用で走行した直後だったので、釘の鉄と路面とが接触して磨り減り、釘の表面は金属光沢があって光を反射していたのだが、上の画像は発見から数日間放置した後だったので、すっかり釘が錆びてしまっている。
 
参考まで、
(主にチューブレスタイヤの場合)タイヤに釘が刺さっているのを発見したら、慌てて(刺さっている)釘を抜くと、そこから一気に空気が抜けてしまうことも考えられるので、(タイヤ内に十分な空気残圧があって、今後も一気に空気が抜けるおそれが少ない場合であれば)修理が可能な状況になるまで、釘を抜かない方が被害を軽減できる場合が多い。
 
チューブタイヤの場合、チューブにまで釘が達していそうもない場合には、釘を抜いてしまった方が(釘が他の部分にキズをつけて被害を拡大させる可能性を減らす意味で)良いはず。
釘が刺さっていて、釘がチューブにまで達しているか判断ができず、空気圧が残っていて、走行可能である場合には、修理が可能な状況になるまで、釘を抜かずに走行するという事も考えねばならないだろう。
(もちろん、すっかり空気が抜けきるなど、刺さったままの釘がホイールやチューブ、タイヤ等を傷つけてしまいそうな場合には、早めに釘を抜いた方が良かろう。)
 
という訳で、
今回刺さっていた釘は、刺さった角度が浅いので、チューブにまで達していないと思われたので、
 
イメージ 3
ラジオペンチで釘を抜いてしまう。
 
 
イメージ 4
抜いた後
 
今回、釘を抜いてみたが、その部分からの空気の漏れはなく、パンクも発生していない。
 
 
ひとまず、釘の除去は成功。
パンクにはならずに済んだ模様である。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事